deraT

三重マル秘裏風俗ガイド!!大歓楽街名古屋の影に隠れてじつは三重にも知る人ぞ知る本サロ街があった♥【桑名〜四日市 本サロ昭和哀歌】

東海地区最大都市である名古屋の夜の賑わいに関しては、かなり知れ渡っているであろう。だが、隣の三重にもオトコの欲望を叶える街があることをご存知だろうか?

果たして桑名流は絶滅寸前か?

 桑名で当たりをつけた店の簡素な看板前には客引きがいた。しかし、目の前を記者が通っても、目を合わせても、気まずそうに視線をそらす。客引きが客を引かないケースはまれだが、古本屋の主人みたいな風情のオヤジにこちらから話しかける。

「ここはどんな店?」
「ピンサロ、ヌキの店」
「ヌキってどんな?」

 畳みかけるように本番はあるのか、という直球な質問に対して、それ目的なのかという表情で「あるよ」と柔和な表情をうかべた。まるでお探しの古書はこちらです、みたいに。

三重県内では伊勢に次ぐ観光客数を誇る桑名も、夜の盛り場はほとんどゴーストタウン

 店内は2列5段のボックスシート仕様になっており、先のオヤジに導かれて奥の席へ向かう途中でスマホをいじくる2名の嬢を確認。もちろん他に客はいない。

「Mさん〇番テーブルご案内!」

 もちろんさっきの古本屋のアナウンスである。担当の金髪細身の嬢は年齢30代後半といった感じか。早速、ウェットティッシュで拭いてフェラで勃たせるとゴムを被せて本番へ。胸に手をやるとしな垂れた乳房は全く弾力がない。

 暗闇で下半身までは確認できないが、リアルな妊娠線が容易に想像できる。もしそんな妄想が現実化したら、せっかくの勃起が潮を引くように静まってしまうだろう。

 集中して腰を振る記者。しかし、出産経験あり疑惑の嬢のユルマンに発射は苦戦。結果的にはなぜか本サロで全裸になり、全身リップでの手コキ発射となってしまった。男をイカせるそのプロ根性に聞いてみると、既に5年この店におり、最後は本番サービスとリップサービスで半々だそう。帰り際、オヤジに聞くと桑名に本番店は2軒あるとのことだった。

桑名名物は伊勢湾でとれた蛤が有名。至る所の飲食店で『やきはま』の表示が。また、四日市B級グルメと言えばトンテキ。豚ロース厚切り肉を甘辛タレでからめてある

 

次ページへつづく↓