【泣きながらシコれ!】佐々波綾ちゃん引退に捧げる。AV廃人くろがね阿礼による、佐々波綾ベストAV&VR作品6本を思いを込めて大紹介!「VRとは彼らVRガチ勢にとって佐々波綾と同義だったのです」

★シェアお願いします


 これから佐々波綾を見ようとされる皆様に比較的新しいものの中で、お勧めの作品を2つご紹介しようと思います。

 まずは普通のAVですが、『人気ライトノベル作家の僕がツンデレ妹とこんなにエッチな毎日を過ごしているなんて信じられない!佐々波綾』です。

 メーカーはプレステージ、TODO監督による主観作品です。いささかくどいようですが、SNSに出てくる佐々波綾はツンデレとは程遠い、とても折り目正しく愛らしい子でした。こういう子が演じるツンデレってとても破壊力があります。

 いかがわしいエロ小説を書いているお兄ちゃんにバカ!と言いつつ、お兄ちゃんのライトノベルに支えられている優雅な生活を失ってドナドナ(TODO監督流のジャーゴンです)になるのが怖くてお兄ちゃんとの関係に溺れていくというなんだかよく分からないコメディですが(笑)。

 お兄ちゃんに簡単に潮を吹かされてしまうユルさと、拒みながらもお兄ちゃんとのセックスにズブズブに溺れていく様がこれでもかと可愛らしく、佐々波綾これに極まれりと僕は思います。

僕の宝物のような作品です。

自分の価値を10倍にまで引き上げたのが佐々波綾

 そしてもう一つがKMPから最近リリースされたVR作品『【VR】リアルAV男優体験!撮影中チンチンが勃起しなくなってVTRストップ!勃起待ちで絶体絶命の危機に天使の佐々波綾がしてくれた本当にHなこと 佐々波綾』です。

 勃起待ちが発生した現場で、AV女優佐々波綾が監督、AD、メイクさんを追い出して男優(であるユーザー)を奮起させ、そのままエスカレートしてセックスまでしてしまうという作品です。

 お仕事モードから徐々に良からぬ欲望を実行する共犯関係ができあがっていく過程にゾクゾクすると同時に、ああ佐々波ちゃんてこういうファンタジーがしっくりと来る献身的な子だったなと思い出してちょっと切なくなる作品です。

 佐々波綾とは何だったか? みたいな大きな問いに答えるのはとても苦手です。

 僕のSNS周りにはVRガチ勢が多く、佐々波綾の愛用していた香水(レールデュサボンのフィーリングブリーズだったか?)の匂いを部屋に漂わせて彼女のVRに耽溺していたりします。

 彼らの多くはVRに対して否定的な業界人、女優の発言にとても過敏に反応することも多く、もしかしたらギョッとされることも多いかも知れませんが、彼らの多くはVRの愛好者であるとともに佐々波綾の熱烈なファンです。

 VRとは彼らの多くにとって佐々波綾と同義だったのです(美咲かんなも偉大だと思いますよ、僕は。ごめんなさいね。)。

僕もデビュー以来佐々波綾に注目してきましたけど、僕の注いできた佐々波綾への愛情を完全に周回遅れにするほどの情熱を彼らは佐々波綾に注いできました。

 なぜか? くどいようですが、VRでは演じる側の女優は動くことも声を発することもない男優と言葉を交わすこともない異様な環境の中で、緻密に位置関係を計算しながら自分の興奮を高め、発情したような表情を作り、あらん限りの想像力を駆使して自分の官能をカメラの向こうの僕らに伝えることでようやく作られるメディアだからです。

 言うまでもないことですが女優の献身なくしてあり得ません。

 そんなのAVの真髄でもないしリアルなセックスの醍醐味も無いじゃないかと言われればそういう考え方もありますよねということなんですが(笑)、まさにそういうAVを支えるいくつかの強固な思想の隙間にしなやかに入り込んで自分の価値を10倍にまで引き上げたのが佐々波綾でした。

 DMMの配信で3月から5月にかけて3度の月間女優ランキング1位を獲得し、6月は2位だった佐々波綾、彼女の努力は来年のDMMアワードで報われるだろうと思っていましたが、僕らファンは彼女に十分に報いることができませんでした。

 計り知れないくらい大きな損失の前に、僕は本当に意気消沈しています。

 最後に僕が大事に保存している佐々波綾のおなみQ&A(2017年6月)から一つだけご紹介します。

 Q AVが無修正になったら出演しますか。
 A 全てが合法的に無修正になったら・・・でも恥ずかしいです。

 かなり無体な欲望でも佐々波綾は頭から否定したりしない。その代わり可愛らしい羞恥心で逆襲する。佐々波綾はそういう聡い子でした。

 女優に正しく愛情を注ぎ、正しく傷を負うのがAV廃人である僕らの役回り。僕らに大きな爪痕を残してこその女優冥利です。願わくはその爪痕があなたの人生の重荷とならず、温かい思い出となりますように。 

(文:くろがね阿礼)