急遽掲載!!【12月に引退‼ 星美りかインタビュー】「AVやるまで一年悩んで、家出してて、ママにブログのコメント欄に書き込まれて家族にバレたことに気づきました」前編

img_9593_1

先日突然の引退発表をした星美りかちゃん。
そこで、デラべっぴんRでは、引退発表の少し前に弊社雑誌「月刊DMM」で行ったりかちゃんのインタビューを加筆&再構成して急遽掲載‼
りかちゃんファンの皆さん。彼女の今までをこのインタビューで一緒に振り返っていきましょう!!(全3回)

家族バレに悩んで家出してまでAVデビュー!
バレてしまったとき、家族の反応は……?

ーー星美さんは、最初グラビアでデビューして、6年後にAVでデビューされてますよね。人前に出る仕事がしたいという気持ちが強かったんですか?

星美りか(以下、りか) いや、どちらかというと私より、うちのママが表に出たがる人で、美魔女コンテストとか自分でも応募しちゃうタイプなんですよ。

ーーそれはバイタリティありますね! お母さんのほうが人前に出たいタイプだったんですね。

りか そうなんです。私はママにすっごくかわいがられて育ったんですけど、ママから私に対して『せっかく私がこんなにかわいく育てたんだから、何か人前に出るような仕事をしなさい』みたいな感じがあって。

ーーそれで、実際そうしてみようと?

りか 積極的にそうしようっていう感じでもなかったですね。
グラビアはスカウトされて始めたんですけど、ほとんどバイト感覚だったし、テレビとか雑誌とかちょこっと出ると周りの友達が「出てたねー、すごいねー」って言ってくれるのが嬉しい、ぐらいの感じです。
表紙になりたいとか、芸能界に行きたいとか、そういう野望や欲も全然なくて。

ーーそんな欲のないところから、なぜAVに?

りか グラビアを辞めてしばらく休んでた時期があったんですけど、グラビアの先輩がヌードになったり、AVに出てたりするのを見るのは、正直嫌だったんです。
だから、AVに対する印象は、最初は良くなかったですね。自分は絶対出たくないと思ってました。

でも、私も当時19とか20歳ぐらいで、そろそろ自分の道を決めなきゃいけない時期でもあったし、でも考えてみたら特に頭がいいわけでも、特技があるわけでもなくて……。
だったら、せっかく女の子に生まれたんだし、セックス好きだし、それを活かしてAVっていうのもアリなんじゃないか、って180度考え方を変えてみたんです。

AVはダメだとかやだとかじゃなくて、自分の好きなことやってお金もらえるんだったら、逆にやらなきゃ損だ! ぐらいに思って。

ーーそう考えを変えるまで、時間はかかりました?

りか かかりましたね。1年ぐらい悩みました。もしAV女優になったら、親とか友達とかどうなっちゃうんだろうって……。すごく不安でしたね。
一度は地元の友達の連絡先も全部消したし、ほぼ家出状態で家族とも会わず、連絡も取らないままデビューしたんです。

≫次のページ 「ブログのコメント欄にお母さんからコメントが来たんです」