deraT
maccos

【大人のデパート・エムズ美人広報 真中つぐのオモチャのど真ん中!第22回】45度まで加熱するローションウォーマーが登場!「『オナニーをするぞ!』って思ったら、30分くらい前にUSBにさしておき、電源を入れるとちょうどいいタイミングで温まります」

wakuwaku1honeyderaTmyprimaccos

アダルトグッズはもちろん、AVからコスプレ用品まで幅広く扱う“大人のデパート・エムズ”の美人広報・真中つぐさんが人気アダルトグッズを連載で紹介!

今回、真中さんが紹介してくれるのは寒いこの時期にピッタリ! 専用ローションが最大温度45度まで温まる『LOTION HEATING SYSTEM [ローションウォーマー]』だ。いつでもどこでもぬくぬくオナニーが味わえる逸品だ。

真中つぐのコスプレ連載が電子書籍化!!

FANZA販売ページ

Amazon販売ページ

真中つぐのオモチャのど真ん中【第21回】

『LOTION HEATING SYSTEM [ローションウォーマー]』とは?

「こちらは『G PROJECT』さんと『ペペローション』さんがコラボした商品で、『LOTION HEATING SYSTEM』というグッズになります。本体と専用ローションが2種類ありまして、垂れにくくてトロみが強い超濃厚リッチジェルローションと、乾きにくくスベリが持続しやすいヌルヌルロングプレイローションがあります。
これらのローションは基本的にオナホール用に作ってあります。注入口のノズルが長くなっていてオナホの中にローションが入れやすいんです。プレイにも使えるんですけど、どちらかと言えばオナホールの中に注入するために作られています」

特徴は?

「USB電源に繋いで専用ローションが温められるんです。30分くらいかけて45度まで温まります。触ると缶コーヒーの温かさに近いくらいの体感です。今回のグッズは温度もちゃんと分かるので、いまローションが何度か分かりながら使えるのはいいです。ウォーマー自体を買えば、専用ローションを買い換えるだけなのでコスパもいいです。あと温感系は使用上の注意を必ず守ってほしいです」

理想の使い方は?

「『オナニーをするぞ!』って思ったら、30分くらい前にUSBにさしておき、電源を入れるとちょうどいいタイミングで温まります。すぐ温まるのもいいんですが、その30分はオカズになる動画などを探しながら待つのも楽しいと思います(笑)。ローションの置き場にもなるので、ずっとウォーマーの中に入れっぱなしでいいと思います」

温感グッズは今後、流行るのか?

「温感ローションというグッズもありますし、オナホウォーマーもありますけど、ローション自体を温めるグッズは初めて見ました。自分で温められそうでしたけど、やっている人はなかなかいないですよね。市販のローションを温めるとしたら、お風呂に入れるか、湯煎するしかないです。さすがに電子レンジで温める人はいないですよね。

だから、これまでローション自体を温めるグッズは意外となかったんです。オナホウォーマーでオナホ自体を温めても、冷たいローションを入れたら意味がないです。オナホウォーマーで温めなくても、温かいローションを中に入れるだけで人肌っぽくなるから、このセットを定番にしてもいいと思います。

温感グッズは海外メーカーではかなり前からあったんですが、日本のメーカーではあまりなかったんです。日本製でないと値段が上がるので、これまであまり普及しなかったんだと思います。日本のメーカーがお手頃価格で温感グッズを出しはじめてから流行るようになりました。でも、意外とローション自体を温めることにメーカーも気が付かなかったんじゃないですか。これまでありそうでなかったグッズです」

温感することで快感もあるのか?

「女性も男性もグッズを使う時、最初、冷っとするとちょっと萎えますよね(笑)。オナホにしてもバイブにしても、温かいとリアルな感じがするので冷たいよりは温かい方が絶対にいいです」

————

以上、真中さんが分かりやすく解説してくれました!
次回はどんなアダルトグッズを紹介してくれるのでしょうか? お楽しみに!

 

真中つぐ(まなか・つぐ)
2019年に「大人のデパート・エムズ」に入社、会いに行ける広報として活動中。週末は趣味でコスプレや撮影会をたしなむ。ジーオーティーよりデジタル写真集も大好評発売中だ。ツイッターは【@tugu_kanden

 

今回紹介した商品はこちら

『LOTION HEATING SYSTEM [ローションウォーマー]』

 

大人のデパートエムズ秋葉原店
住所:東京都千代田区外神田1-15-13 太平堂ビル
電話番号:03-3252-6166
営業時間:10:00~23:00
ホームページ:https://www.ms-online.co.jp/
Twitter:@poplifems

(写真・インタビュー:神楽坂文人 取材協力:大人のデパートエムズ

 

タイトルとURLをコピーしました