deraT
maccos

美熟女・川上ゆうさんがYUIRAの人気電マ『極天-Kiwamiten-』をお試し!『オナニーのときどうしても中に欲しくなっちゃうんです。野菜を入れちゃったことありますもん。ナスとか……』【サイン入り電マプレゼント!】

wakuwaku1honeyderaTmaccos

大人のオモチャメーカーYUIRA(ユイラ)の商品をプレゼンし、触ってイジって遊んでもらおうというこの企画。第三回のゲストは、永遠のアイドル美熟女、川上ゆうさんです。

 

── 川上さんと大人のオモチャとの出会いはいつだったのですか?

 

川上ゆう(以下、川上) 記憶にあるタイミングとしては17歳くらいですね。その当時お付き合いしてた人が4つ年上の男性で、普通の一般的なピンクローターが一番最初に使ったオモチャだったと思います。

 

── まだAVデビュー前の普通の女の子だった時ですよね。

 

川上 そうです、そうです。相手が年上ですごく物知りだったんで、膣の中の洗い方も教わったんですよ。私、まだセペの使い方も知らなかったんで。

 

── えーーー!でも、年上といって相手だってまだ21歳くらいでしょう?若いですよね。なんでそんなに詳しかったんでしょうか……。

 

川上 けっこう経験豊富っぽい感じではあったんですよね。「ちゃんと中洗わなきゃダメだよ」って言われて、いつもお風呂の中で彼に洗ってもらってました。もしかしたらただ触りたかっただけなのかもしれないけど(笑)。

 

── その可能性もなきにしもあらず。自分でオモチャを所持するようになったのはいつ頃でしたか?

 

川上 20代半ばくらいまではずっと実家暮らしだったので、あんまりたくさん持ってはいなかったです。24歳くらいの時に関係があった人が、電マとか手錠とかいろいろ買ってくれていたんですが、使ったらそれを捨てての繰り返しでした。今思うともったいなかったんですけど、さすがに持って帰れなかったんですよね。

 

── まあ、実家暮らしならそれは仕方がないですよね。

 

川上 でも、高級品で頑張って買ってくれたんだなって思うものは紙袋に二重くらいにして持って帰ったかな……。

 

── それを実家で使うことはなかったんですか?

 

川上 お風呂場では使ってましたね。その頃に防水機能のある、つるっとしたマットっぽい素材のローターが出たんです。音も水の中なのであんまりわからないし、シャワーの音でも掻き消されるし、けっこう愛用してました。

 

── 今現在、持っているオモチャはありますか?

 

川上 今持ってるのはウーマナイザーだけなんですよ。愛用し始めて一年半くらいです。人からプレゼントをしていただいて。貰った時は嬉しかったですね~。ずっと欲しかったんで。

 

── 興味津々だったんですね(笑)。

 

川上 だって気になるじゃないですか!ツイッターとかやってると、そういう情報がタイムライン上に流れてくるし……。仕事柄、仕方ないんです。

 

── ウーマナイザー愛用者ということは、オナニーではクリトリス派ですか?

 

川上 いえ、私が持ってるいやつは中も刺激できるタイプのものなんです。私は両方派なのかな~。クリを弄るとどうしても中にキュッとしたものが欲しくなっちゃうんですよ。野菜を入れちゃったことありますもん。ナスとか。

 

── はっ!? ナス!?

 

川上 普通につるっとしてて入りやすかったから……。それを入れてクリを触るとギュっと締まるんですよ。その感覚が堪らなくて!まあ、実家だったんで使ったあとにそっと冷蔵庫に戻しましたけど(笑)

 

── リアルで野菜オナニーしてる女優さんの話、初めて聞きましたよ!

 

川上 そうなんですか?確かに、昭和かって感じですよね(笑)。キュウリやにんじんも使いましたけど、一番はやっぱりナスなんですよ。弾力といい、つるっとした感じといい、鋭角なところが全くないのでローション要らずで入るので。

 

── ナスの柔らかさって、女性から人気の柔らかい系バイブに通じるものはあるのかも。

 

川上 長ナスだとどうかはわかりませんけどね。普通のナス限定です。本当にけっこう気持ち良いんですよ。

 

── 川上さんからナスが超推されてますけど、本題のグッズ紹介にいきたいと思います。今回の商品は電マなのですが、川上さんは電マはお好きですか?

 

川上 好きでーす!私、一時期すごくハマっちゃって、これがないとダメになっちゃうじゃないかと危機感を感じて捨てたことがあるんです。灰色でコードのついた、凄いパワーの強いやつ。ハイとロウしかスイッチがないような。

 

── あっ、あの原始みたいな電マだ!本物のマッサージャーのやつ。じゃあ、電マ中毒になるのを予感して、その手前で止めたんですね。

 

川上 瞬殺でイクじゃないですか。それがすごく良くって。夜に寝る前とかにサックリと。でも、これに頼りすぎたら敏感な部分だったはずのものが何も感じなくなって鈍感な女になってしまいそうで、ちょっと離れたんです。

 

── 「好きだけど、このままじゃダメになる」ダメ男にハマりかけた女の心境に近いものがありますね(笑)。

 

川上 でも、その後にもまた電マをいただいたことがあって、ジーパンを履いてその上から当てると瞬殺でイカなくてもすむことを知ったんです。今までそれを考えなかったな~って新しい発見でした(笑)。

 

 

── 今回紹介するのは、電マ『極天-Kiwamiten-』です。こちらは川上さんお気に入りだった元祖な電マよりかなりスタイリッシュなデザインとなっております。なんと、二色展開になっております。

極天-kiwami ten-漆黒

極天-kiwami ten- [無段階調節][強力振動]

 

川上 ホワイトとブラック!これって、どっちの方が人気なんですか?

