【SOD社員からAV女優へ! 加藤ももかインタビュー】SODを退社しついにAV女優としてデビューする加藤ももかが! 今までのことを振り返りつつこれからの意気込みを語る!「最初は、AV女優さんを近くで支えたいと思ってSODに入社しました…」【前編】

★シェアお願いします


ソフトオンデマンド(SOD)宣伝部社員だった加藤ももかちゃんが、社員とAV女優の二刀流を捨てて晴れてAV女優としてデビュー! 
しかも、レーベルは人気単体女優の象徴であるSODstar。
そこで、SOD社員時代の話からAV女優としてのデビュー話など、今までのことを振り返りながら、いろいろと語っていただきました! (前編)

最初は、AV女優さんを近くで支えたいと思ってSODに入社しました

──元々、SODの社員で入社したんだよね?

加藤ももか(以下、ももか) そうです、2016年の4月に入社しました。

──どうしてSODの社員になろうとしたのかな?

ももか 美容系の専門学校に行っていたんですけど、周りに比べて出来が良いわけでもなく落ち込んでいた時に、テレビの深夜番組でAV女優さんが出ていたのを見て励まされたんです。「AV女優さんになろう!」はちょっとおこがましいので「近くで支えたいな」と思って入りました。

──へアメイクでこの業界に入る手もあったんじゃないかな?

ももか いや、出来が悪かったので(笑)。

──AVだけでなく、アダルトっていう業界には興味があったのかな?

ももか エロくて綺麗な女優さんたちに憧れはありましたね。

──その将来を決めた深夜番組には誰が出ていたの?

ももか (恵比寿)マスカッツです。それと『ゴッドタン』(テレビ東京)ですね。

──実際にAV業界に入って、最初にどう感じた?

ももか 「イケないものを見ちゃった」みたいな感じですかね(笑)。

──見てはいけない世界を見てどうだった?

ももか 生のSEXはやっぱり最初は直視できなかったです…。

──社員時代はどういう仕事をしていたの?

ももか 4月に入社して、研修期間みたいなものがあって、9月くらいに所属部署が決まるんですけど、そのタイミングで宣伝部に配属になりました。主に平日はパソコン作業で土日はイベントの対応でした。

──宣伝部に配属されてどうだった?

ももか やりがいがありました!
ユーザーさんから生の声や反応をみられたので。ツイッターも宣伝部に配属された9月から始めました。あとはイベントに行って女優さんの写真も撮っていました。

──イベントでは参加者から「美人の社員がいるぞ!」って評判がたったでしょ?

ももか そうですね(笑)。

🔽次のページ 彼氏の会社の男子トイレでシタことも…