「こんな四十過ぎのオバサン、もう男性に相手されるわけないって思ってました。でも…」バツイチシングルマザーが『大人の関係』を求めて出会い系デビューしてみたところ…。

★シェアお願いします


前回ご紹介した出会い系にハマる主婦の告白記事につづいて、中高年の間でダントツの人気を誇るという出会い応援サイト「華の会メール」で『大人の関係』に発展中の40代女性会員の方に、その体験談を語っていただきました。

40代シングルマザーが『大人の関係』を求め出会い系デビュー♥

◯莉乃さん(45歳)バツイチで子供一人のシングルマザー

前の夫と別れて10年、まだ小さかった一人息子を女手一つで育てるため、それこそ今まで死ぬ気で頑張ってきました。そんな息子も今年から全寮制の高校に通うようになり、ようやく子育ても一段落。もう毎朝早起きして子供のお弁当を作ったり、大量の洗濯物に悩まされることもなくなり、ほっとする反面、ちょっと気が抜けたような感じもしています。

仕事があるとはいえ、以前と比べて自分自身のために時間を使う余裕もできました。それでちょっとした好奇心から、最近流行りの出会い系でもやってみようかなって思ったんです。よく買っている女性誌に華の会メールのことが紹介されていて、私と同年代の人たちの登録率が高いと書いてあったので、思い切って登録しました。

私なんかに興味を持ってくれる男性がいるなんて…

正直、息子が成人して一人立ちするまでは、再婚などはまったく考えていません。だから婚活などではなく、あくまで大人の関係というか、空いた時間を楽しく過ごせる男友達が欲しくて入会したんです。

私としては、少し年上の50代後半ぐらいまでの話好きで明るい男性がいいなと思って、その条件を自分のプロフィールに書き込みました。とはいえ、私ももう40代半ば。子育てに必死でオシャレにも美容にもあまり気を使ってこなかったくたびれたオバサンを、相手にしてくれる男性なんているのかな?っていう不安もありました。

でも予想に反して、登録するとすぐこちらに興味を示してくれた方が何人も! 正直驚きましたが、男性から“オンナ”として見てもらえる喜びに、忘れていた乙女心が甦って久しぶりにドキドキしたのも覚えています。

そうして私に興味を持ってくれた男性たちとメールで何度かやりとりをして、最終的に、温泉と旅行が趣味という56歳の営業マンの方と会うことになりました。

お互い求めているのはあくまで『大人の関係』

お会いした男性は長期単身赴任中の会社員で、子持ちの妻帯者。奥さんとはずいぶんセックスレスで、私と同じく始めから『大人の関係』を望んいるとのことで、ベッドを共にするまでの流れは早かったですね。

初めてのデートで、体のラインがわかるタイトな服を着ていった私に、会ってすぐ「わあ、莉乃さんエッチなカラダしてますね!」って明るく話しかけてくるような人でした。若い頃から胸の大きさとクビレにはちょっと自信があった私ですが、褒められてやっぱり嬉しかったです。

手慣れた話術であっという間にホテルへ誘われ、気がつけばシティホテルのベッドの上。彼はもう興奮しているのか、荒い息を吐きながら私の体を撫で回してきました。10何年ぶりに男性から体を触られた私も、もちろん大興奮。

そして私の服を脱がせるのももどかしいとばかり、シャワーも浴びずに挿入。彼の汗ばんだ体と私の体が何度も交わっては離れを繰り返し、様々な体位で体の奥深くまで貫かれました。

本当に久しぶりに味わう男性自身の固い感触。そして彼の猛々しい突き上げっぷりに、私はもう理性も何もかも吹っ飛んでしまって、恥ずかしながらお潮まで吹いてしまったほど。最後は彼の大きな背中に思い切り爪を立てて昇天しちゃいました。

彼とはその後も週1回ぐらいのペースでデートして、第二の青春、そして幅広い恋愛の形を思い切り堪能させてもらっています。 

今回取材にご協力いただいた「華の会メール」のサイトはコチラ🔽

(取材:デラべっぴんR)