deraT

ウワサのイラマチオ専門店イッてみた!!自分の奥さんや彼女には頼めないハードプレイをたっぷり楽しめる専門店に潜入♥(前編)

wakuwaku1honeyderaTmypri

肉棒を口にねじ込み 生意気な女を服従させる喜び!!

「ゲボッ! ううっ…うう~! もう、ゆるひて~」

 両目からは大粒の涙がとめどなくあふれ、口からは粘っこい唾液が糸を引いて、はしたなく滴っている。その表情には、もはや美女の面影などない。

 無残、哀れ、そして敗北…。

 どんなにイイ女もひとたび「口マ●コ」を肉棒で激しく犯されれば、ひどいブス顔になり、プライドもズタズタにさせられる。そして男に許しを請うのだ。んな女を服従させる拷問がイラマチオフェラだ。

「イラマチオフェラとは、女性の喉の奥までペニスを突っ込むハードフェラ。元々はアメリカのハードコアポルノが生み出した凌辱プレイで、数年ほど前から日本のAVでも取り入れられるようになりましたね」(AVライター)

 道徳心が強く、世界平和を願うような人にすれば絶対に許しがたい行為だろうが、男の本能としては実に共感できるプレイだ。

「本来、オスはメスを強引にでも支配しようとする生き物です。性行為はまさにその象徴で、基本的には男が上になって、女を組み敷く。イラマチオフェラがここまでAVで受けいれられたのも、やはり女を屈服させたい男が多いからです」

 言い換えれば、リアルな現実では女に馬鹿にされて、みじめな思いをかみしめている男たちが普段の溜飲を下げるべく、イラマチオフェラをやりたいと願っているともいえるだろう。

 

非モテ系の記者がウップンを晴らす

 とはいえ、リアルでは弱気な男がイラマチオフェラをやるなんて、どだい無理な話だ。当然ながら、よほどのM女でない限り、そのような苦しいだけのプレイをやりたがる女もいないだろう。

「そんな満たされない男性心理に目をつけたのが最近、巷で急増している『イラマチオフェラ専門店』です」(前出・風俗ライター)

 なんと、いまやイラマチオフェラを専門に扱う風俗店が存在し、そこでは妻や彼女にはできない夢の拷問が楽しめるというのだ。

 そこで今回は小太りハゲのブサイク顔で、思春期の頃から女に蔑まれ続けてきた記者が日頃のウップンを晴らすべく、突撃潜入!  東京某駅。ネットで調べたイラマチオ専門店に電話をかけてから、駅前のラブホテルにイン。

 あらかじめ指名しておいたのは、サナちゃんという20歳のギャル系女子だ。記者は以前から生意気そうなギャルが苦手で、今まで風俗遊びをする時は大人しそうな女ばかりを選んできた。だが今回は違う…。自分をバカにしてきた女どもを成敗してやるんだ。そんな憎悪と欲望にまみれて待つこと10分。

「こんにちは~」

タイトルとURLをコピーしました