deraT

【金沢裏フーゾク情報局!!】石坂ちょんの間 30分1マン8000円、片山津温泉ソープ 70分2マン3千円…風情ある城下町の夜を彩る泡姫たち♥ 石川百マン石裏フーゾクまつり【前編】

 日本全国に小京都は数あれど、石川ほどその名にふさわしい街はない。趣に満ちた街並みの昔ながらの色町は、裏風俗を愛する男たちを魅了する。

片山津温泉・ソープ 70分2万3000円

◯街の雰囲気が変貌して嬢レベルも向上!

 JRのサンダーバード号に乗って北陸本線の加賀温泉駅に到着するとバスに乗り換え、20分ほどで目指す片山津温泉に辿り着いた。新しくなった公衆温泉の総湯はカフェも併設されて快適だ。効用は神経痛らしい。

 この総湯の移転改築に伴って風俗業界に激震が走った。その跡はソープから看板が下ろされたり目立たぬようにしている点に見られる。

 ソープ近くには交番まで建てられてしまい、一発屋のポン引きたちも居心地が悪そうだが、そんな様相も路地に入ると一変。看板も大々的に掲げられ、一目でソープが営業中だと分かった。店に入ると客が多い。あまりの繁盛ぶりにたまげてしまった。

 そんな中で指名したのは23歳の瑞穂さんだった。濃厚なキスのあと、マットプレイでは女体が記者の上を自由に滑りまわる。ギンギンになった肉棒が騎乗位で挿入されるなり「あ~ん、あ~ん」とAV嬢みたいなヨガリ声を上げ、やがて昇天したかと思うと胸元に崩れ落ちグッタリしてしまった。

 

◯昔ながらの本番地 今や値切りもOK

 金沢駅で下車してタクシーに乗ると、金沢おでんが名物だと教えられた。肉いなりなど他県にない具が特徴なのだそうだ。塩ベースの出汁も美味い金沢おでんで腹を満たしたら、さっそく夜の色町へ繰り出した。

 金沢の歓楽街は片町だ。そこから犀川を渡ると、もうネオンが灯りは見えなくなったが、かつての赤線跡が今も残って営業していた。西茶屋街は昔、花街として賑わった街だが、ちょうどその裏手に石坂のちょんの間が広がっていた。

 店はスナックを隠れ蓑にしたものばかり。飲みだけでも可能だが、そんな客はほぼ見かけない。歩いていると婆さんがおいでおいでと手招きした。

「女のコか? 呼んでやろうか?」 ちょんの間には女のコを囲っている店と、そうでない店がある。遊ぶなら当然ながら前者がいい。なぜなら値切りやすいからだ。「いや、ヨソを回るからいいよ」婆さんの「待ってや」という声を背後に聞きながら、逃げるようにその場を立ち去る。

最初にふっかけてくる料金が高いのでダメ元で値切るのは必須。最近は3000円くらいなら下がるようだ

 小川に沿って歩いていると、突然目の前に女のコが3人飛び出してきた。

「誰でもいいから、遊んでくれません? 今日はヒマなんですよ」

 苦笑いしながらそう言ったのは若い頃の菊池桃子にちょっと似た27歳の由貴さんだった。巨乳に視線が釘付けになるとムラムラしてきて、道路を挟んで向かい側にあるホテルへと連れ込んだ。部屋に入るとまずはシャワーで身体をキレイに洗ってくれる。