deraT

ソープ、エステ、テレクラ、ポン引き…吉原にも負けない金津園を擁する風俗天国【岐阜】で遊びまくる!!(前編)【四十七都道府県フーゾク漫遊記】

少し足を伸ばせば名古屋の大風俗街があるにも関わらず、地元の男たちを魅了する岐阜の風俗街にはディープで怪しい雰囲気が街中に漂っていた!

岐阜市・エステ60分2万円

◯中にはヤレない女もいるので要注意!!

 柳ケ瀬通の風俗街を歩いていると、路上でアジアンのコたちと頻繁に出くわす。しかし、あまり誘ってこない。誘ってきたとしても「また後でね」と言ったらスグに退散する。

 アーケードの十字路で興味をソソったのは長身で美形のコ。界隈のアジアンたちは積極的でないのは分かっていた。  しかし、コチラから声をかけると交渉が不利になりそう。こんなケースではジッと凝視するに限る。すると、ほら見たことか。好みの長身アジアンが近づいてきた。

「マッサージどうですか?」
「う~ん」

 悩むポーズをすると「気持ちイイもあるですよ」とフェラヌキを提示してきた。

「もっと気持ちイイがあるなら遊ぶけどなぁ」
「本番したい? それは店で相談しましょう」

 外人は忖度下手だから、こんな時はハッキリと「セックスあるなら遊ぶよ」と言うに限る。すると観念したみたいで苦笑いしながら「あるよ」と言ったので遊ぶことにした。

 狭いヤリ部屋でお相手してくれたのは中国人のユイさん。28歳には思えぬ柔肌はとてもキレイで、ピンクの勃起乳首に吸い付くと「舐めさせてぇ」とフェラをしたがる。

 正常位で合体したら「いやんっ、いやぁ」と泣き喘ぎながら背中に爪を立て、最後は記者の肩を噛みながら昇天してしまった。

 

岐阜市・ポン引き50分1万5000円

◯柳ケ瀬通で誘う婆さんが本番案内

 岐阜駅を北口から出て8分ほど歩いて行くと、柳ケ瀬通の風俗街が見えてくる。かつては一大本サロスポットでもあったのに、今は見る影もない。アーケードが風俗街になっているのは、ちょっと群馬の高崎に似ている。

「ちょっと、ちょっと」

大声で手招きしたのは、フィリピンパブのオヤジだ。

「ひょっとして、連れ出しとかがあったりするの?」

 淡い期待を抱きながら言ってみたら「そんなことしたら捕まっちゃうよ」と寂しげな表情で言われた。ならばオヤジには用無しだが、街の情報を集めるためにも、ココで話を終わらせるのはもったいない。

 こんな時はコチラから積極的に街の様子を質問するに限る。この時のコツは「昔はよく通ってたけど」とかつての常連を装うことだ。するとオヤジは、本サロはすべて廃業届を出したから二度と復活しないことなどを詳しく教えてくれた。なるほど、そうであるなら本サロは探すだけ無駄だ。

 風俗街のメイン通りになっているアーケードで客引きしていたのは、エステのアジアンとパブのオヤジだけ。それならばと路地へ入って行くと、スグにコインパーキングの方からおばさんが駆け寄り、目の前に立ち塞がった。

「遊びを探してるんでしょ? 紹介してあげるよ」