deraT

【長身美少女 三田杏インタビュー】「AV女優になるまでは、エッチが分からなかったんです。最初のフェラをしたときに『笑ってごらん』と言われて、ニコっと笑ったら、歯で裏スジを切っちゃって…(笑)」前編

SODstarからデビューして、現在キカタンとして活躍中の三田杏ちゃんインタビュー。
大きな瞳をキラキラさせながら、プライベートから作品についてなど、いろいろ話してくれました!

AV女優になってから「これが本当のエッチなんだ!」って。
両方気持ちよくなるのがエッチなんだって思いました。

三田杏(以下三田)よろしくお願いします!

── 現在、キタカンになっていますが、変わってみていかがですか?

三田 変わってみて……うーん。なんかSODさんのときって、ずっとひとりだったじゃないですか。キカタンになって、いろいろな人と関わるようになってコミュ障が治ってきました。

── コミュ障だったの?

三田 はい。コミュ障でした(笑)。他の女優さんとうまくやることもお仕事なんだなと思いました。

── AV女優になって、エッチに対する考え方って変わりました?

三田 変わりましたね、全然違う。
私のプライベートでのエッチと比べたとき「私は、大きめのオナニー道具だったんだ」って分かりました。

── あああ(笑)。

三田 相手の年齢は同い年だったのですが、向こうがいったら終わりみたいなパターンばかりで。
AV女優になってから「これが本当のエッチなんだ!」って。

両方気持ちよくなるのがエッチなんだって思いました。

いろいろなエッチの種類があるじゃないですか。SMだとかイチャラブとか。
世の中には、私が知らないエッチがまだたくさんあるんだと思うと楽しいです。

── プライベートでの経験人数の再確認をしましょう。

三田 ひとりです。

── 愛されていると思っていたら、そうでもなかった?

三田 どうなんでしょうね? 今は「違ったんだな」って思います。

── よくある会いたいって言われて、行ったらエッチするだけのやつですか?

三田 あああ……。あと私の場合、チューとかするとすぐに濡れちゃっていたんですよ。

── チョロい体だったんだ!

三田 言い方(笑)! だから、すんなりできちゃう。

── その時は、杏ちゃんが彼氏のことが好きだったのもあるんじゃない?
だから、チューされただけで脳内エロが大爆発しちゃっている。

三田 ふふふふふ(笑)。ですよね、たぶん。

── でも、男優さんは常に丁寧だけど、普通の人の場合「この子は大丈夫だ」って思うと、徐々に手を抜かれる。

三田 そうなんですよね……。

── そのころはどんなエッチをしてたの?

三田 AV女優になるまでは、エッチが分からなかったんです。
「フェラチオして」って言われたけれど、やり方が分からない。友達に聞いたりして、やっていたんで。

── エッチの前日にググった子がいたよ。

三田 気持ちは分かりますね。ググりたくなりますし、出てきますから。

── やってと言われるだけで、説明してくれる相手じゃなかったの?

三田 私は友達とかにすごい聞いて「でもフェラって、顔とかもブサイクになっちゃうじゃん」って思っていたんです。そして最初のフェラをしたときに「ニッて笑ってごらん」と言われて、ニコっと笑ったら、歯で裏スジを切っちゃって(笑)。

── 痛い痛い痛い!

三田 それ以来「やらないで」って言われて。だから、彼には3回ぐらいしかやっていないです。