deraT

【鬼性欲ブスのOCCC道場第2回】自称・催眠術師のNさんが調子にのりまくり、エロくもないしょうもない催眠をかけまくる!? 混迷極まる「自称・催眠術師とラブホテルに行った話」後編!!

 

 

前編では湧き出る泉のような性欲を満たすために、出会い系サイトで出会った自称・催眠術師Nさんとラブホテルにきた著者。催眠による連続絶頂アヘ顔OCCC(おちんちんチャンス)はあるのか・・・!?
そして、
そもそも上手く催眠術にかかることができるのか? ガチと忖度が入り乱れ、混迷極まる後半戦スタートです!

「3つ数えたら、君は僕のことを好きになっています」

🔽まずは前編をどうぞ!

【鬼性欲ブスのOCCC道場第1回】催眠術SEXは本当に気持ちいいのか? そして、5000円2時間の休息で無事に終わることができるのか? 謎が謎を呼ぶ「自称・催眠術師とラブホテルに行った話」前編!!
「鬼性欲ブス」こと藍川じゅんが、自らの強すぎる淫欲を満たすため、ありとあらゆるOCCC(おちんちんチャンス)にチャレンジ!  記念すべき連載コラム第一回は「自称・催眠術師」のNさんとのOCC...more

力が抜けた私を見たNさんはすっかり調子づいてしまい、

「ソファからお尻が離れなくなる催眠」

「自分の名前を忘れてしまう催眠」

「笑いが止まらなくなる催眠」

など、しょうもない催眠を次々繰り出してきました。もちろん、お尻は余裕で上がるし、名前もわかるし、笑いがとまらなくなるわけがない。

しかし、「催眠にかかってあげなきゃ」という謎のプレッシャーがあり、「あれ? 名前なんだっけ?」と小芝居をしてしまった。今となっては、「あれ?」じゃないよ馬鹿野郎と思うんですが、その時はNさんのストーリーを壊してはいけない気がして必死でした。もっとも、「笑いが止まらなくなる催眠」に関しては、

「ハイッ面白い!! どんどん面白くなるよ!!! 笑いが止まらないよ!!!」

と、Nさんが大騒ぎするので、その姿が面白くて本当に爆笑しましたが。

私が催眠にかかっていると信じて疑わないNさん。とうとう「今から僕が指を鳴らすと、あなたの周りの時間が止まって動けなくなります」という「時間よ止まれ系」AVみたいな催眠をかけ始めてしまった。

「時間が止まってる間、あなたは何をされてもビクともしないし、その記憶は一切ありません。そして、僕が再び指を鳴らすと、あなたは時間が止まる前と同じように動き始めます」

おいおい、無茶言うな。

さすがに、これはかかったふりをするかどうか迷いました。しかし、Nさんのテンションの高さにつられて、私も興奮状態になり(そういう意味では、多少催眠にかかっていたのかも)、指を鳴った瞬間つい体を止めてしまった。

すると、Nさんは私が本当に催眠にかかっているかどうか確かめるために、おっぱいを揉んだり、まぶたを引っ張ったり、鼻の穴に指を入れたりしてきました。

時が止まってしまった女と、その女の鼻の穴に人差し指を入れる男。2人とも真顔。

シチュエーションが謎すぎて、笑いを堪えるのに必死でした。その後、何度も「時間よ止まれ系」の催眠をやるので、その度に笑いやまばたきを我慢するのがしんどかったです。かかったふりしなきゃよかった。

それに、このままだと、調子に乗って「生でセックスしたくなる」「中出しされたくなる」などと言い出す可能性がある。残念ながら、それだけは付き合ってあげられません。くだらない催眠なら、いくらでもノるけど(面白いから)。

しかし、「全身が敏感になって、感度が何倍にも上がる」だなんて豪語していた割に、Nさんはいつまでたってもセックスしようとしません。

「イチャイチャしたくなる催眠」「抱きしめたくなる催眠」など、妙に可愛い内容の催眠しかかけないし、そもそも自分から私の体に触ろうとすらしない。いい雰囲気になって、今にもキスしそうな距離になると、

「ハイッ! あなたは僕に本名を教えたくなる!!」

と、またしょうもない催眠が始まってしまう。

Nさんは、もしかしたらものすごく怖がりで臆病なのかもしれない。相手を100%コントロールできる立場にいないと、不安で仕方ないのだろう。

「フェラチオしたくなる催眠」なんてわざわざ遠回りしないで、素直に「舐めて」って言えばいいのに・・・と呆れつつ、「催眠のせい」という体で、たくさん舐めさせていただきました。ごちそうさまです。

ふいに、Nさんが私をギュッと抱きしめながら、

「3つ数えたら、君は僕のことを好きになっています」

と、暗示をかけ始めた。「君は僕をどんどん好きになる」と、何度も何度も繰り返すNさん。それを聞いているうちに、なんだか切なくなってしまった。

そういう気持ちは、無理矢理植え付けるものじゃないのに。

誰かに好きって言ったり言われたりするための手段は、催眠以外にいくらでもあるのに。

Nさんは、催眠を始めて今年で10年になるという。きっかけは「女の人に喜んでもらいたいから」。「今まで、睡眠術でたくさんの女性たちを喜ばせてきた」らしい。

その女たちのほとんどが、Nさんに気を使って、同情して、内心馬鹿にしていたのだろう。今の私と同じように。

騙されたふりを続けることは、Nさんにとって残酷で失礼なことだったんだなと、反省しました。「そんなの全然かからないよ、そんなことより私とセックスしようよ!」と言ってあげればよかった。

自称・催眠術師の茶番にひたすら付き合い、鼻の穴に指を入れられ、ちょっと切ない気持ちになっているうちに、時間切れ。残念ながら、NO-OCCCでフィニッシュでした。

眼鏡のイケメンとイチャイチャできたし異様な緊張感も楽めたので、とりあえずよしとします。Nさん、いつか催眠以外の方法で誰かに好きって言ってもらえるといいね・・・と、他人事ながらお祈り申し上げます。

そんなわけで、世界でいっとーイカした物語(ドラマ)を求め、私のOCCアドベンチャーはまだまだ続きます。

【追記】

帰り際、メガネを拭くNさんに「メガネ外してもかっこいいね」と褒めると(お世辞ではなくほんとにそう思った)、

「これ実は『封印』なの。昔、師匠に僕の目は強過ぎて、催眠がかかり過ぎてしまう場合があるから、メガネをかけて抑えなさいって言われたの。それからずっと伊達眼鏡つけてるんだ」

って言ってました。30過ぎて「封印されし闇の瞳」って、お前。催眠術師というよりは、ただ自己催眠にかかってるだけの人だったのかもしれません。おわり。

文:藍川じゅん
ライター。
女子SPA!にて「逆ナンする女性たち」シリーズ不定連載中。
ハンドルネームは永田王。
◉Twitter:@hakiinu