レビュー一覧

【究極AVレビュー】松岡ちな『松岡ちな 超高級新人ソープ嬢』

★シェアお願いします

全身をなぞる超美巨乳の感触だけでもうイカされちゃう!

DVD『松岡ちな 超高級新人ソープ嬢』(SODstar)

先日松岡ちなちゃんのインタビューさせてもらったんですが、一目見た感想は「小っちゃ!」。
148センチということで、それでいてAVで見ると普通かそれ以上に高く見えるということは、それほど身体のバランスが良いということ。
そんなミニで身体がエロい彼女が全身で奉仕するソーププレイ、
そりゃ気持ちよくないわけがないでしょ!

まずはセーラー服姿で登場、整った年上顔なので妙に昭和感出てしまうのが痛し痒しですが、
パイズリからのパイ揉まれでその柔らかさと敏感さを堪能。
シックスナイン状態から膣周りの残り毛がワイセツなアソコを舐めまわし、
部屋に入ってまだ数十分というのに正常位挿入からの乳射。
まあこのカラダ見たら押さえられないよね。

続いてはソープ定番のお風呂で潜望鏡からのマットプレイ。
またシズル感といいますか、細かな泡が彼女のオッパイをさらにヤラしく見せてくれます。
ボディ洗いに、アソコに指を一本ずつ入れるツボ洗いは挿入のたびにうっとり顔するのがまたヤラシイ。
また男の胸の上で滑る爆乳の肉感が素晴らしい! 
足の指まで舐める奉仕からの騎乗位挿入は肉厚なアソコの感触も気持ちよさそうだけど、オッパイの揺れも見もの。
最後は正常位からの舌受け発射。
ザーメンまみれで笑顔の彼女が愛らしいです。

後半は密室風のプレイルームでもう一発。
全編主観風カメラによる撮影ですが、こういうシチュエーションの方がハマりますね。
指マンでじっくりアソコの濡れ方を楽しむところが生々しい。
再び騎乗位の腰グラインドで男のザーメンを搾り取られる。
最後には先輩ソープ嬢による講習シーンも収録。
こんな超イイ女の超イイソープ、「超高級」なんて言葉じゃ済まないくらいの値段取られそうですね……。 

(掲載/『月刊DMM6月号』)


【究極AVレビュー】桜井あゆ『上品な淫語便器』

★シェアお願いします

 

優雅な口調で放たれる淫語で癒され、責められ、骨抜きに

DVD『『上品な淫語便器』』(ドグマ)

DVD『『上品な淫語便器』』(ドグマ)

「上品な淫語」ってさあ、そもそも「淫語が上品」なわけないじゃん?
「冷静な情熱家」みたいなこと? など屁理屈を垂れていた私も見て納得、聞いて満足、実用度、完成度双方ともに高得点な1作でした。
全編を通して着物姿のあゆちゃんが画面越しの「旦那様」に切々と柔らかな声と丁寧でゆっくりとした語り口で淫らな言葉を投げかけていきます。

まずは「癒しのシコシコ」なる手コキ。
「いつも頑張っている旦那様♡」と健気な台詞で手淫を開始。
「物欲しそうな顔してますよ♪」→「涎を垂らしていきますね」→「どうしてほしいですか?」と「痴女のホウレンソウ(報告連絡相談)」ルールに乗っ取って次から次へと淫語を投げかけシゴいていきます。
終始、優しい口調なのに、手は容赦なく動き続けるのがポイント。男潮まで吹かせます。

お次は肉棒をパンツの上からクンカクンカし、「くっさぁ〜い」と羞恥心を煽るあゆちゃん。
耳に心地よいソフトな声にウットリしていたらいきなり妖怪の断末魔の叫びのような「ぐええぇぇ…」というバキューム音が。
美女から発せられると思えない下品な音に脳天を直撃、鳥肌勃発でございます。

