「 AVレビュー 」一覧

【画像大量!!&動画あり】アヒル口でフェエラしてくれる!?美形ショートカット美女しかも痴女の素質ありの新人・中村梨乃!!

★シェアお願いします

FIRST IMPRESSION 88 中村梨乃■『FIRST IMPRESSION 88 中村梨乃』

顔に似合わず責め上手!?短髪健美系新人デビュー!

ヤッター! アイデアポケットから久々のボーイッシュショート美少女新人が登場だゾ! 

しかも声が声優さんみたいなコロコロ可愛い声で、良い意味で想像と違う! 
んな声で冒頭インタビューから「おチンポ好きです…」と言わせてるだけで勝ったようなもんだよね。

続きを読む


【画像あり!】体験人数は1人!ブロンズヘアーの南国美少女・長谷川モニカちゃんがAVデビュー!!

★シェアお願いします

新人NO.1STYLE 長谷川モニカAVデビュー『新人NO.1STYLE 長谷川モニカAVデビュー』

初めてのウタマロ棒にハーフ美少女が身悶える

南国出身のハーフ美女というモニカちゃん。
日に焼けた肌とその亜麻色の長い髪を南国の風が優しく包む情景が浮かんできそうですね。

続きを読む


【画像大量!!】究極スレンダーショートカット美少女・月島遥花デビュー!!しかもパイパン♥【動画あり】

★シェアお願いします

透き通る美肌のパイパンスレンダー美少女AVデビュー 月島遥花『透き通る美肌のパイパンスレンダー 美少女AVデビュー 月島遥花』

華奢なゆるふわ女子大生まさかのAVデビュー!!

 清潔に切りそろえられたショートカット。奥二重のたれ目。
優しい声とふわふわの笑顔。19歳の大学1年生。そして、将来の夢は保育の先生。
どこをとってもAV女優になる女の子には見えないのだけれど、デビューの理由は「好奇心があって応募しました」と言うからビックリ。

続きを読む


【DMM ADULT AWARD 2015 最優秀女優賞】ノミネート女優作品徹底レビュー(2) 希志あいの&小島みなみ

★シェアお願いします

昨年から始まったDMMアワードが今年も開催! 
いずれ劣らぬ人気女優たちのナンバーワンをファンの手で決める! 
そんな彼女たちのノミネート作品を徹底レビュー!!

もはや業界トップクラスのアイドル性と国宝級の絶品スレンダーボディ!ベテランの魅せる性技、ここに極まれり!!!

DVD『エスカレートする兄嫁の過激な誘惑 希志あいの』

DVD『エスカレートする兄嫁の過激な誘惑 希志あいの』(アイデアポケット)

08年のアリスJAPANでのデビュー以来、マックス・エー、S1、アイポケと単体女優としては超エリート街道を突き進んでいるキッシーこと希志あいのちゃん。

ご存知、「恵比寿マスカッツ」では三代目リーダーも務めるし、はたまた男装させたらバッチリ決まる。エロだけじゃなく、ルックス、演技力、バラエティでのアドリブ力とアイドル性抜群のスーパー女優の一人ですね。

しかも彼女のスレンダーボディは右に出るものがいない超Aランク。
本誌でも以前、安田先生が「スレンダー好きにとっては、このボディはいつ見ても感動しますな。もはや国宝」と語っていたのを覚えております。

単に「ちっぱい」なだけじゃなく手足の長さや小振りなお尻、全体の華奢感が素晴らしいんですよね。
ムリにダイエットしてもこうはいかないものだし。

さて本作では、あいのちゃんは人妻役。ひょんなことから兄の家に居候の身となった主人公の「ボク」を不敵な笑みで翻弄する兄嫁を演じています。

正直ドラマ物としてはストーリーが凡庸で、盛り上がりに欠ける印象があるのですが、女優さんを前面に引き出すにはこれ位の軽さがいいのでしょう。

なにより注目すべきはあいのちゃんの小悪魔感たっぷりの性技。

序盤の主人公と禁断の一線を越える場面での焦らすようなジュボフェラは持ち前のSっ気が炸裂!
また終盤の痴女度マックスの絡みでは、チングリ返しにさせたアナル舐めや顔騎、と見せる責め技のウマさは格別。

27歳という女として経験値とほどよい熟し加減がその安定感を引き出すのかも。
最近は犯される役が多かったものの、本作や過去の「彼女の姉貴とイケナイ関係」「隣のお姉さんがこんなにスケベなんて」のような「エッチなお姉サンキャラ」はドンピシャだなあと改めて感じました。


【DMM ADULT AWARD 2015 最優秀女優賞】ノミネート女優作品徹底レビュー(1) 秋山祥子&沖田杏梨

★シェアお願いします

昨年から始まったDMMアワードが今年も開催! 
いずれ劣らぬ人気女優たちのナンバーワンをファンの手で決める! 
そんな彼女たちのノミネート作品を徹底レビュー!!

汚されれば汚されるほど輝きを 増す美貌とナイスバディ!

mide230pl

DVD「キャリアOLバス痴漢 秋山祥子」

 

5年前に一度引退し、3年前に復帰した秋山祥子ちゃん。
整った顔立ちと均整のとれたナイスバディ。
復帰時のショートカットも魅力的でしたけど、ロングになった最近は大人の女らしい清楚な色気がグッと増しましたよね。
特にここのところは、凌辱される役がやたらと多いんですが、これがすごく似合ってるんですよ。
犯される女ならではの、凄惨なエロティシズムと言いましょうか。汚されれば汚されるほどに輝きを増すタイプなんですよ、祥子ちゃん。
これはつまり、美しいゆえのギャップなわけですが。泣くと顔がぐちゃぐちゃになっちゃう子もいるんですが、祥子ちゃんは泣き顔すら美しいのですよ!

さて、本作はそんな祥子ちゃんの魅力を引き出すため(?)、これでもか、これでもかと不幸が襲ってきます。

優しい恋人と結婚が決まって幸せの絶頂にいたはずの祥子ちゃん。しかし、彼女は昔から痴漢を引き寄せてしまうという悩みがあったのです。
それは嫌と言えない気の弱さ。男に強く言われると逆らえなくなるのです。
そんな性格につけこむ形で男たちが彼女の肉体へ次々と群がってきます。

勤務先のオフィスで元カレにレイプされ、
それを助けようとした警備員にも気弱な性格を知られて自宅に押しかけられてレイプされ、
さらには逃げ出すように引っ越した先のバスの中では、追ってきた元カレだけではなく他の乗客や、
運転手にまで輪姦されてしまうという不幸の連鎖。
周りすべてがレイパー状態。 

 

もう見ていられないほどに可哀想なんですが、不幸になればなるほど祥子ちゃんは美しくなっていくんですよね……。

ところで冒頭、学生時代に痴漢に悩まされていたという回想シーンで制服姿を披露してるんですが、
これがすごく似あってて違和感無しなんですよね。まだまだ女子校生物なんかもイケるんじゃないですか?