deraT
maccos

【レディマドンナVol.15 ライブレポート】大和姫呂未、白石茉莉奈、栄川乃亜、枢木あおい、香水じゅん、葉月美音、白桃はな、逢見リカ、七咲みいろが登場!超豪華メンバーが勢揃いし真夏の太陽よりも熱いステージを披露

wakuwaku1honeyderaTmyprimaccos

「レディマドンナVol.15 ライブレポート」

7月28日、「LADY MADONNA vol.15」が、東京・青山RizMで開催されました。レディマドンナライブはザ・ビートルズの楽曲名に由来し、レディガガやマドンナのような才能のあるディーヴァ(歌姫)の名前にあやかったライブイベントです。

出演は大和姫呂未ちゃん、白石茉莉奈ちゃん、栄川乃亜ちゃん、枢木あおいちゃん、香水じゅんちゃん、葉月美音ちゃん、白桃はなちゃん、逢見リカちゃん、七咲みいろちゃん。お馴染みのレディマシンガーたちに加え、初登場が3名と超豪華メンバーが勢揃いしました。司会は芸人のシャバダバふじさんです。

 


トップバッターは初登場となる七咲みいろちゃん。初めてのステージとは思えないほど、芯のある透き通った歌声にビックリ!しっとりしたバラードを堂々と歌い上げました。みいろちゃんはデビュー当時から「レディマに出るのが目標」と言っていたそうで、念願かなっての出演で嬉しさと同時に緊張もしきりだったよう。合間のトークも「何喋ったか記憶にない」とのことです(笑)。


しかし、二曲目になると緊張も解れたのか、歌声がさらに伸びやかに。二曲目もバラードでしたが、これがまさかの男性ヴォーカル曲。しかも、中高年に響きまくる90年代前半懐メロでした。この曲を歌いこなせるなんて、只者ではない!がぜん今後の音楽活動が楽しみなりましたよ。ぜひまた聞きたい歌声です!

 

 


超ラブリーなピンクのふわふわツナギ姿で登場したのは、白桃はなちゃん。こちらもレディマ初登場で、しょっぱなでちょっとだけ歌詞が飛んでしまうハプニングがありました。しかし、それを笑いながらサラっと乗り切る舞台度胸には脱帽!「楽しいね、楽しいね」と言いながら見せる笑顔がとってもキュート!


このツナギ、ポケモンのヤドンだったんですね(笑)。歌った二曲とも人気アイドルグループの曲だったのですが、正直「一人で歌う曲じゃない!」。全力で歌い踊った結果、袖に戻ったときには「死んでた、記憶がない」とのこと。次回も元気いっぱいのパワフルな舞台を期待します!

 


初登場組のラストは、香水じゅんちゃん。しっとりとしたバラードで会場を夏らしい幻想的な世界へと導いていきます。ミステリアスなムードに包まれたステージでしたが、その反面間奏でチラリと見せた照れ笑いが可愛すぎました。


じゅんちゃんも初レディマとあって袖ではかなり緊張していた模様。MCのふじさんもその様子を見守っていたそうですが、いざ歌い出したら「上手いんかい!」と思わずツッコんでしまったとか。ちなみに、緊張をほぐすためにストロングゼロ缶を楽屋で二本飲んできたそうです。見かけによらずストロングな一面があるんですね(笑)。

 


逢見リカちゃんは、とにかくカッコ良すぎるの一言!TickTockで知ってハマったという、人気アニメソングのエンディングテーマをパワフルに歌い上げていました。この細い体から放たれるオーラと歌声に感動すら覚えます。


二曲目も人気のアニソンから。こちらは一曲目とは打って変わってノリノリな感じ。とはいえ、これは簡単には歌いこなせない超難解曲。それをここまで美しくカバーできるなんて、リカちゃんの実力の高さが伺えますね。トークでは、ステージが終わった直後に足をつってしまって袖でずっとほぐしていたというエピソードが可愛かったです(笑)。

 


今やレディマには欠かせない存在となった枢木あおいちゃん!圧倒的な歌唱力で会場をすっかり支配していました。披露したのは、オリジナル曲『白夜に月』。カラオケ(ジョイサウンド)でMV付きで歌えるそうなのです。歌いたいのは山々なのですが、この曲を自分が歌えるとは到底思えない……今度、MV目当てで入れます(笑)。


二曲目もオリジナル曲で『serchlight』。あおいちゃんの持ち味である胸の奥にずしんとくるような力強さのある歌声に、再び聴き惚れてしまいました。本当にカッコいい!

