deraT

部屋の掃除代行から飲みのお相手までしてくれるという、流行りの便利屋ビジネス。果たして『女性』便利屋に依頼したら、どこまで“ヤって”くれるのか??【エロい都市伝説ガチ調査隊】

以前まではウサン臭いイメージのあった便利屋だが、最近でメディアにもよく取り上げられるようになった。そこで「女性便利屋はどこまでヤッてくれるのか!?」を検証してみた!

都内全域で営業する便利屋に
ローラー作戦で聞き取り調査!!

 最近では、すっかり日常生活に定着した感がある便利屋だが、そうなると気になるのが「ちょっとエッチなサービスをお願いすることはできるのか?」という点だろう。バカっぽい疑問だが、需要があれば供給がある。それが市場原理だ。早速、編集部が客を装ったおとり捜査を行なうこととなった。

どんな突拍子もない依頼でも金額次第で受けてくれるというイメージの『便利屋』だが…

 まずは女性がいる便利屋を見つけなければならないのだが、これが意外に難しい。というのも「女性がいます」と明示しているものなどほとんどないか、あってもごくわずかだからだ。そこで依頼内容をエッチ度レベルで区分けして統計をとる、ローラー作戦に出た。その内容は「1対1での飲み相手」「ひざ枕で耳かき」「寝つくまで枕元で子守歌」「一晩添い寝」など。

 丸2日間に及ぶ電話捜査で、およそ300件の回答を得ることができたが、8割近くが対応できる女性がいないと回答。ある程度予想できたものの、かなり厳しい現実だ。

 残る2割ほどが依頼を受けてくれたということになるが、それでも飲み相手や耳かきまでは可能というもので、子守歌は数件で受けてもらえたが、添い寝に至っては1件のみが条件付きでやっとOKという結果に…。

 そんな中、驚きの情報が飛びこんできた。

リサーチした限りでは女性便利屋が頼まれるのは、部屋掃除などが多いという。

 

美人便利屋が頼まれる要件の数々… 
時には出張ホステス紛いの内容も

 Sさんが紹介してくれたのは、都内某所で便利屋を営む27歳のMさん。正体を明かさない条件で、会ってくれることになった。約束の場所に現れたのはタイトスカートもまぶしいスーツ姿の美女。便利屋のイメージからはほど遠いイイ女である。

 いきなりエロ話も何なので、まずは便利屋という仕事に関して話を聞いてみた。 「依頼の種類は多様化していますね。テレビ番組の録画代行や、老人の話し相手なんていうのもあります。子供の入学願書申込みだとか、引越しの挨拶回りを代行してくれという依頼も増えましたね」

 本来なら他人任せにできない用事を、便利屋に頼んでしまう家庭もあるという。さらに以前には考えられなかったが、ここ数年で目立ちはじめた依頼内容というのが、「カラオケに一緒に行ってほしいであるとか、飲み相手をしてくれというリクエストです。同性だけで酒を飲んでもつまらないから、という男性からの依頼もあります」とのこと。

 なんだか手軽な出張ホステスのようだが、依頼する男性客の心理としては、あくまでその場限りで盛り上がりたいといったところのようだ。

都内で女性便利屋を営むMさん(仮名27歳)。ミニスカからのぞくむっちり太ももが眩しいなかなかの美人便利屋さんだ♥

 いよいよ色っぽい話になってきたので、Sさんとの一夜についてうかがってみた。 「あの時は、たまたまそういう流れになっただけなんです」と恥ずかしげに言う。ここで素朴な疑問をぶつけてみる。もし、一晩添い寝してくれという依頼があったら受けてくれる? 「一応、広告にはお引き受けできる仕事が書いてありますから、そういったご依頼があったとしても、ウチではちょっと……」