deraT

満員の観衆の目の前で主演の毎熊克哉が杉山未央ら女性出演者から公開スパンキング調教!! 『私の奴隷になりなさい第 3 章 ご主人様と呼ばせてください』初日舞台挨拶

koukyuhoneyPureLOVER

映画『私の奴隷になりなさい第 3 章 おまえ次第』の初日舞台挨拶が10⽉13⽇(⼟)に行われ、主演キャストの毎熊克哉杉山未央範田紗々川合瑞恵山根千芽福山理子城定秀夫監督が登壇した。
これまでもプロモーションの一貫として「出演者全員ノーパン登壇」、「ボンデージでの公開調教訓練」など過激なプロモーションを続けてきた今作だが、『私の奴隷になりなさい第 3 章 おまえ次第』の舞台挨拶で行われたのはなんと「女性出演者が裸にコートで舞台挨拶」&「公開スパンキング調教」!

先日公開され、話題となった映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』の続編となる、『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』が10月13日(土)から公開。
初日舞台挨拶に主要キャストと監督の城定秀夫が登壇した。

満員のの客席を前に、主演の毎熊が最初に「エロスと精神世界といろんなものに真っ向勝負でこの映画に挑んできました。本日は満員御礼ということで本当に嬉しく思っています」と挨拶し、他のキャストもそれぞれ喜びのコメントを述べた。

司会者が女性キャストのコート姿に言及すると毎熊が、「このチームには女王様がいまして、今日も『”私の奴隷になりなさい流”の秋の華やかな装いて来なさい』指令がきました。実は、みんなコートの下は全裸なんです」と衝撃発言。しかし、コートの下が全裸だということを証明できず微妙な空気になると毎熊が「やっぱりこうなると思っていました」とフォローのコメントを言うと場内が笑いに包まれ一気に和やかな雰囲気に変わった。

話題は、撮影でのエピソードに移行し、司会者がキャストそれぞれに質問。

劇中で杉山演じる繭子が全裸コートで街を歩くという調教シーンがあり、そのシーンに関しての思い出を聞かれた杉山は

杉山「目隠しをされて、全裸にコートを羽織っての撮影なんですが、コートはさておき、私は閉所恐怖症なので、目隠しをされることが恐怖で…。目隠しをされることが初めてだったので、こんなに怖いことなのかと…。でも、その恐怖も上乗せされていいシーンになったんじゃないかと思います。それと、目隠しして見えないのに監督が身振りを交えて演出してくれたんですが、そこは察して演じました(笑)」

 

第2章、第3章の2作品全体について城定監督は

城定監督「2本でで1本というのは最初から決まっていました。それぞれの作品についての質が違う感じ、例えばフランス映画とイタリア映画の違いみたいなのは出していこうとは思っていました。前作の第2章では抑えて抑えて抑えてこっちで弾けるという演出で、そういう意味でのエンタメ性は出しました。前作ではお笑いですよというシーンはないですが、第3章はコメディっぽい雰囲気を全面に出してみたので、笑えるシーンは笑ってくれたほうが嬉しいですね」

 

毎熊は女性たちに翻弄されるシーンについての感想を聞かれると

毎熊「特に今回の第3章では女性が多いので、シーンごとに違う女性が出てきて『羨ましいな』って言われていたんですが、全然そんなことなくて…。毎日女体にかこまれているとだんだん気が小さくなってきて、映画の撮影が終わったら顔にブツブツがいっぱいできました。男ってほんとにちっちゃいんだなぁと実感しました」

 

今作が初めての主演作品となる杉山にはそのことについて

杉山「毎熊さんと初めて撮影するシーンが『私を壊してください』のセリフからカラミに入るシーンだったんです。最初の撮影が裸同士っていうのがすごく不安だったんですけども、会話を交わす以上のコミュニケーションをとれた気がしました。肌と肌を感じた瞬間に『毎熊さんにすべてをゆだねようと」』という気持ちになったのを鮮明に覚えています。この撮影が終わってすごく喪失感を覚えてしまって…。撮影中も毎熊さんを頼りに芝居をしていましたし、繭子としても目黒を頼りにしていたので、それを失って喪失感を感じた日々をすごしていたんですが…。まさかご主人様にブツブツができていたとは…(笑)」

 

そして、舞台挨拶も後半にさしかかり、司会者が今回の映画プロモーションで行われた数々の「調教」についての話が出ると、毎熊が突然「もう一個、ご女王様から指令がきていまして…。『第2章』でカラオケボックスで明乃のお尻を叩いているというシーンがありまして、それをここで再現しなさいと。明乃が今日はいないので、今日はこの中から一人えらんでやらせていただきたいと思います」と発言。すると杉山が「はいっ」と手を上げ、「あのー…実は私もさっき女王様から直々に指令をいただいていて…。本日満員御礼ということで、ご来場の皆様に楽しんでいただきなさいと…。実はわたし中学校時代、吹奏楽部に所属していまして、パーカッションめちゃくちゃ得意なんですよ。そこでですね、本日は『逆調教』ということで、ご主人様の毎熊さんをわれわれ奴隷と女王様で逆調教してやろうということに…」

「聞いてないよー」と言いつつ、素直にお尻を突き出す毎熊。

そして映画のシーンと同じ『渚のシンドバッド』が流されると女性陣が嬉しそうに毎熊の尻を手のひらで叩き逆調教。

逆調教された毎熊は「今までやってきた映画の宣伝活動のなかで一番恥ずかしかったです(笑)」とコメントし、舞台挨拶は盛況のうちに終了した。

映画『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』は池袋シネマ・ロサほかで上映中。

『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』動画配信中!
『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開中!
池袋シネマ・ロサほか全国順次公開
◉公式サイト:http://www.watadore.jp/
『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください/ 第3章 おまえ次第 』予告編 ロングバージョン

(取材:デラべっぴんR)

関連商品

私の奴隷になりなさい 第2章 ご主人様と呼ばせてください

商品の詳細を見る

R15 私の奴隷になりなさい 第2章 ご主人様と呼ばせてください

商品の詳細を見る

タイトルとURLをコピーしました