deraT

「私の目標はいつか自分の膣にピッタリフィットする理想のオチンチンに巡り会うことなんです」ヤリマンOLの奇抜な行動原理とは?!【初めての乱交セックス体験記】

「私、実は理想のペニスを求めて男を漁るヤリマン女なんです」(26歳OL)

 幼い頃から性に対する好奇心が旺盛だった私は、中3で初体験を済ませると、その後、順調にヤリマンの道を歩んできました。

 目標はいつか膣にフィットする理想のオチ●チンに出会うこと。そのために一度に大勢の男性を相手することもありますが、未だ巡り合えていません。

 そんなわけで、先日は行きつけのバーで3人組のサラリーマンと知り合い、多人数で利用できるラブホに全員連れ込んじゃいました。

 3人は同じ会社に勤めているとのことですが、40代後半の課長、30代の係長、20代前半の若手社員と、役職も年齢もバラバラ。いろんなタイプのオチ●チンを一度に味わえてお得感いっぱいと睨んだ私から「一緒に飲みませんか?」と声をかけ、全員がいい感じに酔っ払ってきたところで、「落ち着いて飲める場所を知っているので、そこで飲み直しましょう」ってホテルに連れ込みました。ハイ、いつもの逆ナンの手口です。

 ホテルに入った後は、やりたい放題。課長に抱きつき、「私、酔うとエッチになっちゃうんです。今日は楽しませてくださいね」なんて耳打ちしながらベッドに押し倒して、すかさず係長と若手に「みんなで一緒に楽しみましょう」と手招き。すると、課長も「せっかくこう言ってくれてるんだから」って他の2人に呼びかけて、一気に場がヒートアップしました。  なかでもかかり気味だったのが、20代の若手社員。「スゲェ、フカフカっす!」っておっぱいに顔を埋めて、荒々しく揉みしだいてきました。しかし「そんなに焦んないの」ってオチ●チンを軽くシコシコしてあげたら、うっかり暴発。いくらなんでも早すぎます。

 一方、係長はこの期に及んで、まだ遠慮気味。フェラをしようとしたら、「いや、先に課長どうぞ」とか言って譲ろうとするんです。さらに課長にフェラをしてあげている間、クリを弄ったり指をズポズポ挿入したりして、私のオマ●コを愛撫。濡れてきたのを見てとると、「課長、準備できました!」って挿入まで譲ろうとします。出世するタイプですね。

 結局、最初に挿入してきたのは40代後半の課長。さすがに反り返るほどの元気はなかったものの、緩急をつけたピストンはなかなかのものでした。ただ、年齢が年齢だけに一発で打ち止め。性欲旺盛な私は、それでは満足できません。

 そこですかさず係長にまたがり、2発目開始。課長にゴマをすっていた係長ですが、オチ●チンは意外に高性能。ひと回りほど大きいそれは余裕で膣奥に届きます。おかげで私も3回ほど絶頂に達しましたが、そこが限界。あえなく発射してしまいました。

次のページへつづく↓