その後、少し趣向を変えて旦那様を「僕ちゃん」と呼ぶ赤ちゃんプレイへ突入。
肉竿を両手で交互に握り擦る「げんこつ手マ○コ」なる表現は神がかっていて衝撃的でした。

また最後は赤ふんどし姿で旦那様に股がり騎乗位挿入。
これまで脱ぎのシーンがなかった分だけ、このタイミングの露出にはテンションぶちアゲ。
ゆっくりじっくり出し入れを見せるM字騎乗位は流石です。

途切れることのない一人語りに、ヒーリング効果のありそうなあゆちゃんのエロ美声と微笑み…
どうぞ今宵は耳にヘッドホン、片手にオナホで上品な淫語の世界をゆるりお楽しみくださいませ、ウフ。 

(掲載/『月刊DMM6月号』)


【究極AVレビュー】西田カリナ『美女をダメにした ポルチオ大改造』

★シェアお願いします

初めてでここまでアナルが感じちゃうなんて天性の素質!

DVD『美女をダメにした ポルチオ大改造』(ムーディーズ)

DVD『美女をダメにした ポルチオ大改造』(ムーディーズ)

スレンダーなハーフの美少女、しかも処女でAVデビューしたけれど、実はドMという西田カリナちゃん。
ムーディーズに移籍して第二弾となる本作も、彼女のエロっぷりが存分に発揮されていますよ。

今回のテーマはポルチオ開発。
子宮の奥にある性感帯で、そこを責められた時の快楽のすごさはベイビーエンターテイメントファンなら、ご存知ですね(笑)。

この撮影のために3日間のオナ禁を命じられていたカリナちゃんは、
ちょっと触られただけでエロモードにスイッチが入っちゃいます。
そしてバイブでポルチオ刺激。

「いやっ! いやっ! もうダメっ〜!」

と狂ったように大絶叫。やっぱりポルチオはすごいですね。
その後にチンコを挿入されても感じまくりで、初めての中イキに感動して涙が出ちゃうほど。

ところが、ポルチオ開発はここで終わりで、ちょっと肩透かし。
タイトルから、徹底したポルチオ責めを期待してた人には物足りないかもしれないですね。

しかし、この後のカリナちゃんの感じっぷりはそんな不満を吹き飛ばすほどなのです。
まずはM字開脚での緊縛。
実はカリナちゃんは大の緊縛好きで、AVデビュー前、つまり処女の時に自ら応募して緊縛ショーのモデルをやったことがあるほど。
今も監督面接の時に撮影内容を説明されると「緊縛はないんですか? 入れましょうよ」と自分から言い出すほどなんだとか。

そんなカリナちゃんですから、縛られるだけで目がトロンとしてます。
さらに低周波治療器で身体中を刺激され、ローターや電マで責められると、またまた大絶叫。
そして男優5人に身体中を舐めまくられ、ぶっかけされてしまいます。

しかし、本作のクライマックスはこの後です。
カリナちゃんがずっと興味があったというアナルプレイに初挑戦。
その前にお腹を綺麗にしておかないとと浣腸! 
かなり大量に注入されてます。
入れられてる時の表情が切なげで、素晴らしいですね。
我慢できなくなるとトイレに駆け込んでしまい、残念ながら排泄シーンはありませんでした。

さぁ、いよいよアナル開発です。
大きめのアナルボールを挿入。スムーズに入っちゃうし、しっかりと感じてるじゃないですか、カリナちゃん。
後ろに入れたまま、前にもチンコを入れちゃうなんて同時挿入までしちゃいます。
さらにはかなり太めのバイブまでアナルに挿入! 
「こっちの方が気持ちいいかもしれない……」なんて発言もあり、これは十分すぎる素質じゃないですか。

というわけで、ポルチオよりアナル開発の方がインパクトの強い作品になっております。
いや、もうここまで出来るなら、早く本格的なアナル作品が見たいですね。
きっちり緊縛してアナル開発という感じで。そんな期待が高まる一作でありました! 

(掲載/『月刊DMM6月号』)


【究極AVレビュー】葵つかさ『僕だけのヌードモデル』

★シェアお願いします

芸術という名の建前の元で…美術教室で激ピストン連発!