 

露出度高めの衣装で出てきてくれたのは、葉月美音ちゃん!たわわなおっぱいにどうしても目がいってしまいがちですが、彼女が歌い始めれればエロは一旦忘れて聴き惚れるのみ!オリジナル曲『記憶』で魂の宿ったパワフルな歌声を披露してくれました。

二曲目もオリジナル曲『continue』。胸元をたまに押さえながら歌っていましたが、ポロリの危険を孕みつつステージにあがるアーティストはレディマ史上初ではなかろうか(笑)。ちなみに、過去にはライブハウスでポロリの前科があるそうで、ツイキャスBANを避けようと必死だったとトークタイムで語ってくれました。

 


レディマのオーガナイザー・大和姫呂未ちゃん。一曲目はピアノの弾き語りでオリジナル曲『星屑が織り成すラブレター』を披露。しっとりとした歌声とピアノの生音を堪能できる贅沢なステージでした。


二曲目はレディマでは初披露の9月リリースとなる新曲『アナザーヒーロー』!真ん中にいる主人公ではない、サイドにいる人や裏方にいる人こそヒーローではないかという想いを込めて作られた曲だそうです。まさに、みんなが勇気づけられる一曲でした。9月11日にはワンマンライブが開催されるそうなので、ひろろんの作り出す音楽の世界を堪能しに行きましょう。

 

 


レディマの最強アイドル、栄川乃亜ちゃんは超キュートな浴衣で登場!夏の定番ソングで会場を一気に真夏の花火大会のムードへと変えてくれました。「最高の夏の思い出を作りに来ました」という言葉通り、のあたんの浴衣姿は2022年夏の楽しかった記憶として、みんなの思い出のアルバムに刻まれたと思います。

 


二曲目はオリジナル曲の『Kazamidori』くるくる夏Ver!前奏のくるくる~♪が始まった瞬間、会場中が「待ってました!」の雰囲気に。さすがとしか言いようがないアイドルのあたん!夏の思い出をありがとう、アイドルのあたん!

 


トリを飾るのは、やはりこの人!レディマの歌姫、白石茉莉奈ちゃんです。今回は久しぶりに黒の衣装で『DESIRE』を披露。激しいダンスにも全くブレない歌声で、会場をまりりん色に染め上げて魅了していきます。まさにディーバです、まりりん!!


二曲目はまりりんといえばの名刺代わりの一曲である『1986年のマリリン』。『DESIRE』に引き続いてのアップテンポ曲ですが、疲れなど全く見せずに最高過ぎるパフォーマンスを魅せてくれました。8月12日には初のワンマンライブが開催されるとのこと。ぜひ、全力のまりりんを体感しに行きましょう!

 

全員で歌う応援ソングで、ライブは幕を下ろしました。真夏の太陽よりも熱いステージの様子は、配信チケットを購入すると8月11日まで視聴可能です!

次回のレディマドンナは、11月24日に川崎のCLUB CITTA’で開催予定。『レディマドンナ-拡大版-I Want To Hold Your Hand』、お楽しみに!!

・大和姫呂未Twitter:@HiroronYamato
・白石茉莉奈Twitter:@shiraishimarina
・栄川乃亜Twitter:@Noa_Eikawa
・枢木あおいTwitter:@Aoi_krrg
・香水じゅんTwitter:@jun_kasui
・葉月美音Twitter:@mionhazuki
・白桃はなTwitter:@Shirato_Hana
・逢見リカTwitter:@aimi__rika
・七咲みいTwitter:@wish_miiro
・LADYMADONNAレディマドンナ公式Twitter:@LADYMADONNA0115

(取材:もちづき千代子

タイトルとURLをコピーしました