深夜2時のファミレスで繰り広げられるギャルとの値段交渉…。もはや池袋の新名物?!『ファミレス援交』の知られざる実態とは?【怪しい裏SEX現場を潜入調査!!】

★シェアお願いします


日中は大勢の人でごったかえす繁華街も、夜も深い時間帯になれば別世界。昼間の健全なイメージとは違い、深夜になると色街となるスポットを巡ってみた。

知る人ぞ知る池袋裏名物『ファミレス援交』の実態とは?!

◯SNS援交は危険 やはり直交渉で…

 寒風が吹きすさぶ季節には、路上に立つ立ちんぼは繁華街でも滅多に見かけなくなるが、あの場所なら暖かくて問題ないというスポットがある。今年の冬は「ファミレス援交」なるものが池袋界隈で囁かれているのだ。

 界隈に詳しい本誌風俗ライターが語る。「近年、ギャル援交はツイッターを始めとしたSNS系が中心でした。ところが最近はサイバーパトロールも厳しくなり、買う側の男も警戒心を強めているので、援交娘たちもなかなか客が見つからない状況なんです」

池袋周辺のファミレスで援交ギャルが徘徊しているというが…。

 結局、一番足がつかないのは街中で通りかかる客との直交渉。その交渉の場として、ここ最近、深夜のファミレスが利用されているのだという。

「眠らない街の池袋には24時間営業のファミレスも多い。そして繁華街とはいえ、夜中になれば客もまばらで店員の数も少ない。そこで客同士が何やら怪しいやり取りをしていても案外目立たないのです」

 実際、ファミレス援交を体験したという男性も少なくない。池袋周辺をよく流しているというベテランタクシー運転手Aさん(54歳)もその一人だ。

「深夜勤務で休憩を取るとき、ファミレスはよく利用するんです。ドリンクバーを注文するだけで長居できますからね」

 そんな行きつけのファミレスで援交娘と遭遇したのは、ある平日の夜中2時過ぎ。ドリンクバーへコーヒーを取りに行った際に、どう見ても20歳そこそこのいまどき風ギャルから声をかけられたという。

昼間のファミレスは家族連れも集うクリーンな場所のイメージだが…

「僕がコーヒーを入れようとしたら、そのギャルが真後ろに立っていて、僕と目が合うとニッコリほほ笑んできたんです。一瞬知り合いかと思いましたが、すぐに彼女は体を近づけてきて小声で、うちと遊ばない?って…」

 突然のことに慌てふためいたものの、ギャルのみずみずしい肌や甘い香水の香り、そしてすでに冬場だというのにスラリとしたナマ脚を晒したミニスカート姿に、Aさんはドキリとした。

「い、いくらで?」

 おずおずと聞き返すと、ギャルはニッコリと微笑んで派手なネイルのついた指を1本立ててきたという。1万円だった。ド派手なギャルとはいえこんな若い子と1万円でヤレるなんて正直安すぎる!

『ああ、いいよ』と返事をすると、ギャルは外で待っているねと言って店を出た。

次のページへつづく↓