現役地下アイドルAV女優・小高里保インタビュー「ナニワの現役地下アイドルです! AV女優のイベント会場の店舗で 声をかけられAVデビューしました!」【前編】

★シェアお願いします

 

010-02

佐倉絆に憧れて初出演AV女優はお姫様だった!

——西の秋葉原こと大阪・日本橋の「買取りまっくす」「信長書店」のイベントの常連でしたと!

小高理保(以下、小高)もともとアイドルオタクで、ライブによく行ってたんですけど、仲間に「愛須心亜って知ってる? めっちゃ可愛いねん」って教えてもらって、初めてAV女優のイベントに行ったんです。

——愛須心亜は可愛かった?

小高 めっちゃロリで可愛かった。

——そこからAVにハマったの?

小高 アイドルと同じ感覚で見るようになったんです。
そうこうしてるうちに、きずぽん(佐倉絆)と出会って、あの可愛さに完全に持ってかれたんです!

——そんなAVオタクがAV女優に転身しました。きっかけは?

小高 何でもやってみたい精神なのがひとつの理由。もうひとつが、きずぽんのイベントに初めて行った時に、男の人から「関係者の方ですか?」て言われたんですよ。違いますよって言ったら「キミもAVやれば?」みたいに軽い感じで言うんです。それを真に受けた。それもあり?って。

——高校時代から日本橋でユニットを組んで地下アイドル活動もやっていたそうで。

小高 はい。だからあの街には私を知ってる人がたくさんいるんです。
AV女優として人気者になって、「買取りまっくす」「信長書店」でどんどんイベントをやりたいですね。

——さっきからステマに聞こえますが、今回この2店舗が全面協力プロデュースですからね。AVオタクということは好きな男優とかは?

小高 男優さんは全く眼中になかった。女優オタクだから、誰1人知らなかったんですよ。

——ロリとか可愛い系が一番好き?

小高 うん。最近大人っぽくなってきたけど、つぼみちゃんは小学校3年生から見てます。

——へえ、つぼみってスゴいな。小学生のコが二十歳になるまで魅了し続けているんやぁ! やはり、ぱっつん前髪の黒髪ロングがこだわり?

小高 ウチはそれはないです。飽きっぽいから美容院に行って何回か染めました。

——宇宙企画からのデビュー作。まだ僕は見ていないけど、やってみてどうだった?

小高 女優さんって、やっぱり大事にあつかわれるんやってめっちゃ思いましたよ。
セペもバスローブも用意されている。お姫様みたいって!

——そりゃ主演だからね。デビュー作のヌキ所を教えてください。

小高 男目線でAVを見たことがないからわからへんなァ。
あ、自分的にすごかったのは大量の潮吹きです。

——初めての潮吹き?

小高 吹いたことはあったんですけど、コレ潮? ていうくらいの量。
男優さんはやっぱり突く所が的確ですね。
自分がそんなに潮を吹くと思わなかったのと、潮吹きが気持ちいいって思ったのが初めて。これが発見。
あと、3Pで初めて駅弁の体位をやって、めっちゃ奥まで入る感じが気持ちよかったです。

——じゃあ、イキまくり?

小高 それが緊張していて記憶にないんですよねぇ。

——わかるわかる。

小高 めっちゃ叫んでたことしか憶えてません(笑)。

(後編に続く)

 

大阪弁がめっちゃカワイイ小高里保ちゃんの
インタビュー後半は明日更新!!

 

 

こだか・りほ
1995年9月20日生まれ
T160/B89(D)W59H89
兵庫県出身 O型
Twitter:@kodaka_riho

(掲載:『月刊DMM』2016年1月号)