deraT
maccos

【ぺちズムvol.3イベントレポート!】星あめりとぺちが日曜の昼下がりから衝撃の初体験を告白! 出会って数時間で合体したあめりちゃん! 初体験前にオナニーで貫通していたぺちちゃん!

wakuwaku1honeyderaTmaccos

『ぺちズム~ぺちが気になる人と好き勝手トークするイベント-stage3-

ぺち(元・妃月るい)ちゃんが気になる人物を招き、自身が関心のあるトークを繰り広げるイベント『ぺちズム~ぺちが気になる人と好き勝手トークするイベント-stage3-』が11月14日、東京・レフカダ新宿で行われました。

今回のゲストは大人気セクシー女優の星あめりちゃん。2人は懐かしいデザインのセーラー服姿で登場しました。

まずは司会のぺちちゃんの誕生日を祝いケーキがシークレットで準備され、会場全体で♪ハッピーバースデーを歌い祝います。祝われたぺちちゃんは「あめりん(星あめり)の生歌を聴けて嬉しい」と喜びます。

1部は「ぺちの部屋」と題して、本家のモノマネを披露して進行するぺちちゃん。あめりちゃんが書いたアンケートをもとにトークを繰り広げます。

「趣味はサバゲ―(サバイバルゲーム)で家に15、6丁ある。2年半くらい前、友達に誘われたのがきっかけ。銃自体は5年くらい前から好きで、ホビーショップで働いていて勉強しないとダメだからハマった。趣味はオタクだからいっぱいある。いま持っている銃は2万円弱だけど、カスタムをしているから倍以上かかっている」とサバゲ―が趣味だというあめりちゃん。セクシー女優になる前はホビーショップで働いていたとは意外です。

ファンが気になる好きな男性のタイプを聞かれると、「自分で自分の機嫌を取れる人が好き。大人になって自分の機嫌を取れない人とは付き合えない。どんなイケメンでも、そこが子どもだったら無理」ということで、ファンのみなさんはいつもにこやかに生きましょう!

これに対してぺちちゃんも好きな男性のタイプを発表し、「知識がすごくて知らないことを知っている人が好き。私の知識と打ち合いをしたいし、キャッチボールをしたい」とコメント。ぺちちゃんと付き合うならアニメの知識は必須ですよ!

日曜日の真昼間に開催されたにもかかわらず、初体験話を堂々と聞けるのもこういったイベントの醍醐味。

そこであめりちゃんの初体験は、「20歳の時に4歳上の人とネットカフェでした。その人とはmixi(2000年代半ばに一世を風靡したSNS)で出会った。コミュニティでアニメのコメントをしている人とオフ会で会って、会った日に付き合って、会った日に初体験をした。
ケチな人でお金を出したくないようでネットカフェだったらマンガやアニメが見られるからそこでした。お店の人にバレて出禁になった。もう一回、初体験をやり直したい」と出会って数時間で合体! まるでAVのタイトルのような初体験をしたあめりちゃんでした(笑)。

これに触発されたのかぺちちゃんも、「高校2年生で先輩とした。車で学校に迎えに来てくれてラブホでした。初体験前にすでにイジっていたから貫通はしていたし、相手が童貞でボッキがいつも通りじゃなかったから『入っているのか?』って感じで終わった」と初体験話を告白。

2人の生々しい告白にファンも興奮したことでしょう。トークで盛り上がった1部は終了し2部に入ります。

2部は「闘将! 〇〇の倒し方」と称して、2人がお題に出された動物とどう闘うのかを再現。どちらの闘い方が理にかなっているかをファンが決め、負けた方はレフカダ新宿名物のドリアンジュースが飲まされます。

お題にはヒョウやカバやキリンやダイオウイカなど強敵が出されますが、2人とも知恵と体力とお色気を駆使して倒す方法をプレゼン。理にかなった闘い方もあれば、無理矢理なものもあり会場は爆笑の渦に包まれました。

その結果、ファンからはあめりちゃんが支持を獲得。ぺちちゃんは持ち前の根性でドリアンジュースを一気飲みしました!

その後、イベントも無事に終わり抽選会ではアダルトグッズ大手メーカー・トイズハートからオナホールが提供され、2人のサイン入りオナホールがファンに贈られました。

最後は「大好きなあめりんと久しぶりに会えて、ふざけあえて嬉しい。だから、いつもよりも時間が経つのが早かった。また、呼んでいいかな」と満足気なコメントで締めてくれたぺちちゃんでした。

次回開催も期待しましょう!

■「ぺちズム~ぺちが気になる人と好き勝手トークするイベント-stage3-」はツイキャスで11月28日23時59分までご覧になれます。詳しい内容はこちらから。https://twitcasting.tv/lefkada_jp/shopcart/109882
ぺち
Twitter:@pechan_1582
Instagram:@pechizm
星あめり
Twitter:@amelie_hoshi

(写真・取材:神楽坂文人

タイトルとURLをコピーしました