deraT

【原宿☆バンビーナ初ワンマンライブ大量画像レポート!】150人動員しなければメンバー総入れ替えはクリア出来たか!? 宮崎あや卒業、天使もえ、白石茉莉奈1日限定加入と話題だらけの原宿☆バンビーナライブを徹底取材!

「動員人数を発表します。手売りチケットが86枚。ネット販売が102枚。そして本日の動員数は・・・169人!」。

静まり返ったライブハウスに目標としていた動員数を超える数字が発表されると、ライブハウスには「ウォ~~!」という轟音が巻き上がり、隣の見知らぬ人と抱き合うファンたち。

ステージ上では顔をくしゃくしゃにし、号泣しながら喜びを分かち合うメンバーたち。

しかし、その一方で宮崎あやちゃんのAV引退に伴い、グループ卒業という事実にも向き合わなければならなかったメンバーとファン。喜びと悲しみは表裏一体なのか、様々な思いが交錯したワンマンライブだった。

12月21日、東京・下北沢ReGで行われた「原宿☆バンビーナ初ワンマンライブ『処女膜と逃げ場はもうNIGHT2018』」を大量画像でレポートします!

「初ワンマンライブに150人観客を動員出来なければメンバー総入れ替え!」。グループのプロデューサーであるMaybe Blue氏から出された課題をクリアすべく、新宿レッドノーズで7月から定期ライブを開催してきた原宿☆バンビーナ(宮崎あやちゃん、早川瑞希ちゃん、七海ゆあちゃん、榎本美咲ちゃん)。

その集大成ともいえる初ワンマンライブには天使もえちゃん(メンバーカラーはホワイト)と白石茉莉奈ちゃん(メンバーカラーはパープル)も1日限定でメンバー入り。かわいい後輩たちのために一肌脱いでくれました。

その甲斐もあり150人動員はクリア! メンバーもファンも歓喜に沸いたライブとなりました。

ライブは『Fantasmile!』、『fairyMagic』とオリジナル曲を立て続けに披露。定期ライブでもお馴染みの『ROSIER』(LUNA SEA)、『Diamonds』(プリンセスプリンセス)と一気に会場を爆発させます!

天使もえちゃん、白石茉莉奈ちゃんも以前から在籍していたメンバーかと思えるほど完璧な仕上がり。パフォーマーとしての才能を見せつけてくれました。

原宿☆バンビーナライブの後は「バンビーナの時は天使もえ、ソロの時はAMATSUKA」とコメントしAMATSUKAのライブに。オリジナル曲の『innocent Angel』でさらに会場をヒートアップ! 2曲目は『あいのうた』かと思いきや珍しいハプニングが!

あの完全無欠のAMATSUKAが曲を間違えるというかわいいらしい出来事が発生。『ラムのラブソング』を歌う予定を間違えてしまいましたが、恥ずかしがるレアなAMATSUKAが最高にキュートでした!

 

続いて白石茉莉奈ちゃんがかわいらしいサンタクロースコスチュームで登場。「原宿☆バンビーナをこんなにみなさんに愛されているグループに育てていただいたんだなと実感があります。憧れのバンビーナですから、ず~っと入りたいと思っていました」とMC。BoAの『メリクリ』などでクリスマス気分を盛り上げてくれました。

続いてはお楽しみ曲ということで定期ライブでも披露した『ハム太郎とっとこうた』をファンと一緒になり歌います。その際、ステージやフロアではぐるぐるとサークルが描かれ和やかな雰囲気に。『恋するフォーチュンクッキー』(AKB48)でも完璧な振り付けでファンを楽しませてくれました。

 

後半はスパンコールの衣裳にチェンジ。原宿☆バンビーナ待望の新曲『ひもいとあかき』、『びりびりけーん』の2曲を初披露。歌詞はプロデューサーであるMaybe Blue氏が作詞。無理難題を押し付けたり、歌詞を作ったりとお騒がせな存在です。

新曲発表の緊張感から解放されたのも束の間。運命の動員数発表の時が! 結果は冒頭の通り見事クリア! この1年間で数十本セクシーアイドルライブを取材してきましたが、これほど盛り上がり、会場全体が一体となった瞬間はありません!

6人のメンバーは涙を流し抱き合います。それと同時に宮崎あやちゃん卒業の瞬間が目の前に迫り現実となってきました。

ライブで予定されていた最後の曲『fairyMagic』を歌い終えると「大好きだよバイバイ!」と言ってステージを去る宮崎あやちゃん。

このままでは終われないファンは「アンコール」を絶叫。そのコールはいつしか「あやちゃん!」コールに変わり涙声で叫ぶファンも・・・。

 

その切実な叫びに応えギターを持って再登場した宮崎あやちゃん。

「150人達成出来て嬉しいです。今日まで応援してくれたみんな本当に本当にありがとうございます。みんなに早く会いたかったです。素敵な景色を見せてくれてありがとう。最後までバンビーナをやってきて本当に本当に楽しかったです。引退イベントまで1週間。最後まで明るく楽しくポジティブに! それが宮崎あやです。今日は『職業AV女優』を歌います。最後にこんな素敵な景色が見られて心の底から幸せって言えます。幸せ! ハピネス! みんなありがとう! 大好き!」

とメッセージを残し、You Tubeでも話題になったオリジナル曲『職業AV女優』を涙ながらに絶唱。会場からはすすり泣く声も聞かれ、ファンは悲しみに暮れました。

ここから宮崎あやちゃんの原宿☆バンビーナ卒業式が行われメンバーや天使もえちゃん、白石茉莉奈ちゃんから惜別の手紙が読まれ抱き合う場面も。

宮崎あやちゃん卒業後の体制となる早川瑞希ちゃん、七海ゆあちゃん、榎本美咲ちゃんの3人から『天使にふれたよ』(放課後ティータイム)が送別の歌として歌われ、より一層、悲しみに包まれる会場。

フロアはいつの間にか宮崎あやちゃんのイメージカラーであるピンク色に染められ、ファン代表から卒業証書と花束が贈呈。

しかし、悲しんでいては明るく楽しい宮崎あやちゃんを送れません。最後はメンバー全員笑顔で『Fantasmile!』を熱唱。最高のスマイルを宮崎あやちゃんと他のメンバーも見せてくれました。

ステージを去る際に「ありがとう! ありがとう!」と何度も繰り返す宮崎あやちゃん。その表情からはすっかり涙も消え、あやスマイル全開でした!

150人動員クリアの歓喜、宮崎あやちゃん卒業の涙を同時に体験した原宿☆バンビーナ。これほど熱く濃い時間を共有したグループは他にないでしょう。また、この経験を次回に活かし、さらに飛躍してくれることでしょう。

そして、最後にありがとう! 宮崎あやちゃん! あなたの最高のスマイルは忘れることがありません! ありがとう!!

(写真・取材:神楽坂文人

>>原宿☆バンビーナ感動のライブ大量画像はサイト下部の次ページリンクからどうぞ!