deraT

「夜中に物音がして、半分寝ぼけ眼で彼氏だと思って目を開けたら、ヒゲ面の見ず知らずの男がいるでしょ。殺されるんじゃないかと…」【現役風俗嬢が体験したエロ恐〜い話】

「寝てたら空き巣が 自宅に侵入して…」

◯キャバクラ嬢 美樹さんの場合

 歌舞伎町のキャバクラで働いてるんですけど、自宅マンションの玄関ドアを施錠せずにソファでウトウトしていたら、見ず知らずの男が入って来たんです。半分寝ぼけ眼で彼氏だと思って目を開けたら、ヒゲ面の見ず知らずの男がいるでしょ。殺されるんじゃないかと思ったら、私も大声を上げて半狂乱になっちゃいましたよ。

 空き巣も忍び込んだのはいいけど、リビングで寝ていた私には驚いたでしょうね。悲鳴を上げたら、男はそのまま玄関から飛び出し何も盗らずに逃げて行きました。被害はなかったけど、本当に死ぬかと思いましたよ。

 玄関の鍵を閉めていなかったのは、同棲している彼氏から「1時間ほどで帰るけど、鍵を会社に忘れたので玄関のドアを開けて置いてくれ」と連絡があったからなんです。

 以前も同じようなことがあって、そのときは熟睡していた私がチャイム音に気づかず、玄関ドアをドンドン叩いていた彼は不審者と間違われ、隣の人の通報でやってきた警官に連れて行かれてしまって。私が交番まで迎えに行ったんだけど、そのときも「寝ていたお前が悪い」「鍵を忘れたあなたの方が悪い」と大喧嘩でしたよ。忙しい毎日で、彼氏ともスレ違いが続いているんですよね。

(記事引用元=ズバ王