deraT

「息子のオチンチンが気になって仕方ないんです」「息子の代わりに私の欲望を鎮めてもらえないでしょうか」【母親失格】美し過ぎる四十路の母が懺悔手記…

美奈子さん(42歳)神奈川県在住。6年前に夫と離婚し、20歳になる息子を女手ひとつで育てるシングルマザー。外に男っ気はないが、実の息子によからぬ感情を抱いてしまっているそうで……!?

実の息子に欲情しているというシングルマザーが本誌に禁断の関係を告白。

ご本人によるイメージ写真と手記で、近●相姦が生々しく再現される!!

母親が語る…息子との関係

イケないことだとは分かっているんです。でも、息子が可愛くてしかたなくて……

記者の前でそう語るのは、四十路にしてファッションモデルのようなスレンダーボディを維持した美人、奈美子さん(42歳)。21歳のときに結婚し、翌年に息子を出産。幸せな家庭生活を送っていたが6年前に夫と離婚し、今は20歳になる息子とマンション暮らしをしているという奈美子さん。

彼女が言う〝イケないこと〟とは……そう、タイトルに〝母親失格〟とある通り、実の息子との禁断の関係。今回はその一部始終を、彼女の告白手記という形でお届けしようと思うのだが……果たして、母子が陥ってしまった禁断の関係の結末は?

息子の部屋からアエギ声が…

私が夫と正式に離婚したのは6年前。息子の祐太が14歳、中学2年生のときでした。その1年前から夫は外に女を作っていて、家に帰ってこないようになっていたんです。

ママ、パパと離婚するの?

そうねぇ。でも、ママは祐太がいてくれるから大丈夫。だから、高校受験頑張ってね。ママも働くし、パパが養育費を払ってくれるから学費も心配ないわ

ありがとう。高校卒業したら、ママが楽になるように僕も働くよ

息子の祐太は、母親思いの本当にいい子。大げさではなく、この子さえいれば私は生きていける……そう思っていたんです。

ところが祐太が19歳になったある日の夜、私の息子を見る目が変わってしまう出来事が起こりました。

ただいま……

小さな会社で事務仕事を始めていた私。その日は残業をさせられ、くたくたになって帰宅したのは夜の9時でした。すると……。

ああン……ああぁ

祐太の部屋から、微かに女のアエギ声のようなものが漏れ聞こえてきたんです。

え……祐太の部屋に女の子が?

私は細心の注意を払い、そっと祐太の部屋の扉を開け、中を覗き見ました。するとそこにあったのは……ズボンを下ろし、パソコンの画面を見ながらオチ●チンを触っている祐太の姿でした。

祐太がオナニーしてる……よかった、女じゃなくて

なぜかホッとしてしまった私。そして私はそっと扉を締めて玄関に戻り、今度は大きな声で、

祐太ぁ、ただいまぁ

そう言って、祐太が部屋から出てくるのを待ちました。

あ、ママ、お帰り。残業お疲れさまでした

いつもの明るい祐太でした。でも、オナニーしている最中に私が帰宅し、少し焦ってたのでしょう。顔が赤い感じで……私はそんな祐太をますます可愛いと思ったんです。

次ページに続く》