deraT

【緊縛師・奈加あきらトークライブレポート!】川上ゆう、黒木いくみ、翔田千里、神納花、森下くるみ、友田真希、柴月いろはなど豪華女優・モデルが駆け付け伝説の緊縛師の還暦を祝う!

2月9日、東京・阿佐ヶ谷ロフトAで多くのAVや写真集で活躍する緊縛師・奈加あきら氏の還暦を祝うイベント「緊縛師 奈加あきら30周年祝&還暦祝トークライブ・この際だから全部喋っちゃえ!」が開催。奈加氏と関係が深いセクシー女優やAV関係者が多く集まり祝福!

奈加氏は麻縄緊縛の第一人者・濡木痴夢男氏に師事。
独自の「奈加流」を確立させ緊縛AVメーカー・シネマジックを中心に数々のAVや緊縛写真集に参加。現在も多くの女優から支持されている緊縛師です。

司会を務めるのは三代目葵マリーさん、進行役は神田つばきさんとこちらも豪華。

 

還暦の象徴である赤いちゃんちゃんこを着て登場した奈加氏は「こんなに来てくれるなんて思っていませんでした。4日間でほぼ(チケットが)完売でした。本当にありがたいです」と挨拶。
奈加氏の言葉通りここまで膨れ上がった阿佐ヶ谷ロフトAは見たことがありません!

特製のシャンパンタワーにシャンパンを注ぐ奈加氏。祝福の乾杯後、トークショーが始まりました。

 

まずは元人気セクシー女優で現在は文筆家として活躍する森下くるみさんが登場。

「奈加さんは女優さんのためにいる縛師でした」と森下くるみさん。

撮影の思い出を聞かれると「撮影の時のひどいことはひどいことじゃない。演出なんで。仕事もプライベートもお世話になり食事にも連れて行ってもらった」と振り返ります。その後も共演作話などで盛り上がりました。

 

続いては奈加作品には欠かせない存在の川上ゆうさんが登場。『奴隷市場の女』(シネマジック)が初の出会いとのこと。

「こんなにかわいい子がこんなことになっていいのかとドキドキした」と奈加氏。

川上ゆうさんは奈加氏からの緊縛体験を「縛られるのが慣れていなかったので、どういう表情、どういう態度をしていいのか分からなかった」と告白。

4月27日には「マニフェスTOKYO2019」で奈加氏と川上ゆうさんが出演。ぜひ、見たいものです!

前半はその他にも男優の桜井ちんたろうさんや写真家の杉浦則夫さんも登壇。昔話に花を咲かせました。

 

1部に続き2部も豪華ゲストが登場。

人気熟女女優の翔田千里さんとは『哀母近親相姦』(マドンナ)の撮影現場が初めての出会い。

「『マドンナ』は縄を解禁していなかった。それでも監督が『SMをやってみたい』と言ったので、『縄がなくてもSMは出来る』」と奈加氏が臨んだ作品。

翔田千里さんは「私のベスト3に入る作品」と言い、奈加氏は「僕の中ではデカい作品」と2人とも共通の思い。

「奈加さんの縄は温かくてお父さんに抱きしめられているようで泣いてしまう。お父さんにハグをされている感じ。私の女優人生の中でいちばんいい時に出会って、心に残る一生の宝物」と語る翔田千里さん。

そのコメントを聞いた三代目葵マリーさんが思わず「いい話だ!」とポツリ。

美しい顔立ちでハードな作品に出演する人気セクシー女優の神納花さんは、その翔田千里さんの話を聞き感涙。

奈加氏とは「21歳からの付き合いで、もう10年です」とのこと。「ゲロとか浣腸が混じったものを、再び浣腸するために濾してくれていた。でも、色々な液体まみれの私を(撮影の)カットがかかった瞬間ハグしてくれるんです」といいエピソードを語ってくれた神納花さん。

 

セクシー女優・黒木いくみちゃんは「ビンタシーンを土下座してお願いした」と壮絶なエピソードを語り、「娘を叩いている感じです。1回ビンタを逃げたから、そこから火が付いた」と奈加氏。信頼関係がある仲だからこそ語れる話。

 

緊縛モデルとして活躍する柴月いろはさんは奈加氏と海外のショーやレッスンに一緒に行く関係。「日本よりも海外の方が有名。『いろはスタイル』っていう言葉が生まれている。海外の人は縛られると仁王立ちだが、いろはさんはべた足ではなく、グニャっとなる。それが『いろはスタイル』」と柴月いろはさんを絶賛。

 

最後のゲストはセクシー女優の友田真希さん。「(緊縛)ショーを初めてやったのが友田さん」とマル秘エピソードも語ってくれました。

このように多くの豪華女優陣が次々に登場し、トークは最後まで熱を帯びました。

締めは「本当にありがとうございました。60歳はものすごく重く、人生の分岐点に来たのかなと。今後もさらなる進化をしていきます。まだまだ頑張ります」と感謝の言葉を述べる奈加氏。

終始、会場は和気あいあいとした雰囲気に包まれ、女優陣、関係者、ファンからの奈加氏への愛情を感じました。

今後も現役活動を続けると宣言した奈加氏。緊縛作品への飽くなき追及を期待します!

■奈加あきら氏の公式サイト:http://nakaakira.com/

(写真・取材 神楽坂文人