「 東凛 」一覧

【究極AVレビュー!】東凛『ヤラしい義父の嫁いぢり お義父さん、もう許して下さい…』

★シェアお願いします

黒光りする義父のデカマラに抗えなくなってしまう美人妻

終わることない卑猥な家庭内レイプ 
東凛の少女みたいに清楚なアソコに 
銀次兄ィのふてぶてしい太マラが…

jux00598pl

『ヤラしい義父の嫁いぢり お義父さん、もう許して下さい… 東凛』(マドンナ)

夫の実家に里帰りした若妻。
古い日本家屋でやもめ暮らしをしていた舅は、その立ち場を利用し息子のいない隙に嫁の白い肉体を手中に収めていく——。

溜池ゴロー専属のスレンダー美熟女・東凛がマドンナと一本限りのコラボしたという本作。
まあ、正直溜池ゴローもマドンナも熟女系メーカーだからそれほど驚くような内容の変化はないんですが(失礼!)、人気の義父×嫁物でこのキャストですよ。
真っ白なスレンダーボディに少女みたいなミニ乳首が麗しい凛ちゃんが業界一立派な亀さんを持ち、森林原人に「AV男優で一番セックスがうまい」と言わしめた銀次兄ィにどんな声で鳴かされるか……そりゃ期待は高まるってもんでしょう。

見どころは、まず凛ちゃんの人妻らしからぬ清楚なルックス。
現役の人妻タレントなだけあって、熟女らしいゆるみやたるみの一切ないボディは清潔感たっぷり。

「いやっ、お義父さんヤメてください!」

なんて身をよじる風情にはたまらないものがあります。
清楚なイメージとは裏腹に、喘ぎ顔やレイプを嫌がる表情はガチの迫力です。

そしてなんといっても、そんな凛ちゃんにに対する銀次兄ィのねっとりしたエロ義父っぷり! 
お腹の手術跡を見せてやると言って勃起チンポを触らせたり

「子宮に刺激を与えてやるんじゃ〜」

とめちゃくちゃな理屈で妊活中の嫁をレイプしたり。夫に打ち明けられないのを知ってここぞとばかりにグイグイ推してくる感じは、憎らしいほどイヤらしい。

とはいえ、いざハメだすとじっと目を見てムードをにじませるあたりはさすがなんだよなあ。
頑なに拒否していた凛ちゃんも最後には兄ィのデカ亀ですすり泣くように……。
うーん、ただ犯すだけじゃない銀次マジック、見せていただきました!

(掲載/『月刊DMM 8月号』)

東凛ちゃんのインタビュー記事もありますよー!

 

 


【元芸能人・美熟女AV女優】東凛インタビュー「仕事の緊張感と旦那に対する罪悪感 その複雑な心境が快感に変わっています」

★シェアお願いします

人妻業と夫に内緒のAV業 東流、仕事と家庭の両立法

─ 東さんは「人妻」「元タレント」というダブルの触れ込みがありますが…失礼を承知でお伺いします。本当に本当の人妻さんなんですか?

東凛(以下、)本当ですよ(笑)。今朝も主人にお弁当を作ってきました。今日は卵焼きとサラダ、そして生姜焼きを入れたかな。

─ ちゃんと主婦してる! でもAVの仕事は旦那さんには秘密なんですよね?

 はい、なので今までの生活となるべく変わりのないようにしています。撮影で帰りが遅いときは「今日は仕事で遅くなりそう」とだけ言います。自分の作品を見るときは事務所で見ていますし、仕事を家には持ち込みません。もともとタレント活動をしていたので今もそれをやっていることになっていますね。

─ タレントとしてどんな活動をしていたのか改めて教えてください。

 親のすすめもあって子供のころからドラマや舞台、モデルをしていました。海外公演もしたりとにかく高校くらいまでは忙しかったですね。

─ その演技力の高さはその頃からすでに培われたものなんですね。

 ただ、AVって自分の全てをさらけ出すのでまた違いますよね。いい緊張感と旦那に対する罪悪感、その複雑な心境が快感に変わっています。あとは自分が楽しむことを心がけています、私が楽しんでいないと見ている方も楽しくないと思うので。

お芝居では役が8割、東凛が2割。でも絡みのシーンは演技していません

24-01


【DMM ADULT AWARD 2015 最優秀新人女優賞】ノミネート女優作品徹底レビュー(1)東凛

★シェアお願いします

 

昨年から始まったDMMアワードが今年も開催! 
いずれ劣らぬ人気女優たちのナンバーワンをファンの手で決める! 
そんな彼女たちのノミネート作品を徹底レビュー!!

元タレントにしてリアル人妻AV女優芸歴の長さを感じる芝居や鍛えられた美ボディはまさにプロフェッショナル!

 

DVD『義母奴隷 東凛』(溜池ゴロー)

DVD『義母奴隷 東凛』(溜池ゴロー)

昨年のAV OPENで着エロデビュー作品が見事ミドル級2位となった東凛さん。
本誌のインタビューでも語っているように幼い頃から芸能活動をしていた彼女、
「現役タレント」というだけで話題性充分なのに、本当に本当のガチの(しつこい)人妻。
根っからのイケないオンナなんです。

現在、28歳の彼女、まだ「熟女」と呼ぶには失礼ですが、全身から醸し出すその妖艶オーラは「アラサー女子」と言うには抵抗があるもので実際に会うとその色気には同性でも圧倒されます。
今更ながら「色気と年齢って比例しないもんだなぁ」と学びました。

しかも元タレントということもあってスタイルの良さは抜群、全体的に華奢なんだけどガリガリではなく、ちゃんと鍛えて引き締めた感が眩しい美裸体。
そしてクールなのに笑うと人懐っこい美顔…そりゃアワードにノミネートされて当然、といった極上案件です。

本作では義理の息子に犯される人妻役を熱演する凛さん。
引きこもりの義息、仕事で忙しい夫、そんな生活の寂しさから自宅で出張インストラクターと白昼の情事に耽ってしまいます。
しかしその一部始終は義息によって盗撮され、それをネタに脅され…。
物語の設定自体はシンプルですが、だからこそ凛さんの演技力や表現力の高さが光りまくり。

特に中盤の寝ている夫の隣で息子に口淫するシーンでの静かに、けれどねっとりと絡み付くように肉棒を咥える艶技は必見。
またラストの絡みでは、黒のガーター姿で四つん這いになって歩かされ、全身でマゾっ気たっぷりのオンナの羞恥心を体現。
台詞回しだけでなく絡みの所作ひとつひとつの「役者」としてのポテンシャルの高さは、さすが長年のキャリアの賜物。
笑顔も台詞も殆どない役どころで光る美しさと表現力の高さ、ぜひ己の目で確かめるべし。

(掲載/『月刊DMM』7月号)