deraT

大分 一発屋☆30分/1万円、別府 本番旅館☆30分/1万円・・・日本一の温泉県 大分を遊び尽くす極楽フーゾクめぐり旅♥(前編)【地方風俗新見聞録】

温泉県と呼ばれるだけあり県内のあらゆる所に名湯が存在する大分。宝泉寺温泉の界隈はかつて遊郭があった場所で、小さなスナック街がある。アジアン女性は連れ出しなども可能。こんな所が山間部には結構多いのだ。

大分市 一発屋☆30分/1万円

◯路上の客引きが気軽に本番を誘う

 6年前に建て替えられてすっかり綺麗になった大分駅に到着するなり、その足で風俗街へ直行した。駅前を走る国道10号を渡り、5分ほど歩いて行くと賑やかな街が現れる。

 風俗店が集まる都町を歩いていると、路上には客引きが多かった。ネオン街の中心部には大きな公園があって、そこでは酔客やカップルがだべっている。

 風俗案内所もあって試しに入ると、紹介するのはヘルスやピンサロばかり。店員は無口で声をかけてこないので、記者から喋りかけた。

「本番はないの?」
「一発屋ならありますよ」

遊んだ一発屋は界隈でも最もボロい店で、まさに熟女店と言えるような佇まいであった

 オススメの店を教えられたが、以前にも入った店なので見送った。中心部から少し離れた辺りで、おじさんに声をかけられた。

「もう遊んだの?」首を横に振ると近づき「遊んで行こうよ」と更に誘う。「何歳くらいのコがいるの?」「若くはないけど、30前後と思ってもらったら間違いなかですよ」「40なんて女なら店を出るからね」

 そう念押しして連れて行かれたのが、ボロボロのスナックみたいな一発屋だった。そこでお相手してくれたのは29歳の純さん。下腹部に無数の妊娠腺が刻まれ、それが熟女好きにはたまらなかった。

 キスの後、フェラが始まると巧みな舌使い。すぐにハメたくなった。「上からシテぇ~」 正常位で合体すると「すごいっ、すごいイイよ」とヨガリ声をあげ、背中に爪を立てながら昇天した。

客引きが3人いると思ったら2人は常連客だったから驚いた

 

別府市 本番旅館☆30分/1万円

◯路地裏にひっそりひそむ本番旅館

 別府駅で下車すると、土産物店が構内に多い。観光客の姿も大分駅でよりずっと見かける。去年よりも一昨年よりも、外国人観光客がとても増えた印象を受けた。

 駅から真っ先に向かったのは、駅から歩いて8分ほどの竹瓦温泉だった。ココの温泉に入ると身体が芯から暖まり、夜のネオン街を徘徊していても、あまり寒さを感じないので必ず入湯しているのだ。

 温泉の周りが別府の本番スポットの中心部でもある。大きな通りにはソープが目立ち、路地へ入るとピンサロや本サロが多かった。店の前では客引きが立っていたが、観光客が周りにいると声をかけるのを控えていた。

民家に連れて行くポン引きが深夜に現れるが、客が多い場合はこちらの旅館にも紹介する

 そんなワケで声をかけられることもなく、ただただ時間が過ぎる。そこで、竹瓦温泉の近くにある本番旅館へ向かってみることにした。旅館は普通のビジネス旅館も兼ねているが、果たしてこんな人の目に付かない場所へオンナ目当て以外でやって来る人がいるのだろうか?

次のページへつづく↓