DVD『僕だけのヌードモデル』(アリスジャパン)

AVデビューから5年目を迎えたつーちゃんは、未だに少女の幼さを残した24歳だ。
今回は、美術同好会に所属する好きな男子に近づくため、
自らヌードモデルを提案する健気な女子大生を熱演。

モデルを務めるに当たり、アソコを突き出す卑猥なポーズを要求され、
好きな男に振り向いてもらうために必死で応じるつかさ。
恥ずかしさで瞳もアソコもじっとり濡れている。
男もさすがに我慢できなくなり、自分も服を脱ぎ捨ててお互いを求め合い…。
結合部を見せつけられ「ダメ、恥ずかしいよ」なんて言いながら悶える。
そして付き合うことになった2人。
愛に溢れた、甘酸っぱいSEXも良いものですな。

ところがその状況を他の人にも知られてしまい、皆のヌードモデルを務めることになってしまった。デッサンするはずの教室で、彼氏と先輩での3Pプレイになだれ込み…。
この先輩、かなりねちっこい性癖の持ち主で、
つかさの体力、気力ともに消耗させてしまう恐るべき人物。

激突きでイカされ、ぐったりした彼女を容赦なく転がしまくるのだ。
後輩にお尻が真っ赤になるほどスパンキングさせ、彼女が泣いてもお構いなし。
しかし2連続ロングSEXに、彼女の性欲は燃え盛り…。

遂に彼氏に別れを告げ、皆の慰みものになることに悦びを感じるようになったつかさ。
男子の新入生相手に、彼女自らモデルになってヌードデッサン指導まで。
ディープスロートに光速手コキで発射寸前の男子に
「すごい上向いてるわよ。イヤラシイ」
なんて言葉まで投げかける。

今回、片思いする清純な少女から、あっという間にビッチへと成り下がった女子大生役を好演した彼女。
いつも通りの安定したドラマものは、安心するけどちょっとマンネリを感じるのも確か。
だけど、メーカーに溺愛される彼女にはこの路線が妥当、現状で満足することとしよう。

(掲載/『月刊DMM5月号』)


【究極AVレビュー】「『女なら一度はセックスで失神してみたい!』 世界最大級のメガチ○ポスター大集結 ! ハードすぎる異人種中出しセックスに初美沙希が挑む!!」

★シェアお願いします

初美沙希ちゃんの素顔はメガチンポにも暴けない!

DVD「『女なら一度はセックスで失神してみたい!』 世界最大級のメガチ○ポスター大集結 ! ハードすぎる異人種中出しセックスに初美沙希が挑む!!」

DVD「『女なら一度はセックスで失神してみたい!』
世界最大級のメガチ○ポスター大集結 !
ハードすぎる異人種中出しセックスに初美沙希が挑む!!」

毎月AVを観てはごちゃごちゃとレビューを書いているわけですが、
結局のところ「面識のある女優さんの作品が一番ヌケる」って偉い人が言ってました! 
いうことで、やっと面識ある女優さんの作品が巡ってきたのですが……。

おっとりした話し方と仕草で、どんな作品も器用にこなす初美沙希ちゃんが、
今作では渡米して(!)「女なら一度はセックスで失神してみたい」というテーマのもと、メガチンポに挑みます。
これが本当に規格外の大きさで、現地の女優さんですら根元まで入りきっていません。

そんなメガチンポの国に挑んでいくのですが、
ポルノの撮影現場で未成年ではないかと疑われる幕開け。
たしかにアメリカの女優さんや男優さんと並ぶと、小さい子どものように見えます。
しかし、通じない英語に戸惑っていた沙希ちゃんも、
撮影が始まるとプロ女優の表情で現場に溶け込んでいきます。
セックスって偉大だなあ。

ポルノ現場で撮影されているのがス○イダーマンのパロディだったり、
黒人男性の右腕に「天下無敵」と刺青が入っているのに誰も触れなかったりと、
ところどころ笑える要素が盛り込まれているのですが、
黒人男性4人に囲まれてのセックスは痛々しかったです。
「気持ちよすぎて失神」がテーマなのですが、メガチンポは痛そう。
最初はいつも通り気丈に振舞っていた沙希ちゃんも、挿入されるたび不自然に力み、
途中からいよいよ泣き出してしまいます。

なんとか全員を射精させた後のインタビューで、号泣しながら
「初めての経験でびっくりした」
と涙の理由を話していました。絶対に痛いと言わない沙希ちゃんの甲斐甲斐しさに心打たれます。
ここまでが演技だったらどうしよう。
いや、騙されても構わない!

