【処女でAVデビューの18歳美少女・有花もえインタビュー】「処女だけどエッチに興味があって出ました。 AV女優でもアイドルになってる人とかいて、なんかいいなと思いました」前編

★シェアお願いします

マックス・エー専属の新人・有花もえちゃんインタビュー前編!
18才の美少女は処女なのになぜAV女優になったのか?
その経緯を含めたっぷり聞いちゃいます!!

処女喪失SEXは痛み少々気持ちよくなれてよかった

——デビュー作でロストバージンをしたもえちゃんの、AV界までの道のりを教えてください。

有花もえ(以下、有花)もともとアイドルに憧れてて(喋り方がゆっくり、おっとり)、1回オーディション受けたんです。書類審査通って、2次来てくださいってなって。でも尻込みしちゃって行かなかったんです。

——え?

有花 もったいなかったですね。

——あそう。自分から放棄しちゃったと。行ってたら今ごろチンポじゃなくてマイク握ってたかもしれないんだね。

有花 (ポカーン)。

——で、週刊プレイボーイのグラビアが芸能界デビューだったんだね。

有花 はい。コンビニでバイトしてて、週プレの人が私を見つけてくれたんです。

——AV女優になったわけは?

有花 なんか、最初はいいイメージなかったけど、でも、なんか、そういうAV女優でもアイドルになってる人とかいて、なんかいいなと思いました。処女だけどエッチに興味があって。

——処女だからこそ早くエッチしたいからAVで、ということ?

有花 それもあります。

——しかし、こんな美少女がなぜSEXを経験せずに高校を卒業?

有花 タイミングがなかった。

——キスくらいはした?

有花 手ェつないだだけ。高校2年生の時に。

——交際した相手?

有花 はい。同級生と。でも、自然消滅で。

>>次のページ 初めて見た精子は白かった。そして、あったかかった

関連商品

美・処女 BI-SHOJO 有花もえ

商品の詳細を見る

🔽『月刊DMM』での作品レビュー