deraT

【熟女と痴女のエロトークナイト詳細レポート!】真咲南朋監督、川上ゆうさん、小早川怜子さん、花咲いあんちゃんが自身おすすめの痴女AVを紹介! 恒例の真咲劇場では小早川怜子さんが天然大暴走!


毎月、イベントを開催している真咲南朋監督が今月も飛びっきりのイベントを企画! 他のアダルト関係者では開催できない人脈とイベント内容には定評があり、もはやアダルトイベントには欠かせない存在となっています!

5月25日、東京・新宿のネイキッドロフトで開催された「熟女と痴女のエロトークナイト」をレポートします!

今回のゲストは川上ゆうさん、小早川怜子さん、花咲いあんちゃんと豪華なメンバー! まさに熟女&痴女のエキスパートばかり。

登場とともに会場を見渡した小早川怜子さんは「本当にパンパンじゃないですか!」と超満員札止めの会場に感動。「タイトルはダサいけど、こんなに人が来るんですね」と主催の真咲監督も集まった人数を見てビックリ。

まずはスカパー!アダルト放送大賞2018で見事、熟女女優賞を獲得した花咲いあんちゃんが「オチ〇ポビンビンで乾杯!」と意味不明なフレーズで乾杯の音頭をとります(笑)。

フリートークからイベントは始まりましたが、いきなり「占い師に『あなたはMになりたいけど無理。Sですよ』と言われた」と最初から飛ばす小早川怜子さん。一体、何を占ってもらったのでしょう。

イベント初登場の花咲いあんちゃんは「(川上)ゆうさんのDVDを見て撮影に行きます。出てくる言葉がすごい!」と川上ゆうさんを絶賛。

真咲監督も「ゆうちゃんの言うことは誰も想像できない」とこちらも称賛。また「小早川さんの痴女もマネできないですよ。小早川さんは『オチ〇ポ』を10パターン言える」と小早川怜子さんに振ると、嬉しいとき、欲しいときのパターンを発する小早川怜子さん。これには客席から「言い方だけでしょ」とツッコミが(笑)。

ファンの方もだんだん気づいてきたでしょう、小早川怜子さんは実は“超”が付くほどの天然。しかも、いじられキャラ! それを知っている真咲監督が小早川怜子さんの素顔をどんどん引き出していきます!

小早川怜子さんのオチ〇ポ七変化も終了し、出演者おすすめ自身の痴女作品を公開に。

花咲いあんちゃんは『口全ワイセツ チンシャブ美女の口ま○こ丸呑みフェラとPtoM 花咲いあん』を推薦。「私のオチ〇チン好きが伝わる作品です。お掃除フェラが長いんです」と解説。特にナースシーンがおすすめとか。

 

川上ゆうさんは『川上ゆうをAVアイドルにプロデュース!』を推薦。監督は真咲監督です。アイドル撮影会がモチーフですが上映された映像を見て「こんな撮影会あるのかな?」と首をかしげる川上ゆうさん。

 

真咲監督は『M男いじりに夢中なパンスト女子校生なお』を推薦。「10年くらい前の作品。(演技が)出来ない時代です。何もセリフが出ない時代」と当時を振り返る真咲監督。

 

小早川怜子さんは『卑猥語女 小早川怜子』を推薦。「長いセリフ無理なんです。恥ずかしいですね。これ、仕上がり見ていなくて恥ずかしくて見れないです」と顔を赤らめる小早川怜子さん。

 

4人のおすすめ痴女作品上映後、突如、ディルドを咥えだす小早川怜子さん。それに触発されたのかディルドを奪い合い、積極的に舐める出演者たち!

 

1部はディルドの舐めあいで終了という画期的なものに! AV鑑賞後、本人たちの疑似フェラを拝見できるのですから最高のイベントです!

🔽次のページ 第二部は全員コスプレで登場!!