deraT
maccos

『伊織涼子&範田紗々 横浜あぶない熟女 vol.4 東京出張編』潜入レポート。あの濃熟イベントがついに待望の東京進出!ゲスト美熟女には加藤あやのが降臨!

wakuwaku1honeyderaTmaccos

12月3日、神田SPACE CUBEにて『横浜あぶない熟女 vol.4 東京出張編』が行われました。横浜生まれ横浜育ちの美熟女・伊織涼子さんと、沖縄生まれ横浜育ちのスーパー熟女アイドル範田紗々ちゃんが主催する当イベントは早くも4回目。今回、満を持しての東京開催となりました!

クリスマス間近ということで、紗々ちゃんも伊織さんもサンタのコスチュームで登場。配信ナシということで、かなりギリギリを攻めたエロティックな衣装です。

シースルー紗々サンタ&ビキニ伊織サンタは、お客様の目にも股間にも危険。のっけから「あぶない熟女」を体現していますね(笑)。

そして今回のゲストは、AVだけでなく舞台女優としても華々しい活躍を魅せる美熟女・加藤あやのさん! このイベントのために新調したという赤いドレスがとってもお似合い!「あぶない」というイメージからはちょっと縁遠い印象のあるあやのさんですが、伊織紗々とのコラボでどんな化学変化を起こしてくれるのでしょうか?!
イベントはあやのさんによる乾杯コールからスタートしました。さて、あぶない熟女の乾杯といえば「遠隔ローターのリモコンを自由に使える権利付きのシャンパン」が名物となっているのですが……残念ながら今回、シャンパンを購入したお客様はいませんでした。

この日のためにわざわざドンキで遠隔ローターを購入してきたという紗々ちゃんは複雑な表情。「人生で初めて大人のオモチャを買ったのに!」と憤慨しつつ、「帰りに汁つきローターが貰えるんだよー!」と大アピールをするも、ローターは次回のイベントに持ち越しという結果に……。伊織さんは「神田の人より横浜の人の方がローター好きなんだよ、きっと。しょうがないよ」と言ってましたが、それはそれで偏った意見ですよ(笑)。

最初のトークコーナーは、伊織さんとあやのさんの出会いを振り返るところから始まりました。どうやら伊織さんと仲良しであやのさんと同じ事務所の島津かおるさんがきっかけの模様。

あやのちゃんがSOD社員酒場に出勤してる時に、かおるちゃんと一緒に遊びに行って会ったのが最初。欲しがり熟女な伊織とかおるちゃんは、その場のお客様にさんざん奢られてたんだよね

どうやら熟女2名、社員酒場で暴れまくったようですね(笑)。初対面の伊織さんの印象についてをあやのさんは「暴れるかおる姉さんを諫めてたのを見て『しっかりした人だな〜』って思った」と語っていました。

そんなしっかり者の伊織さんですが、数々の主催イベントがどれもこれも濃厚かつ破廉恥なことでも有名(笑)。「伊織さんのイベントの中では、あぶない熟女が一番まともかもしれない」とポロリと漏らした紗々ちゃん。記憶の中に残るエピソードを幾つかピックアップして語り出します。

ぷちぷちの大きいやつを舞台に広げてその中で生着替えとか……全員がなぜか負けたがるすぐ脱ぐ野球拳とか……イベント中にトイレに行ったらマイクも一緒に持って行かされたりとか……

改めて文字で読んでも嘘みたいな逸話ですが、本当に行われていたという事実が何よりも恐ろしいです(笑)。


そして話は季節的なこともあり、クリスマスの過ごし方について。あやのさんは、愛犬のこまこちゃんのために丸一日一緒に過ごす構想があるそう。と、同時にちょこっとだけアルバイトをすることも考えているとか。知人の経営するお店の裏方として働くことが意外とお好きなのだそうです。

実は洗い物をすることが大好きだというあやのさん。打ち合わせで伊織さんの家に行った際も「洗わせて欲しい」と志願したのですが、あっさり断られてしまって少しショックだった様子。「〇〇用みたいなスポンジがいっぱいあって、使い分けしなきゃいけないから」と弁明する伊織さんでしたが、あやのさんは「次回は新品のスポンジを持って行きます!」とリベンジする気満々でした(笑)。

続いては、会場の皆さんお待ちかねのブルーライト・ヨコハマのコーナー。簡単に言ってしまえば写真撮影タイムなのですが、『あぶない熟女』では出演者全員が艶めかしい青いライトの中でエロティックにポージングしてくれちゃう! 他のイベントでは撮ることのできない激レアショットをゲットできるチャンスなのです。

トップバッターの紗々ちゃん、スケスケなコスチュームを活用して、深い胸の谷間やプリプリのお尻を惜しげもなく披露してくれました。

あやのさんは清楚なドレス姿ながら、大胆に開いたデコルテや足首のチラリズムでセクシーさ全開!淑やか熟女ならではのエロスをぞんぶんに見せつけてくれました。

ちなみに、タイムキーパーをしていた伊織さん。10秒前カウントダウンになるとどんどん声色がエロくなり、最終的に「イク〜〜〜!」で〆るという離れ技で会場を沸き立たせていました(笑)。

《次ページに続く》

タイトルとURLをコピーしました