deraT

露出撮影デートに濡れるM妻…彼氏の命令で全裸コート【M女告白】誰かに見られたらどうしよう…野外露出のスリルと快感

文乃さん(34歳・主婦)T161・B85W63H87。東京都在住。結婚8年目の夫との仲は完全に冷え切っており、すでに会話もない状態。現在は美容師の彼氏と週に一度の露出を満喫中だとか!!

夏は野外露出が激増する季節。

その強烈なスリルがもたらす圧倒的な快感は、一度味わったら病みつきになるという――。

初めての快感に愛液ダダ漏れ!

ドM主婦の文乃さんが初めて露出を経験したのは、今年2月。交際8カ月になる、浮気相手の彼氏に命令されたという。

野外で私のエッチな写真を撮りたいって言うんです。もちろん、絶対ムリって断りました。一応主婦ですからね。もし通報でもされたら、大変なことになっちゃう。でもドMとしては、ご主人様の彼氏にはやっぱり逆らえません、結局は一度だけって条件でOKさせられました

こうして全裸コートという出で立ちで、彼氏の住むマンション近くの公園に向かった文乃さん。すると、彼女はその道中で早くも自分が異常なくらい興奮していることに気づかされた。

公園までの距離は800メートルくらい。平日の午前中だけど、閑静な住宅街なので人通りは多くなくて、すれ違ったのはふたりだけでした。でも全裸コートなのがバレてるような気がして、人とすれ違う度に超ドキドキ。そしたら緊張で神経が敏感になったのか、歩く際に内腿が軽く擦れるだけで妙に感じてきちゃったんです。で、目的地の公園に着いたときにはオマ●コがすっかり濡れちゃってて……

露出後の挿入で野獣のように…

公園に他人の姿がないことを確認した文乃さんと彼氏は、念のためにトイレの陰に移動。そこなら突然公園に入ってくる人がいても死角になって見えることはないと確信できた。

裸を見せて、と彼氏に言われて、おそるおそるコートを開きました。コートの下はパンティ一枚。でも2月なのに寒さは全然感じなかったです。それどころか、なんだか体が熱くなってきました。そして写真撮影が始まると、どうしようもなく胸が高鳴って、足がガクガク。もし誰かに見られたらって、思えば思うほど興奮してきちゃうんです。当然、オマ●コは濡れ濡れで、彼氏に言われてパンティを脱いだ瞬間、愛液がツーッと内腿を伝って滴り落ちてきたほどでした

三十路でセックス経験豊富な文乃さんだが、誰にも触れられてないのにこれほど濡らしたのは初めてのこと。野外露出がもたらす強烈な快感に、驚かされるばかりだったという。

こんなに濡らして、露出狂かよ……って、彼が呆れながらオマ●コに指を挿れてきました。で、しばらく指マンされると全身がヒクヒクとケイレンし始めて、愛液がどっと溢れてきました。もう感じすぎて立っていられないくらいだったんです

そして、我慢できなくなった彼女はついに、野外にも関わらず「んんんっ!」と大きな声を出して昇天。思わずその場に崩れ落ちてしまったとか。その後は抱きかかえられるようにして彼氏の自宅に戻ったが、興奮はまったく収まらず「抱いてください……」とオネダリしたそうだ。

ご褒美セックスです。露出で全身が敏感になっていた分、快感もいつものセックスとは比べ物にならないくらい強烈。下から激しく突き上げられて、イキまくってしまいました。そのときのアエギ声は、彼氏に言わせると野獣そのものだって(笑)

こうして露出撮影にすっかりハマッた文乃さん。コートの季節を過ぎても、露出撮影を止められなくなってしまったようだ。

今では大きめのワンピースを着て公園に出かけて、早脱ぎしています。変な特技を覚えちゃいました(笑)

過激になりすぎて通報されないか心配になる?

(掲載/「実話大報」2018年8月号