deraT

【東京横断フーゾク巡り①】ニッポン最大の色街 その名も『歌舞伎町』。厳しい客引き規制もものともせず怪しいポン引きたちが闊歩する歓楽街にマル秘潜入!!

 東京の歓楽街を巡ってみると、意外や意外、賑わっている街ほど本番風俗で遊び難い。厳しい客引き規制にまともな客引きが遠慮して怪しい輩ばかりが誘ってくる。風俗浄化は夜の観光を逆に危険なものにしているようだった。

新宿★デートクラブ 60分/2万2000円

◯若いコばかりだが怪しい雰囲気も?

 新宿駅で下車して3分ほど歩いて行くと歌舞伎町一番街の大きなゲートが見えてきた。いよいよ日本最大の歓楽街へ足を踏み入れる。最近は厳しい客引きへの取り締まりで、数年前とは見違えるほど客引きの数が激減した。

「オニイサン、アソビイカナイ?」

 そんな中でも誘ってきたのが黒人の大柄な男だった。するとすぐさま「ダメ、ダメ」と仲間の声が。遠くへ視線をやると警官が一目散に走ってくる。日本の治安は安泰だ。しかし、これでは少し寂しい。区役所通りの方へ歩いて行くと、路地で黒服の客引きが小声で耳打ちした。

「最後までありますよ。店で女のコを選んで、ホテルに行って下さい」
「ホテヘルの客引きなの?」
「いえいえ、僕らはデートクラブです。見て嫌なら帰って下さい」
「ホントだね。なら見てみるよ」

客引きが紹介したのは飲み系から本番系まで全部。本物のJKを紹介すると言うので、試しに見てみると幼すぎて怖かった

 連れて行かれたのは大きなビルの一室に入ったクラブのような店だった。店に入るとドレス服姿の8人が目の前に並び、その中から選んだのが沢尻エリカに似た23歳の蘭さんだった。

 ホテルに連れ出し、ベッドインするもCカップを愛撫すると「くすぐったいから止めて」と美形を鼻にかけている。フェラもちょっと舐めただけで「もう挿れていいよ」と全くふざけていた。

 ならばとバックから憎しみを込めて激しく突くと「いや~、いや~」と泣くように絶叫しながら昇天。終わった後はまるで別人のように素直な態度に一変して驚いた。

 

新宿 ポン引き 60分1万5000円

◯紹介されるのは若い女の子ばかり♥

 歌舞伎町の歓楽街を通り抜けて、かつてコマ劇場やミラノ座があった場所へ向かう。今では再開発で街の様子はすっかり変わってしまったが、界隈で変わらないものもある。それが立ちんぼだ。

 歌舞伎町の交番を横目に歩いて行くと、立ちんぼを発見。若いコから三十路熟女まで、選り取り見取りの選び放題だ。

 おっ、背の高いスタイルのいいオンナがいるぞ。冷やかしがてら声をかけてみたら「あらっ、嬉しいわ」とドスの効いた声が返ってきた。この辺りにはオカマも混じっているようだ。大久保公園を中心に、立ちんぼとポン引きが徘徊している。若い兄ちゃんポン引きと目が合うとスグに誘われた。

「ちょっと顔だけでも見ません?すぐ近くにいるからさ」
「近くってどういうこと?」
「まぁ、来て来て」

 着いて行くと、路地の一画でポン引きはギャルたちを囲って待機させていた。

「どのコでもいいですから、社長、お願いしますよ」

ポン引きは兄ちゃんからおじさんまでいるが、紹介するのは20代の若いコのみ