潮吹きクイーン・紅音ほたるインタビュー「『紅音さんみたいな潮吹きをしたい』と相談されますが、私は撮影では水を 10リットル飲んでましたからね…」【前編】

★シェアお願いします

02

無理やりロリ系に軌道修正本来はギャルだった初期

——紅音ほたるさんといえば、潮吹きクイーンの名を欲しいままにした、まさに一世を風靡した女優というイメージがありますが、現役時代ってご本人にとってはどういう印象だったんですか?

ほたる もともとは黒人っぽいファッションが好きだったんですけど、最初の事務所では「ロリ系しか売れないんだから、ロリ系にしてきて」と言われて黒染めしたりして、ロリ系に順応しようとしてたんですけど、元々は洋ピンとかの方が好きだったんですね。

ふっきれてる感じというか、主体性を持ってやってる感じが好きで。

ロリ系がやりたいわけではなかったから、少しずつギャル系にしていって、それも受け入れられていったんですけど、今度はギャルものはギャルもので、わりと定番作品が決まっているというか。

——ロリでもギャルでも、あまり変化のない内容が多かったと。

ほたる そうなんです。

——2008年に引退されて、今はポールダンサーとしても、ポールダンスインストラクターとしても活躍されてますが、引退するときにこれをやる! と決めてたわけじゃないですよね?

ほたる はい。引退するきっかけは、自分の中でやりきっちゃった感じがあったことと、早稲田で行われたHIVのイベントで「若い男女がAVのせいで傷ついてることについてどう思いますか?」って質問されたことだったんです。

私にとっては、AVってファンタジーの世界だと思ってたんですけど、改めて周りの人に聞いてみると「何言ってんの? AVに憧れるし。AVを教科書にするに決まってるじゃん!」という意見なんですよね。

そう見えるように演出してるだけなんだよ、と伝えたいけど、現役時代はそう言うわけにもいかなくて。

——夢を壊すことになっちゃいますもんね。

ほたる はい、女の子限定の性の悩み相談SNSも始めましたが、「潮吹きを彼から求められるが、やり方がわからない」という相談はかなり多いです。

私は撮影用に1日10リットル以上水分を摂るので(汗)、ちょっと普通じゃない量ですよね(笑)。

そういう事も伝えたくて講演をしようと思ったんですけど、実際は講演依頼よりもクラブイベントに呼ばれることが多いです。

でも音楽イベントで固すぎるトークというのもちょっと違うのかなぁ、って。

——そうですよねぇ。

ほたる そこから「つけなあかんプロジェクト」っていう、コンドームにサインして渡すプロジェクトを始めたんですけど、それだけじゃ何なんで、DJしてみない? っていう話になって。

機械が苦手なんで、もう最初はミックスしたCDをかけるだけのエアDJから始めて。
でも、わかる人にはバレるから恥ずかしいんですよ。ダサいなと自分でも思ったし。
それでDJも練習するようになったんです。

明日公開のインタビュー後編ではAV引退後の
現在の活動や恋愛についても聞いちゃいます! 

あかね・ほたる
1983年10月25日生まれ
T157/B83W58H83
大阪府出身 O型

【紅音ほたるさんの今後の活動はこちらでチェック!】
Twitter:@akanehotaru1025
LINE公式ブログ:http://lineblog.me/akanehotaru/
Facebook:https://www.facebook.com/AkaneHotaruOfficial/
Instagram:https://instagram.com/akanehotaru/

(掲載:『月刊DMM』2016年1月号掲載 インタビュー:雨宮まみ