滝井新地☆ちょんの間 30分/1万4千円、天王寺☆多国籍立ちんぼ 30分/1万円…大阪のウラディープ風俗散歩!!

★シェアお願いします


 大阪には5つもちょんの間があるなど、本番スポットが数多い。それなのにソープがないのはとても不思議だ。本サロも同様で、小規模な本サロスポットがあるのみだ。ちょんの間でお相手してくれるのコは日本人のみ。客も日本人に限られ外国人は遊べないのが暗黙の掟となっている。

滝井新地☆ちょんの間 30分/1万4千円

◯素朴なコが多いと評判の穴場エリア

 大阪市と守口市とのちょうど境目、ぎりぎり大阪市内に位置する千林駅前はスーパーのダイエー創業の地として知られている。今でも商店街は人が多く賑わっており、近年では寂れ行く商店街が多い中、とても珍しい。

 その千林から歩いて3分ほどの場所に、民家に囲まれた稀有なちょんの間がある。「飛田新地」みたいな看板があるワケでもない。だから、最寄の滝井駅までは来られても、そこからが辿り着けないケースがとても多い。

夕方から午前0時まで営業だが、客が少ないと早々と閉店する店もある

 そんな時は、周辺に立つポン引きに聞けば気安く教えてくれるハズだ。  滝井新地へ足を踏み入れると、一斉にやり手ババアの目が鋭く光る。

「ちょっと(店に)入って、女のコを見て行ってや~」店に入ると熟女が2人いる。間髪入れずやり手ババアが誘う。「優しいお姉さんやでぇ」「どっちのコが人気あるの?」小声で尋ねたら「右側のコや」と言われ、そのコを指名した。

 お相手してくれた熟女は30歳のみゆきさん。物静かな感じだったのにプレイに入ると「はぁん」と吐息を漏らしながら、キスからフェラへとネットリと責めてきた。

客は地元のツウばかり。観光地化した飛田と違って古き良き時代の雰囲気が今も残る

 そして騎乗位でまぐわうと、上下にピストンを繰り返す腰使いと「アカンっ、イッてまうわ」の大阪弁の喘ぎ声に、辛抱たまらず男汁を放出した。

次ページへつづく↓