deraT
maccos

【川村ゆいSODstarデビューインタビュー】さらば青春の光の森田哲矢制作総指揮作品で衝撃のデビューを飾った川村ゆいがSODstarからデビュー!「(SODstarからのデビュー作で)ハメ撮りは私からリクエストしました。しかも私が撮るんです(笑)」【後編】

wakuwaku1honeyderaTmaccos

── みなさん注目してください。じゃあ、アダルトグッズもプライベートでは使ったことがないですか?

川村 はい、まだ使ったことがないです。

── 触れたこともないですか?

川村 ないんです。

── そんなオナニーもアダルトグッズも未経験の川村さんが『SODstar』からいよいよ11月に『アイドルだった彼女のH見たくないですか? 川村ゆい SODstar DEBUT』でデビューしますが、1作目の『ペンション殺人事件』とのギャップはありましたか?

川村 ギャップはありました。設定がドラマじゃなくてハメ撮りだったので自由というか、素の私が出ています。

アイドルだった彼女のH見たくないですか? 川村ゆい SODstar DEBUT【電子書籍版】


── 内容はまだ詳しく聞けないみたいですが、デビュー作では何回セックスをしましたか?

川村 優しそうな男優さん2人とカンパニー松尾さんで合計3回のエッチをしました。とにかくみなさん優しくて遊園地や原宿でのデートシーンがあります。

── これまでプライベートでは4人の男性と経験がありましたが、AV男優とセックスしてどうでしたか?

川村 これまでは正常位とバックくらいしかやってこなかったので、体位の変化が多くて新鮮でした。

── どちらかを選べと言われたら、正常位とバックではどっちが好きですか?

川村 正常位の方がすきですね。

── カンパニー松尾監督だとハメ撮りがあると思いますが、プライベートで「ハメ撮りしようよ」っていう人はいませんでしたか?

川村 ハメ撮りは逆に私からリクエストしました。

── またまたいい話をぶっこんできますね(笑)。

川村 しかも、私が撮るんです(笑)。

── ははは(笑)。「ハメられ撮り」じゃないですか! 男性を撮るんですね。どういう好奇心からしてみたくなったんですか?

川村 私の体に乗っている姿を見て「いいなこの画は」と思って撮っていました。あとクンニしているシーンも撮っていました。

── 男性がフェラチオを撮る心理と同じですね(笑)。

川村 やっちゃいました(笑)。

── スマホですか?

川村 スマホで撮っちゃいました(笑)。

── 撮られている方はなにか言いましたか?

川村 「やめて~!」って言っていました。

── ははは(笑)。必死に舐めているシーンを川村さんが「ムフフ」って撮っていたんですか?

川村 はい!

── その映像は1人であとで楽しむんですか?

川村 2人で観ました。

── そうか! オナニーをしないからオカズではないですからね。逆にエロいですね。それを観て川村さんは興奮するんですか?

川村 興奮します。

── 今回はその逆パターンをやったわけですね。詳しい内容は書けないようですが観ているユーザーは興奮しますか?

川村 はい、楽しみにしていてください!

── みなさん大量のティッシュを用意しておいてください。今後、やってみたいプレイはありますか?

川村 う~ん・・・、AVを観ないのでプレイ内容が分からず、ちょっと思いつかないんです。

── おお! 純粋だ! さっき自分をSっぽいって言っていたので、そういうプレイはいかがですか?

川村 自分がSっぽいので逆にMっぽいことを撮影でやってみたいです。

── ちょっと拘束されちゃうとか?

川村 拘束とか痛くなければやられてみたいですね。

── やってみたい体位はありますか?

川村 う~ん・・・、立ちバックです。

── やってみたいシチュエーションはありますか?

川村 看護師さんです。

── それは自分から患者さんをやっちゃう看護師さんですか?

川村 はい!

── 積極的ですね。今後の豊富はありますか?

川村 いままでにないデビューの仕方をしたから、みなさんにいままで届けたことがない作品を届けたいです。

── これまでにいない女優さんを目指してください! では、最後にメッセージをお願いします。

川村 1作目はドラマ作品で演技を頑張りましたけど、SODstarのデビュー作はリアルな私が観られると思うので、ぜひご覧ください!

 

川村ゆい(かわむら・ゆい)
身長 158cm
スリーサイズ B86(Cカップ)  W60  H88
出身地 東京都
趣味・特技 お酒、アニメ、ゲーム、ダーツ、カラオケ
好きな食べ物 いちご大福、あんこ
ツイッター @Yui0Kawamura
『ペンション殺人事件』特設サイト https://www.sod.co.jp/kawamura_yui/

(インタビュー・撮影 神楽坂文人 インタビュー協力 ソフト・オン・デマンド)

 
タイトルとURLをコピーしました