近頃は女優さんのイベントも増えていますから、
是非足を運んで面識ある女優さんのAV鑑賞をお勧めします。

(掲載/『DMM5月号』)


【究極AVレビュー】紗倉まな『紗倉まな お姉さんの高級 ランジェリーに魅せられて…』

★シェアお願いします

すべてのフェチものは見習え下着への執念を感じる逸品

DVD『紗倉まな お姉さんの高級 ランジェリーに魅せられて…』(SODstar)

DVD『紗倉まな お姉さんの高級
ランジェリーに魅せられて…』(SODstar)

ガール・イズ・ホール! 
女とか要するに穴! 
穴だけが生まれてきた意味! 
膣にドプッドプッ注いでやるから、せいぜいでっかいマン屁鳴らしてみせろよ! オラァ!……

なんて思っていた自分も紗倉まなチャンに出会って愛を知った。
ソーリー、ガールズ。女にも人格、あったんだネ……。

今回の作品もまなチャンがカワイイ、カワイイ、超カワイ〜! 
頭わりとしっかり振るキツめのお掃除フェラが痴女感強くてグー。

あと製作陣にも拍手を送りたいね。
なぜかってこの下着フェチぶり! 
コスプレものなんかでも途中で全裸に剥く(衣装の意味ねーじゃねーかよ!)ものが多いなか、
この作品は、最後まで絶対に下着は着けたまま、挿入もパンツの脇からという徹底ぶり。
ほかにもブラぶっかけにパンツコキとこだわりのプレイが満載。
スタッフ! お前ら性癖歪んでるなッ!? 
表面だけなぞったようなフェチものが増えた現代で光り輝く、情熱に満ちた1本。
とくにブラに下からちんちんねじこんでのパイズリは、変態のひらめきを感じさせる。

ただ、ひとつだけ疑問。
まなファンとして心を鬼にして言いますが、なぜ主演がロリ系のまなチャン……? 
可愛いのは確かだけどウルトラベビーフェイスのまなチャンが高級ランジェリー似合うとは、
ファン100人集めてもいまいち同意得られない意見なのでは? 
こどもちっく女優サンに着せるからこそ、コドモと下着の両方の魅力が引き立つということ? 
うーむ。理解はできるが、これだけ熱くたぎる下着愛は、ストレートにぶつけてほしかった気もするぞォ!

あー、でも2次元っぽいまなチャンだからこそ
パンツコキみたいなエロ漫画プレイがバチッとハマるってのはあるかもなぁ。
ふーむ、考え方はいろいろはあれど、なんにせよまなチャンは天使という結論だな! 

(掲載/『月刊DMM5月号』)


【究極AVレビュー】前田さおり『最強の剣道女子大生 真正中出し解禁!!』

★シェアお願いします

剣道一筋美少女がチン道に転身真剣勝負は生じゃないとダメ!

DVD『最強の剣道女子大生 真正中出し解禁!!』(本中)

DVD『最強の剣道女子大生
真正中出し解禁!!』(本中)

デビュー作が個人的な性癖を差っ引いても素晴らしく、昨年の個人ベストAVとして先月号に少し書かせてもらいましたが、遂に二本目まで、嬉しいな〜! 
僕が彼女をどのくらい好きかというと、仕事を受ける前に既にwebのDMMのサンプル動画で何度か抜いていたってレベルです。

さて、二本目なのに本中で生中出し。
相も変わらず茨の道を往くさおりちゃんです。
前作は自分が初めて付き合った女の子気分で、初々しいところを楽しんだのですが、
今作はなんというか、別れた彼女が別の男に仕込まれ過激に変化する様をまじまじと見せつけられたような気分です(NTR属性発動)。

