deraT

飛田新地・20分・1万5000円、和泉市・信太山新地・15分・7500円…激安風俗の街“オオサカ”の裏風俗に潜入!!(後編)【ニッポン風俗漫遊記】

 裏風俗が日本一盛んな大阪の地に舞い降りたらネオン街での観光客の多さにビックリ仰天! 男たちは夜の観光も存分に楽しんでいた。

大阪市・飛田新地・20分・1万5000円

観光客らしき男が増えるに従い立膝M字での顔見せが激減してガッカリ

◯観光地並みの定番裏風俗スポット

 地下鉄の動物園前で下車すると、界隈は日雇い労働者と外国人観光客が入り混じった街だった。元々は労働者が利用する簡易宿泊所の並ぶ街だったが、料金の安さに魅せられ観光客がやってきた。

 ドヤ街を横目に今池本通り商店街を歩いて行くと、遠くに日本最大のちょんの間が見えてきた。飛田新地の入り口には「南地で三百年此の地で百年、謹んで御礼申し上げます」の垂れ幕が大々的に掲げられていた。

 こんなに堂々と本番やってますみたいなことってありなの?と疑問も湧くが、大いにお世話になってきたので、まぁ、良しとするか。コスプレをした若いコが並ぶ青春通りでは、光景が一変していて驚いた。

 ちょんの間を歩く客たちの中に、キャリーバックを引っ張る観光客の男たちがやたら増えていたのだ。もう完璧に大人の遊園地だ。しかし、この通りはとても高い。ちょっと寂れた通りの方が安いし、そんな通りで掘り出し物を見つける方がずっと楽しい。

 飛田の端の方へ向かうと、胸の谷間を見せつけたコが目に飛び込んできた。美形だが、うつむき加減で愛想なし。すかさずやり手ババアがナイスフォローを入れた。「照れてはんねん。お兄ちゃんに」やり手ババアの人柄が良さそうな店では地雷を踏んだことはない。

人気姫は座るとスグに売れている。最近は熟女もレベルアップ

 よしっ、このコに決めた。お相手は22歳の唯ちゃん。色白でハーフみたいな感じのコだ。顔見せでは黙っていたが、二人きりになると意外に饒舌。嬉しい誤算はまだまだ続いて、キスすると「もっと吸わせて~」と濃厚に舌を絡めてきた。フェラもこの調子で、蟻の門渡りにまで舌を這わすので、ギンギンだ。

 正常位でまぐわうと「あんっ、ウチ、もうアカン、アカン、イグッ」と両手両足で羽交い絞めにされながらフィニッシュした。

 

和泉市・信太山新地・15分・7500円

「山へ行く」とは、地元では信太山新地へ女遊びをしに行くという隠語。観光客の姿は皆無だった

◯スタイルの良いコを狙うならココ!

 阪和線の信太山駅と聞いてニヤリと笑みを浮かべた殿方は、相当な遊び人だ。駅を降りると黄色いド派手な看板で有名な激安スーパーが真っ先に目に飛び込んできた。余談だが、スーパーの前のそば屋の釜めしは旨い。

 駅から線路沿いに歩いて行くと右手に信太山新地が見えてきた。通りから路地へ、続々と男たちが吸い込まれるように入って行くからスグにちょんの間の入り口は分かる。

 ココでは飛田みたいな顔見せはない。スタンドと呼ばれる置屋から旅館が女のコを呼ぶシステムだ。顔見せがないならタイプじゃないコが来たら嫌だって? そんな心配はご無用。路地で立っていたら、店に入る女のコが見られる。後を付けて行ってやり手ババアに「今のコ、頼むよ」と言えば、顔見せがないハンデなどない。この行為は男立ちんぼと言われ、失笑モノだが、恥をかかず遊べるか。

 この日もこうして女のコを物色した。すると、同じような仲間が増えてきて、お互いに情報交換もしあうようになった。

「例のアナル舐め店、復活したで」などなど貴重な情報を入手してから遊んだのは、信太山では高齢な部類に入る26歳の亜美さんだった。スラリと伸びた美脚に包まれたパンストがやたらソソって思わず指名した。