deraT

【埼玉フーゾク裏情報局!!】予算1万円で“最後まで”ヤレる!! 大宮ソープ&熊谷本サロ…NK流で一世を風靡した埼玉フーゾク完全復活キターーーー!!!

 埼玉の風俗街には昭和の香りを色濃く残す怪しげな店が多かった。しかし遊んでみると、本番店がとても多くて気持ちイイ。「穴に挿れなきゃ意味ないぜ」と言ったソープのオヤジ店員の言葉が胸に染みたのであった。

大宮・ソープ 70分1万4000円

◯客引きは静かでも盛況の大宮ソープ

 新宿から埼京線に乗ると、わずか30分少々で大宮駅へ到着した。 関東郊外のローカルスポットだと思っていたら、あまりに大きな駅にたまげてしまった。

 東口から駅を出ると、下町風情が残る街並みでとても人が多く、帰宅途中の女子高生が目立つ。そんな場所にも関わらず、ピンサロなどの風俗店が界隈には点在していた。激安ピンサロを発見したので遊びたい誘惑に駆られる。

通勤通学客がこれほど多い駅で風俗店がこんなに多い場所はかなり珍しい

 しかし、そんな時に限ってかわいい女子高生たちと目が合って、こちらを見ていたので入れなかった。駅前から平和通り商店街を北へ歩いて行く。すると、かつて赤線だった場所がソープ街へと姿を変え、当時と同じ楽しみを男たちに提供していた。

 店先や店の駐車場に客引きの姿が見えるが誘って来ない。一歩路地に入ると、そんな客引きの姿すら見えない。そこで一番ボロそうな店に入って見ると、案の定、熟女店だった。

 オヤジ店員はパネルを見せて「若いコなんてダメだよ。こういうちょっと年季の入ったコがいいんだよ」と物知り顔で言う。頷きながら相槌を打ってやると上機嫌になったオヤジは「あと30分待てばナンバーワンと遊べるから」と教えてくれた。

 その熟女こそ、今回のお相手の真美さんだ。四十路熟女の泡姫は、舌を濃厚に絡めたと思ったら、フェラでもカリにまとわり付くように長い舌で弄ぶ。Cカップを愛撫していたら「我慢できないわ」と、騎乗位でまぐわってきた。

 リズミカルな腰使いはまさに匠の技で「いいっ、ああん、一緒にイッてぇ~」と絶叫するなり、顎を突き上げ昇天していた。

熟女店から出てくる客が20代の若い客が多かったのは意外だ

 

熊谷・本サロ 40分1万円

◯気軽に遊べるのでビギナーでも安心

 熊谷駅で下車すると、駅から徒歩2~3分の界隈におっパブなどの風俗店がある。案内所の兄ちゃんは「こんな巨乳ちゃんを紹介しますよ」と誘ってきたが「最後までヤレる店を紹介してよ」と返したら「勘弁してくださいよ」と泣きを入れてきた。

駅前のキャバクラは美形揃い。諭吉をエサにダメ元で連れ出しを試みるもあえなく撃沈

 駅から線路沿いに西へ3分ほど歩くと、またまた風俗街が見えてきた。店はいずれも古くて、ド派手なピンク色のペンキで外壁を塗った店もある。趣味がいいとはお世辞にも言えない感じだ。大宮のソープ街と違い、ココの客引きは積極的に誘ってきた。

「写真を見るだけでも全然結構ですから」
「ホント? じゃ見るだけね」

 こんな調子で店を数軒ハシゴすると、料金は同じでも熟女店とギャル店に大別されることが分かってきた。とても愛想が良かったのは、ギャル店の店員だった。

「このコは、蟻の門渡りまで舐めるコで、このコはパイズリが得意です。もし良かったらお願いします」と客引きされて悪い女のコに当たった経験は過去にない。そこで遊ぶことに決めた。