deraT

【神咲詩織と川上奈々美のかかってこいやーイベントレポート!】神咲詩織&川上奈々美がバンド活動を宣言! 神咲詩織AV卒業間近にもかかわらず笑顔が絶えないハッピーイベントに!

wakuwaku1honeyderaT

「神咲詩織と川上奈々美のかかってこいやー」レポート

公私ともに仲のよいセクシー女優界の最強タッグ・神咲詩織ちゃんと川上奈々美ちゃんがイベントを開催。

12月14日に東京・新宿のロフトプラスワンで行われた「神咲詩織と川上奈々美のかかってこいやー」をレポートします。

神咲詩織ちゃんはこの12月で惜しまれつつもAVを卒業、表舞台から去りませんが、セクシー女優として活動するのはあとわずか。その卒業間近に盟友の川上奈々美ちゃんとイベントができるのですから幸せなセクシー女優人生です。

この2人がセクシー女優として一緒にステージに立つのが最後ということで、土曜の昼間から超満員のファンが集まりました。

「今日はしゃべってはいけないことをいっぱいしゃべるぞ! 乾杯!」と川上奈々美ちゃんが1回目の乾杯の音頭をとります(合計で3、4回の乾杯がありました)。

まずは当サイトから2人が掲載された記事のPVトップ5情報を提供。

川上奈々美ちゃんのバックナンバーPV1位は2018年3月公開の「写真展「となりの川上さん」スペシャルイベントレポート」

https://dxbeppin-r.com/archives/57092

神咲詩織ちゃんのバックナンバーPV1位は2017年6月公開の「Gcup神乳♥神咲詩織ちゃんインタビュー(前編)」

https://dxbeppin-r.com/archives/42648

神咲詩織ちゃんはこの結果を見て「私のオナニー話です。パンツの中にぬいぐるみを詰め込むのがオナニーだった」とコメント。

これを聞いて川上奈々美ちゃんも「女の子と遊んでいると、私も人形を入れていたかも」とカミングアウト。

さらに「私の性の目覚めは『ゴルゴ13』です」と告白する川上奈々美ちゃん。神咲詩織ちゃんもつられて「『ジャングルの王者ターちゃん』が性の目覚めだった」とポツリ。2人とも意外なマンガで性の扉を開けてしまいました。

そして、神咲詩織ちゃんのAV卒業間近ということで、関係者から提供された秘蔵写真とデビュー前のVTRがスクリーンに上映。

デビューしたKMPの営業から店舗回りをする神咲詩織ちゃんの姿や、私、神楽坂が撮影したデビュー前、2010年12月の撮影現場でのインタビュー映像が公開されました。約10年前の写真や映像が関係者に保存されているとは、どれだけ神咲詩織ちゃんが愛されていたか分かります。

当時を振り返り「KMPは月に4、5本、3年間で約300店舗回った」と神咲詩織ちゃん。そういう地道な努力があったからこそ、約10年間も第一線で活躍してこられたのでしょう。

また、VTRでは今後やりたいプレイなどを聞かれると「3P」と答えていた神咲詩織ちゃんに、「初3Pはどうだった?」と聞く川上奈々美ちゃん。すると「『お疲れさま~』って颯爽と控室に帰って行ったら、『かなわない』って言われた」と、デビュー当時から大物ぶりを発揮した秘蔵話を披露。

第1部の最後は食レポに。ソーセージを口にすると「あなたのってピンクなのね。皮かぶっている」とセクシーに食レポする川上奈々美ちゃん。

神咲詩織ちゃんも「かわいい! 細いんだね。しょっぱい」と若干、Sッ気を出して食レポ。

 

トークで盛り上がった第1部に続いて、第2部はコンドーム博士の近藤務(コンドーム)氏が登場し、2人や観客にコンドームの正しい付け方などを講義します。

2人とも口や指で正しく装着。みなさんコンドームは正しく使いましょう!

第3部はファンからの質問コーナーに。

神咲詩織ちゃんには「AV引退後は何をするのか?」の質問が。すると「バンドです。みぃなな(川上奈々美)とバンドをするんです。名前は『わかっちゃいるけどやめらんねー』です」と回答。川上奈々美ちゃんも「来年はライブをするよ!」とやる気満々。来年のバンド活動が楽しみです。

「最高に酔っ払ったのはいつか?」と聞かれると、神咲詩織ちゃんは「引退作。後半、大乱交だったんですけど記憶がなかった」とのこと。12月13日に発売された引退作『AV引退 神咲詩織FINAL 本気の中出しセックスをするための最後の旅に出ませんか?』(ムーディーズ)に、そのシーンがあるので、ぜひ確認してヌキましょう!

「今年の大みそかは何をしているのか?」の質問には、「私は『ガキ使』を見ながら、小説を書いている。私が目標にしているのが、それを原作にして私自身が主人公で映画化する」と川上奈々美ちゃんが回答。以前から小説出版を話していましたが出版社も決まり、2020年には小説家デビューを果たすそうです。

 

「演じたい役は何か?」と聞かれると、神咲詩織ちゃんは「猟奇殺人犯」、川上奈々美ちゃんは「浮浪者」と、どちらも個性が強い役を希望。また川上奈々美ちゃんが「プロデューサーもやりたい」と言えば、神咲詩織ちゃんは「みぃななの作品なら復活してもいいかなあ」と夢のある展開に。ぜひ、その作品が見たいです!

質問コーナーも終わると、エンディングまで女子会トークを楽しそうに展開する2人。本物の親友同士でしかできないトークにファンも聞き入ります。

 

最後は2020年の抱負を聞かれると「新しい扉を切り開いて、革命を起こしたい!」と、川上奈々美ちゃんらしい野心のある発言が飛び出し、神咲詩織ちゃんは「面白いことをしたいね。このままの名前でみぃななと面白いことをやっていきたい」と、新たなる旅立ちに期待がふくらむ発言が飛び出しました。

神咲詩織ちゃんは卒業間近ですが、湿っぽいコメントもなく「よいお年を!」と、笑顔でステージを去りました。

そして、チェキ会に最後まで残ったファンに「終わりじゃなくて始まりです! 来年もまた応援よろしくお願いします!」と笑顔で挨拶。AVは卒業ですが、何らかの表現活動は続行しますのでご安心を。

 

大の仲良しコンビによるイベントは大成功! 涙もなく楽しく終わるところが2人らしく、明るい未来を予感させました。

とは言っても、神咲詩織ちゃんのAV卒業は寂しいものです。2011年3月にデビュー。絶えず単体女優として活躍し、me-me*や恵比寿★マスカッツといったアイドルでも大活躍しました。

神咲詩織ちゃん、本当に長い間お疲れ様でした! あなたの意思は盟友の川上奈々美ちゃんが引き継いでくれることでしょう。

今後は2人のバンドやイベントでの活動に期待します!

(写真・取材 神楽坂文人

タイトルとURLをコピーしました