deraT

美人ニューハーフ、ドラッグクイーン、ダンスパフォーマンス…あの本番風俗の聖地・西川口が浄化作戦の後に違うジャンルの聖地になっていた件

まさに健康美!シェイプされた肉体が眩しいメルキさん。鍛え上げられた腹筋には思わず触れたくなってしまう。

お店では唯一のぽっちゃり系なバンビさん。笑顔が絶えないせいか、親しみやすさ抜群だ。

こんなハイレベルなルックスのニューハーフが揃い踏みの『ディスコ RK』だが、本格的なフィリピン料理を振る舞ってくれることでも評判になっている。正直、フィリピン料理といってもあまりイメージが湧かなかったのだが、材料も調味料も日本でよく使われているものばかりなので食べやすい。中華料理の要素も多いせいか、意外と口に合った。

食べている最中も、ニューハーフたちが「美味しい?」「これ、私たちにも懐かしい味」としきりに話かけてくれる。みんなきちんと意思疎通ができるくらいに日本語は達者のようだ。好奇心から、なぜ日本に来たのか聞いてみると「お父さんがもともと日本に住んでいた時期があったから」「昔から祖父や祖母に日本はいいところだと聞いていたから」とのこと。どうやらフィリピンは、日本に親愛を傾けてくれるお国柄らしい。これは素直に嬉しかった。

気が付くと、ニューハーフショーの第二部が始まっていた。盛り上がる店内。先ほどまではチラホラだったお客が、いつの間にか座席が埋まるほど増えていた。時刻は深夜2時。これくらいがフィリピンパブが閉店し、パブの嬢や彼女たちのアフターの客が続々と流れてくる時間なのだろう。すっかりショーも会話も料理まで堪能してしまった私はニューハーフたちに別れの挨拶をし、そっと店を後にした。

西川口が関東の一大風俗街だった頃の面影はもはや殆どないに等しい。しかしその一方で、新しい歓楽街としての顔が見られるようになったことも事実。フィリピンパブの聖地として生まれ変わりつつある西川口。そのムーブメントの核となりそうな『ディスコ RK』に、ぜひ一度気軽に足を運んでみてはいかがだろうか。

 『ディスコ RK』

埼玉県川口市並木3-14-25
第二千鶴ビル2F
JR京浜東北線西川口駅 徒歩3分

(取材・文/もちづき千代子

 

関連商品

ハッピー系ハーフタレント アルタミラーノ由美 AVでセカンドデビュー 「ア…

商品の詳細を見る