deraT

「今年もクレームお断り!」発表!第4回“アダルト”アカデミー賞!【前編】AV業界のプロライターが本音で選んだ“ガチでオススメしたい”この1本!

koukyuhoneyPureLOVER

今年も発表されました“映画の祭典”第91回アカデミー賞!

となれば…そうです!

今年もヤリますか!

第4回エロ版『アカデミー賞』!

今回AV業界に精通するプロライター、沢木毅彦氏、安田理央氏、東風克智氏のお三方を編集部に招き、独断と偏見に基づき勝手に選ばせて頂きました。

さてその結果は!?

第4回『AV【勝手に】アカデミー賞』に選ばれたのはこちら!

※すべて敬称略です

【作品部門】

最も他社にパクられ、AV界に影響を与えたシリーズに贈られる
『パクデミー賞』

――毎年恒例のアダルトアカデミー賞の選考なのですが、今回は作品部門と女優部門に分けました。まずは作品部門から。最も他社にパクられ、AV界に影響を与えたシリーズに贈られる『パクデミー賞』です。ま、要はブームになったシリーズは何か?ということなんですが。

安田 やっぱり乳首。「乳首をずっとこねくり回し性交」シリーズじゃないかな?

沢木 一昨年に椎名そらが出演してブレイクしたやつですね。元々はドリームチケット五右衛門監督がやっていたので、復活したという感じかな。

――ドリチケの乳首責めは男が女にやられるパターンでしたね。女がずっと乳首責めされているのは新しかったのかもです。

安田 ちょっと前にあった「スペンス乳腺もの」からの流れかなとも思うけど。

東風 この女性の乳首こねくり回しブームの反動で、今は男の乳首責めブームがまた来ているんですよ。さもあり監督の「龍の爪」とか。

安田 それに乳首ってモザイクがかからないわけじゃないですか。下をいくら攻めてもモザイクかけられちゃうから。唯一の見せられる性感帯なんですよ。

――女優の場合「乳首こねくり回しもの」に出たら人気女優というバロメーター的な部分もあるかもしれないですね。

東風 ただ、女優さんにとっては乳首ばっかりいじられるわけだからハードですよね。MOODYZは順番に専属女優の乳首こねくり回しもの撮っていましたが、JULIA様はいいタイミングでワンズファクトリーに移籍したなと(笑)。

沢木 椎名そらちゃんも他の女優から「あんたのせいで乳首ばっかりいじられる作品に出ることになったじゃないの」って言われたらしいですね。

――完全に言いがかり!

沢木 とはいえ、五右衛門監督がいなかったらこのブームはなかったよね。監督は風俗に行っても乳首弄ってもらわないとイケないって言ってました。

安田 それって言い換えると(昔から独自の痴女ものを撮ってきた)二村ヒトシ監督の蒔いた種が、今花開いたってことなんじゃないかな。

――AV界に痴女伝承が行われていると…。

東風 あと、AV界の制約がいろいろ厳しくなったことで、温故知新的な企画が復活してますよね。数年前に「ウォーキング・デッド」ブームでゾンビもの増えましたけど、AVユーザーにはまだ届いていなくて。だけど去年「カメラを止めるな!」があったから、ゾンビもののVRがすごく多かったです。

沢木 ゾンビものは抜きどころを見出すのが難しそうだなあ。

安田 まあゾンビものはVRとして面白ければ、アリなんじゃないかなあ。

東風 PSVRを買った人なんかは、「何か面白いVR買いたいなあ」って人が多いから、とっかかりとしては最適ですね。

――他にはいかがでしょうか?

東風 ボクは「文系」ですね。伊東ちなみちゃんのが最初で。

――『身動き封じられて文系お姉さんにねっちょり犯される! 伊東ちなみ』(MOODYZ)ですね。これは2018年3月発売です。

『身動き封じられて文系お姉さんにねっちょり犯される! 伊東ちなみ』(ムーディーズ

東風 今「文系」で検索するといっぱい出てきますよ。元々「痴女っ子ローリータ。」の流れで、こういうロリとか文系のおとなしそうな女子が(男から)責められると、このご時世危ないじゃないですか。だけど、この子たちが男を責めたらOKだと。それから淫語だけど頭の良さそうな子による「囁き」というのがいいんですよ。神宮寺ナオちゃんの作品、『文系お姉さんがささやき騎乗位でじっくりねっとり犯してあげる 神宮寺ナオ』(プレミアム)で完全にブレイクしましたね。

安田 これは2019年になってからさらにすごく増えているみたいですね。

――確かに。今年の流行と言ってもいいかもです。

東風 最初は単体女優がキャスティングされていたけど、次第にキカタンにも広がってます。今はあんまり文系っぽくない女優までやってたりしてますね(笑)。

安田 確かに、メガネかけたら誰でも文系って感じになってるな(笑)。

沢木 いや、AIKAはさすがにやらないでしょう。

安田 でも「ビリギャル」っぽくて逆にいいんじゃない?

沢木 あ、確かにそれは見たいかも。AIKAのビリギャル。

東風 そこまで来るとだいぶ飽和状態ですね。これで「黒人」「NTR」の要素が入ったらブームもおしまいでしょう(笑)。

――あとは「もうイッてるってばぁ!」みたいなタイトルが多かった気がします。

沢木 多かったねー。

東風 「追撃ピストン」ものですね。

――「もうイッてるってばぁ!」という言葉が最初に出たのは2016年2月の『早漏イクイク女子校生 大島美緒』(MOODYZ)なんですが、タイトルに入ったのは『出会って即生ハメ!即中イキッ!中出し直後のビクッビクンってイッてる時に激ピストン再開!「もうイッてるってばぁ! 椎名そら』(本中)で、2017年10月発売で、ここからブームになったと。結局、追撃ピストンっていうのは何がいいんですかね?

沢木 イカせたその先が見たいってことなのかな。

安田 「鬼イカセ」の亜流じゃないのかな。

東風 乳首責めと一緒で、結合部よりも女優さんのイキっぷりが注目されているということなのでしょうね。

――いろいろノミネートされましたが、「パクデミー賞」受賞はどれになりますか?

沢木 2018年となると、やっぱり「乳首いじりもの」じゃないかな。

東風 椎名そらちゃんには「乳首いじり発祥の地」という肩書きを差し上げたいですね(笑)。

――史跡みたいな(笑)。

安田 そして2019年の最有力候補が「文系」と。

次ページに続く》

タイトルとURLをコピーしました