deraT

【人妻100人 緊急下半身アンケート!!(後編)】「時期的には結婚3年目、30代前半、子供が生まれた後が多い。家庭も落ち着いてくるため、より刺激を求める人妻は外で男を作ることに躍起になるのだ。」

金銭的な事情のため、余暇のヒマ潰しに、社会参加を目的に……色んな理由で働いている兼業主婦たち。彼女たちの性に対する意識をアンケート調査!(後編)

人妻100人不倫アンケート(前編)はこちら⬇

【人妻100人 緊急下半身アンケート!!(前編)】「調査によれば、働く人妻の約半数が職場不倫経験あり。また経験こそないが、不倫に興味あり♪という意見を含めればなんと8割にも及ぶ。やはり人妻たちは出会いを求めて仕事に出ている?!」
金銭的な事情のため、余暇のヒマ潰しに、社会参加を目的に……色んな理由で働いている兼業主婦たち。彼女たちの性に対する意識をアンケート調査!(前編)
セックスレスから不倫開始

 続いては兼業主婦たちが不倫に走ったキッカケを見てみよう。最も多いのは、やはり夫とのセックスレスだが、これは特に妊娠・出産を機に始まるパターンが多いようだ。

 時期的には結婚3年目、30代前半、子供が生まれた後が多い。子供が生まれて一段落すると家庭も落ち着いてくるため、より刺激を求める人妻は外で男を作ることに躍起になるのだ。職場の人妻と不倫したい男性は、このタイミングをうまく見計らって、家庭の相談などに乗ってあげるのがいいだろう。

 また、営業成績を上げるための枕営業や単純な愛人契約を結ぶ例もあるが、これらは男性にとってはあまり旨味が多くないため、おすすめできない。いわば最終手段だ。

 注目は職場環境の改善のためという意見。お偉いさんに気に入られたい女性たちだ。雇用条件や諸々の環境などをある程度、左右できる立場にある男性ならば、これをエサにして欲張りな人妻を愛人にすることもできる。とはいえ、これもやり過ぎると社内での自身の立場を危うくするため、注意が必要だ。

 兼業主婦の過半数がセックスライフの充実を求めている以上、最初のキッカケこそ金銭や生活援助のためであっても関係が続いていくうちに、より濃密な愛人関係になることは多分にあり得る。はじめのうちは先行投資だと思って、多少の金を投じるのもひとつの手だと言えるだろう。

 何はなくもと、まずは相手と肉体関係を結んでしまうこと。そこから次第に自分のペースに引き込んでいくのが賢い男の不倫術だ。