【香港発!!新裏風俗レポ】石原◯とみ似の美女と本番アリ30分7000円!!九龍城の一角にある『ピンポンマンション」とは一体?!【知られざる裏SEX地帯リポート!!】

★シェアお願いします

23階建てマンションを訪問♥美女と遊べる新裏風俗

◯ピンポ~ン♪ 高層マンションの呼び鈴を押すと…

 東京からなら空路で約4時間。格安ツアーを利用すれば、2泊3日でも3万程度で済む…日本人が気軽に楽しめる海外リゾートとしても人気の香港。ここで今、ガイドブックには載っていない、日本人男性に人気のスポットがあるという。

「その名もピンポンマンションです。ここはホント、アジア最強の風俗です」(ベテラン風俗ライター)

 場所は香港・九龍半島。繁華街「尖沙咀」の中に存在するという。

「23階建ての高層マンションでね。すべての部屋が、いわばちょんの間なんだ。客はまずエレベーターで、最上階まで行って、そこから一部屋ずつをピンポーンとチャイムを押していく。そのたび、ドアから女のコが顔を出してくれるので、気に入ったコがいれば、そのまま部屋に入る」

 聞くだけでソソられるシステムだ。 「ただ、先客がいる時は、ドアの前に『稍等一下』や『Wait』と書かれたプレートが貼られているから、ピンポーンしてはいけないよ。これがルール」

香港の不夜城、九龍半島のとある一角にそのピンポンマンションはあるという…

 料金は女のコにもよるが、日本円にして、30分7000円が相場。むろん、最後まで楽しめるという。かくして取材班がアジア最強の桃源郷と名高いピンポンマンションに潜入したのは、7月上旬のことだ。

 まず現地について驚いたのは客の多さだ。マンションの前には10人以上の客が行列を作っていた。しかも、行列から聞こえてくるのは日本語ばかり…。異国の風俗取材は不安がつきものだが、ここに限っては、歌舞伎町の風俗ビルを訪れているような気分になる。

 ようやくエレベーターに乗れて最上階へ。外観からは分からなかったが、中の通路は妖しいピンクの照明に包まれており、まさに別世界。大人の竜宮城のようだ。だが、先の行列を見た時から予感はしていたが、どこも満室。

 23階からは階段で降りていくのだが、21階まで空いている部屋はなかった。ようやく見つけた空き部屋をピンポ~ン。ドアが開く…おっ、可愛い!

 20代前半と思しき女のコで、露出の激しいキャミソール姿だ。思わず息を飲み、指名しそうになるが、 (ちょっと待て。もっと可愛いコがいるかもしれない)

 風俗遊びでよくあることだが、まだ見ぬ絶世の美女を求めてしまう悪い癖。 「ソーリー」  後ろ髪を引かれつつも断って、さらに下の階へ。次第に空いている部屋も増えてきたが、ピンポンしては、ちょっと迷って「ソーリー」の繰り返し…気づくと、10階まで降りてきていた。

ピンポンマンションのドアを開けると、よりどりみどりの香港美女が待機している

次ページへつづく