全裸に面を付けた状態で手淫させられたり、
チンポを竹刀に見立てて小手を打たれたり、
ピストンのかけ声が揃って「突き、突き、突き〜っ!」
真面目な剣道家たちが泣きながら肉棒を扱く様が容易に想像できます。

しかも、共にチン道を邁進する仲間たちはイカ臭そうな童貞風な男ばかり。
セックスで中出しされるならいざ知らず、
乳やパンツ、素股でシコっては、ザーメンだけは膣に入れられる肉便器状態。
それでも満更じゃない姿に、アイツ変わっちまったな…とは思わずにはいられません。

最後にはこれまでの特訓の成果を見せようと、師範の見守る前で先輩チン道家に挑む。
二人が交互に迫りくる、これぞ、かかり稽古ならぬ、膣にザーメンがぶっかかり稽古!
「セックスは結婚してから…」なんてセリフが似合いそうだった彼女は、
今では前から後ろから突かれまくってはアヘ顔を晒すまでに変貌。
しかも、ヤラれてばかりではなく、この合宿で鍛え上げた腰使いを駆使してチンポを射精へ誘う! 
当然ながら、出されるところは全発生中出し。
合計6発のザーメンを受け切って、彼女の戦いは幕を閉じる! 

(掲載/『月刊DMM5月号』)


【究極AVレビュー】蓮実クレア『中出しグラマラス』

★シェアお願いします

現代のセックスシンボルと…しっぽり田舎旅で究極イキ姦

DVD『中出しグラマラス』(ハマジム)

DVD『中出しグラマラス』(ハマジム)

今やアイドルの解散コンサートドキュメントを監督し、一般層へもその名が知られているカンパニー松尾ミーツAV界のスター・蓮実クレア。

いつでもプロ根性を忘れない蓮実と、リアルなセックスが撮りたい監督。
今回3回目の撮影となる彼女を温泉旅行へと誘い出す。
お互い気心が知れているようで、ゆるーい雰囲気で本編スタート。ユルユル過ぎて、ちょっと心配…。  

旅館に着くなり、いきなり混浴する2人。
まっハメ撮りの既定路線だ。
浴槽の縁に足をかけ、大開脚したエロい体勢を取るクレアさん。
「クチュクチュしてるぅ」と先っちょと膣口が触れ合う感触を堪能した後、ツルッとナマ挿入。
「ゴリゴリするぅ」お湯をチャプチャプさせながら、生チンを膣奥で味わう…監督との息ぴったりで既にドスケベ。
しかし、これはまだまだ序の口!  

次の日、田舎道をドライブデートしながら、Hを全くせずゲームばかりしている日常を告白。
すると、いきなり田舎道に車を止めてゲリラ的カーセックスに突入。
いくら誰もいないとは言え、ちょっと刺激的過ぎるのでは…。

初めは戸惑いを見せた彼女であったが、監督のいきり立つチンポを見て、欲情した様子。
編みタイツを破り、パンティを横にずらした格好で、大胆にもずっぽり挿入。
「オチンチン抜くとき引っ張られる」
「あぁすごい、ニュルニュルだぁ」
中出しされても腰を振り続け、監督を困らせる小悪魔。
プレイ後は膣内に溜まったザーメンを拭かずに発車、クレアの下半身はベットベト!  
どんなことをしても動じない、菩薩のようなクレアさん。
ゲリラ的撮影も百戦錬磨の彼女にとっては、そこまでは刺激的では無かったのかも。
しかし、監督の優しさを信じ身を委ねる彼女、懐が大きい女性だと実感。

今作は、エロ度は決して特別では無いが、彼女の性格の良さを垣間見ることができる貴重な作品だ。

(掲載/『月刊DMM5月号』)


【究極AVレビュー】湊莉久『催眠中出しオナホール』

★シェアお願いします

どんな男優よりも催眠効果が本気の彼女を引き出した!

