deraT
maccos

バンコクへ!いやフィリピンへ!海外風俗で憧れのハーレムプレイも♥ お父さんのお小遣いで行けるLCC海外風俗楽しみ方教えます!!

wakuwaku1honeyderaTmaccos

利用者はデメリットから航空会社を選ぶべし!

◯どこまでが容認出来るデメリットなのか

 さて、このようにコストダウンを重ねて格安運賃を実現してたLCCですが、コストダウンをしただけ利用者には不便な面も出て来ます。兎に角、値段が安ければそれで良い、と割り切れるのであれば、何の問題もないのですが、予めLCCにはコストダウンをしたことで、どんなデメリットが生まれているのかを知っておくことも大切です。

 それを知らずにLCCを利用して、旅行そのものが台無しになってしまったのでは意味がありませんからね。LCCにはどのようなデメリットがあるのかチェックしていきましょう。

❶チェックインカウンターの少なさ/LCCでは本国以外の空港では、常設のチェックインクンターを設けていないことが多く、出発時間ギリギリになって窓口をオープン。しかもその数は大手よりも少ないので、チェックインは大混雑となることも少なくありません。大手では出発2時間前に行けば余裕ですが、LCCでは混雑を予想して、出来れば3時間前に空港へ行きましょう。

❷遅延、運休が多い/LCCでは限られた機材を効率良く使う為、どこかの便で遅延が起ると、他の飛行機にしわ寄せが出ることも少なくありません。最悪、欠航することもあるので、帰国日翌日に仕事に行くようなタイトな計画だと、帰国出来ずに仕事を休むことにもなりかねません(大手の場合には他の航空会社の便に振り替えしてくれますがLCCは他社振り替えはありません)。

❸帰国時に利用する空港に日本語の話せる係員がいない/大手では日本行きの便がある場合には日本語の話せる係員がチェックインカウンターに必ずいてくれますが、海外のLCCでは殆どの場合、日本語の出来る係員は常駐していません。普段なら特別問題ありませんが、遅延や運休などが発生した場合には、多少の英語力がないと交渉すら出来なくなってしまいます。  

 他にもLCCならではのデメリットがありますが、特に知っておかなければならないのは、この3点でしょう。LCCを利用するなら、こうしたデメリットを分かった上で利用することが肝心です。最後に大手でも安くなる裏技をご紹介しておきますので、上手く使い分けて楽しい海外夜遊びをお楽しみ下さいね!

 

次ページ、LCCを利用しなくても安くなる裏技が!!

タイトルとURLをコピーしました