deraT
maccos

【川村ゆいSODstarデビューインタビュー】さらば青春の光の森田哲矢制作総指揮作品で衝撃のデビューを飾った川村ゆいがSODstarからデビュー!「『清純なのに淫乱』というところが、森田さんは『まさに!』って感じだったようです」【前編】

wakuwaku1honeyderaTmaccos

さらば青春の光の名作コントをAV化し話題をさらった『ペンション殺人事件』のオーディションを勝ち抜いた期待の新人・川村ゆいちゃんが「SODstar」から本格的にAVデビューを果たした!

AV女優としてスターの階段を上がり始めたゆいちゃんはデビュー作で3回のガチンコ本番にチャレンジ。セックスするたびに感度が上がり性欲も上昇。抑えきれない欲望が開花したゆいちゃんの本当の姿を見よ! (全2回・前編)

 

55人の新人女優の中からオーディションを勝ち抜き主役に抜擢

── 川村さんはさらば青春の光の森田哲矢さん制作総指揮『ペンション殺人事件』という珍しいAVデビューの仕方をしましたよね。試写会にはメディア関係者が大勢来ましたか?

川村ゆい(以下、川村)  すごく大勢の方がいたので緊張しました。

── いますごく注目されていますね。

川村 ありがたいです。

── 55人のオーディションから選ばれたシンデレラガールですよ。オーディションを受けたきっかけはなんですか?

川村 AV業界にもともと興味があったことと、お笑いが好きなので森田さんが制作総指揮を務める作品に参加したいと思ってオーディションを受けました。

── ダブルで夢が叶い、すごくラッキーですね。

川村 はい、嬉しいです。

── 森田さんは私もモルックで撮影したことがあるんですけど、テレビのままですごくいい人ですよね。

川村 あのままですよね(笑)。

── お笑い芸人は誰が好きなんですか?

川村 いまはシソンヌが好きです。

── 最近は『有吉の壁』で大活躍しています。劇場も行くんですか?

川村 よしもとの劇場はよく行きます。

── お笑い好きのセクシー女優さん枠っていうのもあるので、今後、そちら方面での活躍も期待できます。そのオーディションを勝ち抜いた心境はどうですか?

川村 オーディションは最終審査が5人だったんです。最初は受かる気持ちで行ったんですけど、審査を重ねていくうちに自信喪失してしまったので、まさか自分が選ばれるなんて思わなくて嬉しかったです。オーディションにはたくさんすごい人がいることを実感したので、逆に燃えました。

── 審査内容はどういう内容だったんですか?

川村 ひとつめはドラマシーンを再現した演技審査だったんですけど、私は「いちばんない」って言われたんです。

── 要するにダメ出しをされたんですね。

川村 そうなんです。次の審査はエッチなシーンがあって、そこで採用された感じです。

── 最初は受かる気持ちで行って、演技審査で落ち込んで、さらにそこから挽回してすごいですね。負けん気は強い方ですか?

川村 強いと思います。

── この業界ではどんどん前に出ることはいいことですよ。

タイトルとURLをコピーしました