DVD『催眠中出しオナホール』(本中)

本作はAV定番の催眠術もの。
これはもう信じるか信じないかはアナタ次第! っていうジャンルではあるんですが、いつも以上に泣いたり笑ったりブチ切れたりする莉久ちゃんは見もの。
ちなみにワタクシは以前催眠術者に取材してまんまとかかった事があるので肯定派です。

最初はコインやライターの炎を使っての予備催眠で術師の命令通り立てなくなったり。
それが徐々に触りもしないのに気持ちよくなるエロ催眠へ。
最初のセックスは感度をいつも以上に上げられ、ヤラれればヤラれるほど快感が蓄積されてしまう。
もう術師の言葉にまんまとハマってる莉久ちゃん、ずっと声をかける男優の方を見つめてるトロケ具合はたしかに本気。
もうピストンともなると「死んじゃうー!」の絶叫。
そこに「中に出すよ、と言われたらさらに高まる!」と催眠をかけられ、さらに快感は急上昇。

催眠パワーは彼女の記憶さえもすり替え、
「今日は初中出しの現場」
「相手は嫌な汁男優」
という刷り込みに超ウンザリ顔で膣内発射される。

催眠を解かれ超機嫌悪くなってしまった自分にもビックリ。
そして最後は「コンドームをつけられると外したくなる」催眠をかけられてセックス。
感度は相変わらず上々で、男の服の上からの愛撫でもビキビキ身悶え。
術どおりにコンドームをつけて挿入しようとすると自ら引き剥がしてナマ挿入。
ラストは「中に出してくださぁぁい!!」と連呼しながらたっぷり膣内発射。

催眠術で自分のたがを外してブッ飛んでしまう女優たちの姿は強烈。

(掲載/『月刊DMM5月号』)


【究極AVレビュー】京野明日香『特務捜査官拷問 NEXT GENERATION FILE 1』

★シェアお願いします

執拗な股間責めに全身痙攣!快楽に震え苦しむ悶絶拷問!

DVD『特務捜査官拷問  NEXT GENERATION FILE 1』(BLACK BABY)

DVD『特務捜査官拷問
NEXT GENERATION FILE 1』(BLACK BABY)

 特捜捜査官の明日香が極秘裏で単独捜査を行ない見つけ出した怪しいチップ。
すぐさま解析を依頼したが、彼女は追っ手に捕まり…。

ベイビー定番のイカセ拷問。
しつこいほどの股間責めで女を堕としていく。
ばば☆ザ☆ばびぃと佐川銀二が性拷問するって一体どんな天国だよとM女脳で鑑賞。
捕まって吊られ電マで散々イカされたあとは四つん這いになって指、バイブ、電マでのしつこいマ○コ責め。
最初は耐えていた捜査官・明日香も額に汗し、目は潤み、何度も痙攣しては昇天してしまうように。
本作のマ○コ責めくらいしつこく書くけど、京野明日香嬢の一番エロい表情、瞬間というのは「堕ちた」顔。
詰問する相手に唾を吐き
「ふざけんな!」「やめろ!」
と抗う姿もとてもイヤラしいのだけど、
耐えられずスイッチが入ってしまい快楽を受け入れたあの顔がゾクゾクするほどイヤラしい。

プレイがすすむほどに目が抵抗→怒り→諦め→惚け→色魔と変化していく…きっと彼女はかなりM性の高い人なんだろうな。
M性があるからエロに対しての妄想力も高く、全てを受け入れて快楽に変えてしまう。
淫聖母と言っても過言ではない、と思う。

四つん這いで足腰が立たなくなるほどマンコ責めにあったあとは台へ磔にしてマンコ責め。
そして拘束椅子でやっと衣服を剥ぎ取られ全裸となりマンコ責めに…。
椅子では同社の鉄板アイテムマンホジドリルも投入され、涙や涎どころか鼻水を流してイッてもイッても終わらない地獄の快楽へ。
あそこまでマンコを責められたら最後のセックスでトロけてしまうのは必然。

最後は捜査官のプライドもかなぐり捨ててチンポに酔い痴れる狂乱と惚気からくる可愛らしさでエロと萌えが交互に訪れる。
京野明日香の魅力と「堕ちる」エロス最大にを引き出した良作。 

(掲載/『月刊DMM5月号』)