deraT

ボーイが群がる雄琴のソープ街 60分1万8000円より♪関西裏めぐり【四十七都道府県フーゾク漫遊記】

大阪ばかりが風俗スポットじゃない。そんな思いから関西の魅力を紹介するのが今回の企画の意図。コレを読んだら今すぐ現地へレッツゴー!

滋賀・ソープ 60分1万8000円

◯ボーイが群がる雄琴のソープ街

 関西第二のソープ街が雄琴温泉の近くに位置する雄琴のソープ街だ。

 琵琶湖の畔を走る国道をのんびり流していると、突如現れる巨大なネオン街。毎度この光景を見て思う。きっと子供は遊園地か何かと勘違いして親を困らせるだろうな。

 そんな大人の快楽遊園地へ足を踏み入れたら、店先に立つボーイの手招き合戦が始まった。  あまりの激しさにかなり引く。

「ちょっと、お客さん、見るだけ、本当に見るだけでエエから」
「本当に見るだけだからね」

ド派手なネオンがソノ気にさせる。京都から通う泡姫がとても多い

 こうして予防線を張るとパネル見学もしやすい。写真を見たら意外や意外、ギャルから熟年層まで層が厚くて、どんな客でも満足しそうだ。

「大人な女がいいんだよねぇ」
「ほんならこのコがおススメですわ」

 こうして紹介されたのが、28歳の愛さんだった。石田ゆり子に似た上玉だったが、美貌ばかりでサービスは手抜きなのではと不安を感じた。

 しかし、プレイに入るとフェラでは蟻の門渡りまで舐めてくれるし、舌先をツンツンする尿道責めは、その力加減も絶妙で今にもイキそう。

 正常位でまぐわっていると、ビンビンに勃った乳首と眉間に皺を寄せて快感に耐える愛さんの表情が最高で、最後は「アカン、イッてまうかも~」と叫び昇天した。

昼間だとモロに大勢の客引きと視線が合うため、かなり怖かった。夜がオススメだ

(記事引用元=ズバ王