【突然の引退発表!h.m.p専属・初美沙希ちゃんインタビューを急遽公開!】AV女優活動での転機や「スカパー!アダルト大賞」4冠受賞、プライベートなど7年間の活動を振り返る!!「AV女優をやって来て本当に良かったって思いました」

★シェアお願いします

本日突然の引退宣言をした初美沙希ちゃん。
そこで、デラべっぴんRでは少し前に行った弊社雑誌「月刊DMM」での、初美沙希ちゃんインタビューを急遽公開!!
初美沙希ちゃんのAV女優としての7年間を振り返った内容になっていますので、ぜひご覧ください!!

約7年間の活動の中であった「AV女優としての転機」3つ

――初美さんの7年近くのAV女優活動の中で、大きなものを3挙げていただけますか?

初美 まずひとつめは【AV女優になる!】ですね。学生の頃からの夢だったAV女優に本当になれたことが私にとって転機でした。素人時代のブログでAV女優になる!と宣言をしていたので、その頃から私のことを見て下さってる方が喜んで下さったり、イベントなどで実際にお会いしたりと楽しかったです。

 ふたつめは【趣味ができた】。人見知りだった私がスタッフさんに共通の趣味の話で話しかけられるようになりました。また、趣味のジャンルから私のことを知ってくれる方が増えたんです。私自身もアクティブになりました。

 そして3つめはやっぱり【スカパー!アダルト放送大賞】です。3年連続ノミネートされて、3年目にして念願の女優賞受賞をはじめ4つの賞を受賞いたしました。賞をいただくことが人生でほぼなかった私にとって、夢のような時間でした。

 そして4つになりますが、h.m.p専属になったことですね。

――前の名前の「しずく」時代とはどんなことが違いますか?

初美 しずくの頃は、大人しいイメージが強かったですし、実際人見知りだったため、M寄りな作品ばかりでした。初美沙希に芸名を変えてからは、私自身強く要望したのもありますが、S寄りな作品も増えて撮影していただくジャンルが増えました。自由キャラなのかな?(笑)

>>次のページ スカパー!アダルト大賞4冠受賞の瞬間は…