「ネット掲示板サイトで仕事を募集しているモデルなんか、このご時世、条件次第でハメ撮りさせてくれることも少なくないよ」【伝説のハメ撮り師が語る必勝ハメ撮り攻略法!!】

★シェアお願いします


カメラ片手に痴態を撮りまくる♥必勝ハメ撮り攻略法!!

 今回、ハメ撮りの極意を伝授してくれるのは、かつては様々な投稿雑誌で常連ハメ撮り師と崇められ、現在はその活動の場をインターネットに移した四十代男性だ。

「俺が主に利用してるのは、援交目的の女性が多い、出会い系サイトだね。以前は伝言ダイヤルやテレクラをメインに使ってたけど、やっぱり以前ほどは利用者がいなくなったよ。それでも月に何人かは掛かるけど、やっぱり釣れるのは熟女が多い。それとアダルト専門の他に、普通のSNSもいくつか利用してる。ツイッターとかね。よく『出会い系は思ったように女のコが掛からない』って言うヤツがいるけど、聞いてみるとアクセスするサイトは一つだけで、たった1日2日やってみただけでダメだダメだって言ってるような連中なんだよ。もちろんそれですぐにゲットできることもあるけど、そんなことは滅多になくて、いくつものサイトを掛け持ちして、こまめにチェックしてなきゃ女のコからのメッセージは拾えないよ」

「最初は遠慮がちに撮って、次第に過激というのは間違い。まずマ●コから撮れ!」

紳士な振る舞いはNG まずは刺激を与えよう

 それでは出会い系で女性をキャッチしたらどうするのか、話は続く。

「こちらのメッセージには写真を撮るのが趣味だって必ず入れる。返事が来たら、すぐにエッチな話に振って『私も撮られてみたい』なんて反応が帰って来たら即アポ。他の約束はブッちぎって会いに行けば、大概その日のうちにハメ撮りできるね。俺はフットワーク良くというのが一番大切だと思うよ。エッチな写真を撮られたいなんて言うコは例外なくスケベ。期待通りにホテルに入ったらすぐに撮り始めてやる。パンチラとか撮りながらポーズの要求にどんな反応を示すかチェックして、本当にスケベなんだなと思えばマンズリさせて自分から欲しそうな顔にさせてやる。指をアソコにズボズボ入れちゃうコなら、そのままフェラさせて一発。とにかく相手は刺激が欲しくて来てるんだから、変に紳士的に振る舞ったら反対に引かれちゃうよ」

件のハメ撮り師いわく「旅先でナンパした女性をハメ撮りすることもあるね。バスガイドとか」

次ページへつづく↓