【祝・復活!】尾上若葉インタビュー「やるんだったらとことんやろう。 『尾上若葉って知ってる!』っていうぐらいになりたい」【前編】

★シェアお願いします

066-01

 昨年末、電撃復活をとげた尾上若葉ちゃんにインタビュー!!
復帰の理由やお休み中の出来事などたっぷり聞いちゃいました! 

引退の理由はデビュー前から 決まってたカナダへの留学

─ 今日はありがとうございます。早速ですが、尾上さんが一度、引退された経緯を教えて下さい。

尾上 元々、デビューする前から、2013年の9月にカナダへ半年間留学することが決まっていたんです。
デビューが2012年なので、一年半ぐらいの期間限定ですね。

─ AVをお休みしていた2年間に彼氏はいなかったんですか?

尾上 いないですね。凄いロリ顔なので対象に見られないんですよ。
カナダでも「君はまだまだ子どもだから〜」みたいな感じだったので。
日本人もいたんですけど、恋愛関係にはならなかったですね。

─ そのまま普通の女の子に戻るはずだったんですよね。それが復活しようって思ったきっかけがあったんですか?

尾上 実は引退前、いろんなメーカーに出て名前もちょっとは知られるようになっていた時に「辞めたくない」って思っていたんです。

留学を伸ばそうかとも考えたんですけど、でも、AVより前に留学は決めてたし、(所属事務所の)社長も「人生をちゃんと後悔しないようにやってほしい」って言ってくれて。

─ 「もう一年留学伸ばそう」って言ってもおかしくないですよね。

尾上 そう、ちゃんと私の人生まで考えてくれてるんだって思ったら、自分が決めたことはやり通さないといけないなって思って、引退して留学したんです。

だけど、日本に戻って来た時に、亜衣ちゃんやティアちゃん、こじみなとかまなちゃんをテレビを観て「私ももしかしたらあそこにいたのかな?」って思っちゃったんです。
でも、今さら戻れないしなぁとも思ってて。

そんな時に社長から「今度ご飯食べに行こう」って誘われて。

そこでそういう話もしたんですけど、社長からは「別にやらなくてもいいし、決めるのは若葉ちゃんだから」って言われたんです。

その時に「あ、戻ってもいいんだ!」って思って。

─ なるほど。「戻らなくてもいい」は逆に言えば「戻ってもきてもいい」ってことですもんね。

 

尾上 それで今度やるんだったらとことんやろうって。
前はNGだったテレビにも出て「尾上若葉って知ってる!」っていうぐらいになりたいって思ったんです。

だから家族にも説明しました。あと、引退中はブログをやってなかったんですけど、書き込みはあって、もうそれが凄く嬉しかったんです。

どんどん新しいAV女優さんが出てくる中で、私の事覚えててくれる人たちがいるんだと思ったら、その期待にもう一回応えたいっていうのも強くて。

─ そもそもAVに出たのはなぜ?

尾上 まずAVする前からエッチは好きだったんですよ。でもAVは見たことが無くて。

─ 経験人数は?

尾上 10人いるかいないか位かな。

─ AVでやっていたようなプレイはしていたんですか?

尾上 無かったです全然。本当にプライベートではノーマルなエッチしかしたことなかったんです。

─ ノーマルなエッチって?

尾上 バイブとかオモチャとかも使ったこと無かったし、フェラはあったけどシックスナインは無かったし、体位っていったら正常位と騎乗位、バックがあったか無かったかっていうぐらいのレベルで。

─ そんな尾上さんが、ハードプレイをAVで解禁していたのはなぜ?

尾上 不安だけど、やってみたいっていうのが前提にあったんです。
ノーマルしか経験無いからいろんなエッチの方法をやってみて、どのエッチが一番自分に合ってるのかなっていうのが知りたかったんです。

(後編に続く)

おのうえ・わかば
1992年4月15日生まれ
T152cm B88cm(Fカップ) W58cm H89cm
Twitter:@wakabaonoue

タイトルの文言が出てないって?
それは明日公開の後編を読めばわかりますから、楽しみに待っててくださいね!
我慢できない人には、とりあえず復活作の感想▼置いときますね♥

復活 尾上若葉

商品の詳細を見る

【復活をみんなが待ってたよ…ぎこちないHを抜いて応援!!】

本編中、何度もためらう仕草。ああ、やっぱり「AV無理」なアノ娘なんだなと懐かしい気持ちになってしまった。

初脱ぎであっても下着までで手が止まってしまい、「全裸ですか?」と許しを請うようなまなざしを向けてくるところ。ああ、引退前は飲尿までいった彼女が久々に見せた無防備な姿だ!

電撃復帰といわれちゃいるが、一般人としての日常を「楽しかったけど、物足りなかった」と振り返っていた彼女にとっては待ち望んでいたことだったのかもしれない。

では、復帰して初となるカラミにいこう。大の字に足を広げてリラックスした状態で愛撫を受け入ると、すぐにクチュクチュと濡れはじめるのには思わずにんまり。

引退後は「エッチの回数も減って、それも激しくなくて…。おかげでオナニーの回数が増えちゃいました」とはにかむムッツリ娘。感度はそのまま、性欲は臨界点といったところ……。

心もち大きくなったというバストはいまやHカップ、ゆえに彼女をスターダムへと押し上げたはにかみパイズリもパワーアップ。「すごい、近い」とキョドってみせたり「痛くないですか? ツバ垂らしたほうが気持ちいいですか?」とヘンに気を使うところもデビュー当時のあの、いい子の顔。

正常位、騎乗位、バック…復帰リハビリのベーシックな体位でのカラミだが、それでもお澄まししていられない歓喜の顔を見せ、ゆっさゆっさと柔らかな肌を揺らす。その感度、よし。

2年のブランクを感じるのはそのぎこちなさ。
ラストの3Pでは巨根男優のオラオラ攻めに振り回されて、ペースを保てず何度でもイク! 汗だくでへばる! それでも「気持ちいい〜っ!!」と本音で喘ぐ! 

もとよりポテンシャルの高いエロ娘、完全復帰は近そうだが、今策ではこのぎこちなくエロい姿をこそ愛でて、ヌキたいものです。 (文:豆あき)

 スクリーンショット 2016-01-22 20.58.26

(掲載:『月刊DMM』2016年2月号)