「絶対にバレないからと説得され、気がつけばカメラの前でセックスしていたんです…」【リアル人妻】の赤裸々アブノーマル体験告白手記。

★シェアお願いします

01

ほんの興味本位で始めたアルバイトだったはずが、気づけばカメラの前で大勢の男たちに犯されるハメに…。リアル人妻の赤裸々アブノーマル体験告白手記をリポート!

ただのパーツモデルという話のはずが、気付けばAV出演!?「今は夫にバレてないことだけが救いです…。」

神原萌絵(28歳・仮名)の手記
街中でモデルのスカウトを受けた人妻の萌絵さん。当初はパーツモデルという話で簡単なバイトのつもりで事務所に所属するが、そのうちオファーを受ける仕事がどんどん過激になっていったという…。

IMG_0930

あれはたしか2年ほど前の夏…、

買い物で街に出掛けた時にスカウトされました。

その頃すでに26歳で結婚もしていた私。

当然、夜の仕事だろうから無視しようと思っていたら、

そのスカウトが言うには

「足のモデルをしないか?」とのこと。

03

私、足には自信があって、

その時もいい年してホットパンツを穿いていたんですよね。  

詳しく話を聞いたら、主な仕事は雑誌の撮影やCMなどで

「とりあえず登録だけしておいて、

こちらがとってきた仕事を気に入れば受けて、

気に入らなければ断ってくれていい」そうです。

私は、簡単なアルバイト感覚くららいのつもりで…

IMG_1599

とりあえず登録してみることにしました。  

最初は1ヶ月に3本くらいの仕事をしました。

ただ、CMはなくて、来るのは雑誌の足モデルばかり。

仕事は楽しかったけど、ギャラは雀の涙。

で、仕事を始めて半年ほどが経ち、

ちょうど「もうちょっと稼ぎたい」って欲が出てきた頃、

最初のスカウトの方が

「水着のモデルやってみない? お金になるよ」

06

って言ってきたんです。思わず飛びついちゃいましたね。  

ところが話はそれだけではありません。

水着の仕事も何度がこなすうち、

だんだん肌を露出させることに慣れてくるんですよね。

するとスカウトの方が今度は

「AVの仕事があるんだけど…」と言ってきたんです。  

もちろん悩みました。

でも「企画物でパッケージに顔が映ることもないから、

ダンナにも絶対バレない」って力説されて、

つい受けちゃって…。  

04

撮影の日のことはきっと一生忘れません。

「美脚妻を落とした」という態で、

汁男優の方々に次々犯されイカされ、自慢の足をザーメンまみれ

にされちゃったんです。

最後は「私なんでこんなことしてるんだろう?」って思ったら、

涙が出てきましたね。

今は夫にAV出演がバレてないことだけが救いです…。

05

(記事参照元=「ズバ王」2015年12月号)