【埼玉 上福岡発!!】ほぼ真っ暗闇の店内で三十路妻が濃厚サービスからの対面座位で本気挿入の人妻本サロ!! 【首都圏発☆最新風俗裏ネタ全暴露!!】

★シェアお願いします

3Pエステ、本サロ、激安ソープetc…、首都圏でウワサの最新風俗を徹底調査する【首都圏発☆最新風俗裏ネタ全暴露!!】。今回は埼玉上福岡の場末本サロに潜入!!

顔も分からないまま 精魂吸い取られた…

 池袋から東武東上線に乗ること、約40分。この町に降り立つのは初めてだ。上福岡駅。埼玉県の川越市に隣接する上福岡市にある小さな駅だ。

「高度成長期には団地が立ち並び、一時期は日本一、人口密度が高い市と言われていました」(風俗ライター)

 そんな上福岡駅の周辺は、知る人ぞ知る桃源郷だ。駅東口を降りて、駅前のメインストリートを歩いていくと、ピンサロがチラホラ。繁華街ではなく、古びた場末感も漂うが、妖しい雰囲気もプンプンだ。

東京で暮らす人間にとっても、あまり馴染みがない上福岡という土地。ところが意外にも本番風俗が潜んでいた!

 実はここには「本サロ」も存在するという。場所の詳細は伏せるが、とある雑居ビルの一角。料金は30分8000円。店内はほぼ暗闇といっていいほど真っ暗。

 そんな中、「いらっしゃいませ」柔らかい手に握られて、導かれるまま個室へ。ようやく目が慣れてきたところで、よーく見ると、30代半ばぐらいの人妻風の熟女で、赤のキャミソール姿だ。

「よろしくね」ほとんど一方的に話しかけられるまま、あっという間にキスをされて、乳首を弄られる。思わず声を出すと、「乳首、感じるんでしょ」と冷やかすように囁く彼女。もはや身を任せる形で、サービスしてもらう。

 パンツを脱がされると、ナマフェラ。さすが熟女というべきか、亀頭にねっとり舌が絡みつく動きで、実に気持ちイイ。こちらが「もういいよ」というまで、舐めてくれた。

在籍する女性の大半が地元妻のようだが、利用客も地元の男性が多いはず。いくら暗闇だからと言っても、顔バレしないものなんだろうか?

 ギンギンに勃起したペニスにはいつのまにかコンドームが装着されており、まずは抱っこちゃんスタイルで合体。熟れ頃の柔らかい乳房に吸い付きながら、腰を突き上げると、

「ああ、いいっ」

 心底気持ちよさそうに喘いでくれるので、そのまま発射してしまった。プレイ後に話を聞くと、彼女は地元の奥さんで、同店に在籍する女性の8割近くが地元妻とのこと。顔バレ防止のための暗闇だったのかも。

(記事引用元=ズバ王

ズバ王 2017年09月号

商品の詳細を見る