 

── そんなに大差があるわけではないのですが、若干ブラックの方に軍配が上がりますね。

 

川上 あ~、なんか黒の方がちょっと夜な感じがしますよね。

 

── あと、この電マの特徴としてはコードの根元の部分。見た目にはあまりわからないのですが、ここに工夫が凝らしてあります。電マってこの部分をよく動かすのですぐ断線しがちなんですよね。『極天-Kiwamiten-』はちょっと固めにしっかりと作ったので、一般的な電マより壊れづらいというのがポイントです。

 

川上 ほうほう。あと、この電マはちょっと軽いですよね。もっと普通だとどっしりした重さがあると思うんですけど。

 

── あと、オリジナルで作ったこだわりのポーチもついてきます。

 

川上 持ち運びに便利ですね。淫乱なプレイを会社でヤルなりする時に……。

 

── オフィスに電マを持って行く発想が出るのがなんとも(笑)。

 

川上 でも、それだったらポーチだけじゃなくて、ウェットティッシュも付属してあると親切ですよね。ご時勢的にも安心だし、サービスいいなって思う。

 

── あっ、それいいですね。ぜひYUIRAでも検討したいところです。川上さんも過去に外で電マを使った経験ありなんですか?

 

川上 ありますよ。野外というか、車の中ですけど。でも、そういうところで使う充電式の電マって、なんだかパワーが弱い気がするんですよ。イクけど、軽イキで終わっちゃう。「もっとっ……」て言ってるタイミングで充電切れちゃう、みたいな。だから、私はやっぱりこういうコード式のものがイイですね。

 

── 実際に震わせてみましょうか。わりとこの電マはパワーが強いタイプなのでお気に召してもらえるかも……。

 

川上 はっ!本当だ。イキが良いですね!あ、でもこのコンパクトさも良いですね。大きさも本当にちょうどいい。

 

── ヘッドがそんなに大きくないのも特徴的なんですよね。

 

川上 そういえば、電マの頭ってあんなに大きくなくてもいいですよね!?凄い広範囲に当たるじゃないですか。

 

── それは、元が肩凝りのマッサージ機だったことに機縁しているのでは(笑)。

 

川上 あっ、そっか(笑)!これはマッサージ用じゃなくて、アダルトグッズだからヘッド小さめでOKってことなんですね。

 

── 川上さんはホワイトとブラックだと、どちらがお好みですか?

 

川上 自分の部屋に置くとしたらホワイトかな~。この色合いなら女の子の可愛いお部屋にもマッチしそうですよね。ブラックの方はゴールドとの組み合わせも相まって、やっぱり物々しさが(笑)。

 

── ブラックは主に男性が女性へのプレゼント用に選ばれてるのではないかと思います。

 

川上 そういうことか~、納得!

 

── 川上さんもグッズをプレゼントされる機会は多いと思いますが、ご自分で購入したことがあるんですか?

 

川上 それこそ、20代半ばの頃は男性と一緒にアダルトショップに行って選んだりしてましたよ。「今日はどれ使う~?」みたいな感じで。でも、別に今ならたぶん一人でも行けると思うんですよ。ぜんぜん大丈夫!

 

── それはそれで別の問題が起こりますよ。ショップ中に「川上ゆうが来たぞーーー!!」って大騒ぎになりますって(笑)。でも、お話を聞く限り、かなりアダルトグッズには親しまれてきたんですね。

 

川上 はい、そうだと思います。今考えてみれば、昔はお気に入りのオモチャもけっこうありましたもん。

 

── 電マについては、好きすぎて距離を置いたくらいですもんね。

 

川上 (笑)。それと同時に、私はクリ刺激だけじゃなくて中にも何か入っていて欲しいタイプなのかな、とも自己分析しています。

 

■YUIRA Twitter

今回ご紹介した『極天-kiwami ten-』白、黒各一本を川上ゆうさんの直筆サイン入りで2名様にプレゼント!!

応募方法:デラべっぴんRのTwitterアカウント(@dxbeppin_GOT)とYUIRA公式広報アカウント(@YUIRA_official_)両方をフォローして、下記のツイートをRTしていただいた方の中から抽選で当選通知のDMをお送りいたします。

※有効期間9月20日までとさせていただきます。

 

↓のツイートをRTしてください!

 

(記事協力/YUIRA 記事元/FANZAニュース編集部)

 

タイトルとURLをコピーしました